「ほっ」と。キャンペーン

ダンサーJUN(西尾純)さんのアートで町おこし    大阪中崎町

 コーディリエラ・グリーン・ネットワークとキープ協会主催の「コーディリエラ・ユース・エコサミット」に2度もゲストとしてきてくださり、パフォーマンスとワークショップを行なってくれたJUN(西尾純)さん。今週末から行う、山岳地方6州の高校生たちを対象とした環境演劇ワークショップのために再来比中です。
実はダンサーJUNさんの、もうひとつの顔は、大阪・中崎町のアートを使った町おこしの仕掛け人です。
b0128901_12183867.jpg

   ↑2009年1月の第2回コーディリエラ・ユース・エコ・サミットでのパフォーマンス
    (Photo by J.P Alipio)

  
b0128901_12483160.jpg

     ↑2009年セント・ルイス大学CCA(文化芸術センター)でのワークショップ
      (Photo by Erik C Liongoren)
      

 仕掛け人なんていうと、用意周到、コンセプトを練って、有名建築家やらデザイナーを雇い、空間を演出……なんて思いますが、もともとは、ダンサーとして自分が好きに自由に踊れる場所がほしかったのだそう。大道芸人としてもいろいろな土地を旅してきたJUNさんですが、大阪・梅田から歩いていける距離にありながら、震災で400メートル四方が焼け残り、高層ビルの合間に取り残されているような中崎町に運命の出会いを感じ、この地に拠点を持とうと決意しました。お地蔵さんに囲われた一角だけが爆弾が落ちなかったという伝説もJUNさんを強く惹きつけたといいます。

 中崎町の連なるなる長屋の持ち主を尋ね歩き、ようやく長い間使われていなかった一区画を貸してくれる人と出会い、お金がなかったのですべて廃材を使い、大工さんも雇わず、見よう見まねで一人で作り始めたのが、中崎町の第一号カフェ「サロン・ド・アマント」だそうです。ところが、作り始めは一人だったのが
「何やってんだーーーい?」
「そこはそうじゃないよおお」
「もっとこうしたらどうだい?」
なんていう人が次々手を貸してくれて、最終的には2ヶ月半の手作り改装中に1127人がもの人が関わってくれたのだそう。地域のゴミと、近しい人も赤の他人も含めみんなのいろいろな思いを吸い取って誕生したのが、「サロン・ド・アマント」だったというわけです。
だからJUNさんがこのカフェの空間に期待したのは「公園」。老若男女、誰も訪れ、会話を交わし、子供たちの笑い声が響くような、開かれたパブリック・スペースです。

b0128901_12231614.jpg

       ↑サロン・ド・アマント

お金がなかったから廃材使ったはずだったのに、世の中って不思議なもので、うわさを聞いた建築家の先生が見に来て「持続可能なリサイクル建築」なんて銘打ってみたりで、いつの間にやら中崎町以外からも人が集まってくるようになりました。
 もちろん、JUNさん、自分に居所を提供してくれた中崎町への貢献も怠っていません。たった1本残っていたカセットテープをもとに、中崎町ではすでに廃れていた盆踊りと夏祭りを復興させたりもして、少しずつ、誠実に、中崎の町の住人の人たちの信頼を得てきました。

 そのうち「うちの長屋も空きがあるんだけど」なんて、探さなくても町の住人からお声がかかるようになったそう。ついに、40年も使われていなかったという、元メリヤス工場とめぐり合い、またまた廃材ともらい物で待望の劇場「天然芸術研究所」を創り上げました。さらに、メリヤス工場のおとなりの元印刷工場を自主映画専門上映館「天劇キネマトロン」と、映画やダンスや芝居を見た後に語り合えるバー「朱夏」もオープン。アーティストたちの発表の場と集いの場として、中崎町は新しい顔を持ち始めます。
(JUNさんプロデュースのスペースについては、この間、一緒に中崎町に遊び行った現代美術家・廣田緑さんが詳しくレポートしてくれているので、彼女のブログ「ジョグジョカルタ・タイムス」で。

いまでは、カフェや雑貨やさんをはじめたい人、自主映画を作っているけれども発表の場のない人、アート作品の発表の場を探している人などなど、夢を持っているけれどもお金がなくて居場所を探す人たちがJUNさんを訪ねてきます。中崎の町とアーティズトたちの橋渡し役としてJUNさん担っている役割はますます大きくなっているように見受けられます。

JUNさん関わった店やスペース(今では13にもなるそうです)をはじめ、若い人が集まるエリアだから事業展開しようという企業まで、中崎町には100軒前後のさまざまな小さな店が軒を並べるようになっているそうです。あの「情報誌ぴあ」にも「中崎町」というカテゴリーができ、JUNさんがたった一人で始めた中崎町カフェ計画は、なんだか独り歩きし始めたようにも感じられます。

b0128901_12281142.jpg

                ↑廣田緑さんと。アマントの前で

4月頭からの短い日本滞在でいろいろなところを訪ねましたが、不景気で元気のない地方都市での、前向きな市民たちのトピックスは、どこもかしこも、「町おこし」「村おこし」でした。みなさん、自分の暮らす地域に活気を取り戻そうと、あの手この手の作戦を練っていました。
柏崎のホリステッィク医療の下條先生に
「最近、講演のテーマとして多いのは何ですかあ?」
と伺ったら
「町おこし。ワークショップでその町のいいところとや病んでいるところを気づかせて、あらゆる治療の方法を提案してもらう」とおっしゃっていました。町のホリステッィク治療ですねえ。
「先生よ。あなたまでも」と苦笑してしまいました。

いまや町おこしの先達であるJUNさん、5月のBe Good Café主催の「国際エコビレッジ国際会議TOKYO」の講師としても招待されているそうです。
主催者いわく
「山の中には、フルーツや木の枝が落ちていますが、町にはゴミが落ちているんですねえ。新しい発見です」と感動され、都市におけるエコ・ビレッジ作りをテーマに話してくださいと頼まれたそうです。
というわけで、エコビレッジ国際会議TOKYO参加のほとんどのスピーカーが、自然の中でのオーガニックなエコビレッジ・ライフのプレゼンテーションをすると思われる中で、大阪の下町での拾ったエコ素材(ゴミね)によるエコ・ビレッジ(正確にはエコ・タウン)作りのお話をするそうです。
東京方面でJUNさんのお話を聞ける貴重な機会。ぜひ、足をお運びください
b0128901_12511347.jpg

エコビレッジ国際会議TOKYO
「大阪中崎町 カフェから始まるコミュニティ・アート=天然芸術」
日時:5月29日(土)13:00~13:45
会場:城西国際大学・東京紀尾井町キャンバス302教室

他にもこのイベントには30人以上の国内外のエコビレッジに関わるゲストの方のお話が企画されています。
詳細はWEBサイトにて。

JUNさんのことをもっと知りたい方は、以下のHPで。
http://junjugem.jugem.jp/
b0128901_130289.jpg

                ↑Photo by Erik C Liongoren
      
[PR]

by cordillera-green | 2010-05-13 12:52 | アート

<< 10日間環境演劇創作ワークショップ お帰りなさい!ヨッシー(吉田智... >>