Cordillera Green Network ブログ

cordillera.exblog.jp
ブログトップ

パンガシナンに救援物資を届けに行ってきました


北ルソンの台風被害者のために、マニラのNGOSalt Payatas Foundationから、洪水被害地できれいで安全な水が手に入らず下痢症状を訴える住民のための経口補水薬ORS(オリゾール)の寄付をいただきました。また、在マニラのスピリチュアル・グループから、新品のズボン250本と現金のご寄付をいただきました。
 バギオ市では、City Camp地区などが洪水でほとんど水没し、市の真ん中のバーンハム公園の観光用の白鳥の頭のついたボートが救援ボートとして使われたりしましたが、被災者に対する救援物資の支給は十分とのことで、サンロケ・ダムの放水によりアグノ川が氾濫して30の町が洪水被害にあったパンガシナン州の被災者に、二つの団体からの救援物資を届けに行きました(パンガシナンの洪水についてはこの新聞記事の翻訳ををご覧ください)。

 私たちが行ったのは、パンガシナン州バヤンバン町マイクパ・バランガイ(村)のピナルパ集落。洪水の期間、集落でたった1軒の2階建てのコンクリートの家をもつTさん宅には、17家族が避難していたそうです。


b0128901_13353884.jpg


「くるぶしまで水が来たと思ったらあれよあれよという間に水量が増え、10分後にはひざまでになった。最終的には胸まで水につかった。水が引いたのは3日後。みんな、豚もヤギも鶏も、うちの2階に持ってきたけど、まにあわなかった家畜もたくさんいて死んでしまったよ。」

b0128901_13361534.jpg


「米は収穫期で、うちの田んぼもやられた。いつもは60袋が収穫できるが、14袋のみになってしまった。収穫が終わった米もたいていが水に浸かってだめになった」
とのこと。町の農業省は、被害にあった収穫を取り戻すために2期作を行いたい農民に種籾を無料で支給するとして、申し込みを受け付け始めたそうです。

 「ここの町長はOKよ」と村人たち。「少なくとも1家族に米4キロと、イワシの缶詰2缶、インスタント・ヌードル2袋の救援物資の支給があった」ということ。「でも、ここはバヤンバンの町の中心からはかなり遠いから、支給は1回だけ。近いところの人は3回と4回支給があったと聞いている」

b0128901_13365469.jpg


         ↑「毎日毎日、カンコン(青菜)のおかず。いっぱいあるよ、カンコン。
          もっていっていいよ」

 私たちが救援物資を持ってきたと聞いて、次々と村の人が集まってきました。
カラフルな明るい色のズボンには、
「11月1日のオール・セインツ・デイ(万聖節)の教会とお墓参りに着ていくわ。この村の人、みんながきっとこの新しいズボンをはいていくから制服みたいね」と、どこまでも明るい村人たち。

b0128901_13375387.jpg



経口補水薬については、「ここの水はポンプでくみ上げる井戸水。下痢する人がしょっちゅう出ます。とくに子供たちね。洪水の後だから特に多いよ。今は。病院は遠いし、症状がひどくて連れて行っても、お金がないと診てくれないし、薬も買えない。だから、たいへんありがたいです」と村人たちは感謝の意を表していました。

b0128901_13381728.jpg


      ↑「いいですか。1回に全部飲んじゃだめよ。1日1回1袋ですよ」
      とていねいに村人に説明する、ボランティアで同行してくれた
      セント・ルイス大学の学生・クリシアンさん。


T家の人たちが、
「いいですか? この物資は、決して政治関係のものではありませんよ~~~。正真正銘のヘルプ! だから遠慮なくもらってくださいね」と、村人に説明。来年に選挙を控えたフィリピンならではのコメントです。
b0128901_13404175.jpg


「被害甚大。どうしていいかわからないよ。」と言いながら、
「うちのティラピア魚の養殖池も洪水で魚がみんな逃げてっちゃった。でも、養殖池をもっていない人はラッキー。庭先でティラピア魚、獲れちゃうから、喜んで毎日、魚料理してたよ。バグース魚は何10キロも離れたタグパン市のあたりでしか養殖していないはずけど、バグースまで獲れちゃってさ」
という明るさが、パンガシナンのおばちゃんたちの救いです。

b0128901_13413277.jpg


寄付をいただいたSalt とShumeiのみなさま、ありがとうございました。

ところで、パンガシナンからの行き帰りは、ケノンロードを通って行きました。
こちらもハルセマ・ロードと同じく、大きな被害があり、まだまだ、もう一度雨が降ったら危険と思われる箇所がいくつもありました。

b0128901_13454650.jpg


日本のお客さんが来てくれたときに、「お風呂が恋しくなったでしょ?」といって、いつもお連れするクロンダイクの大好きな温泉プールも土砂に流され、元の姿が想像できないまでのこんな姿になっていました。

b0128901_13511394.jpg



この温泉のオーナーご夫妻は、9月のバギオ市制100周年記念で北ルソン日本人会が制作した演劇「Kennon」のモデルとなったスミス夫妻。ご夫妻は無事とのことでしたが、この無残な楽園の姿にどんな大きなショックを受けているかと思うと心が痛みます。
[PR]
by cordillera-green | 2009-10-28 13:51 | 緊急支援