Cordillera Green Network ブログ

cordillera.exblog.jp
ブログトップ

トゥブライのコーヒー産地・ダクラン村とバアヤン村に行ってきました

b0128901_15055727.jpg

コーディリエラ・グリーン・ネットワーク(CGN)はバギオから約1時間のトゥブライ町で、コーヒーのアグロフォレストリー栽培プロジェクトを行っています。アンバサダー村コロス集落に加えて、昨年からはアンボンドラン村とマムヨッド集落でも開始しました。

トゥブライ町ではダクラン村やバアヤン村にもコーヒーの木があると聞いて、町の環境資源オフィスMENROのアブナーさんの案内で訪ねました。

ダクラン村でコーヒー栽培をしているのは、サヤタンSayatan, スヨックSuyoc, バンホBangho, ジャガオJiagao, プミアスPumias, コノコクConocog, ナムダンNamudanなどの集落だそうです。いずれの集落にも昔からコーヒー栽培をしている農家があり、20年以上前に植えたというコーヒーの木がありますが、伸び放題。古い木に加え、最近、コーヒーが収入源となると聞いて、新しく個人で植え始めている農家もあります。


b0128901_15130931.jpg


特にサヤタン集落は、国家緑化プログラムNGP(National Greening Program)の植樹事業で、環境資源省(DENR)からトゥブライ町に割り当てられた100ヘクタールの植林事業地のうち80ヘクタールが位置し、数年前から大々的にコーヒー栽培に乗り出しています。この5年で町の事業で植えられた苗木は36,000本(バアヤン村と合わせて56,000本)。以前からのコーヒーの木と合わせると数年後にはベンゲット有数のコーヒー豆の産地になるかもしれません。

コミュニティ管理の苗木場も作られていて18,000本の苗木を育苗中で、2017年までに移植する予定だそうです。切り花として販売用のアントリウム栽培をしている黒ネットをシェイドとして利用してコーヒー栽培している農家が見受けられました。トゥブライならではの栽培方法です。



b0128901_15113883.jpg

この辺りで古くから生えているコーヒーの品種はほとんどがティピカ。苗木作りの種も、もともとそこにある木からとっているのでティピカ種です。

サヤタン集落のコーヒー栽培農家のリーダー的存在はヴィーナさん。彼女の農園には7000本以上のコーヒー(以前からのもの2000本、新しく植えたもの5180本)が生育中です。息子の一人が日本で働いているとのことでたいへんな親日家。ご主人は他界し、子どもたちはいちばん下の小学生以外は町に出てしまって、二人暮らし。コーヒーの収穫は近所の子供たちを集めて手伝ってもらうとのこと。

とにかく収穫後の皮むきの作業が杵と臼でやらねばならずとても大変だそうです。水洗式で加工しているそうですが、乾季は水不足で水の確保が大きな問題だそうです。

サヤタンには最近、コーヒー栽培農家の団体Sayatan Coffee farmers Association(SACOFA)が設立され、DOLE(労働省)に登録済み。メンバーは108名の中心となっているのもヴィーナさん。MENROのアブナーさんいよると

「たいへんきちんと運営されています。ヴィーナさんのリーダーシップもすばらしい」

とのこと。


b0128901_13094214.jpg

お隣に住むベロニカさんはヴィーナさんの義理の妹さん。彼女の農園にはコーヒーとバナナを中心としたアグロフォレストリー農場で、コーヒーは約1500本を栽培中です。ミミズ堆肥やコンポストピットもあり有機農業をきちんと実践しています。サヤタンではヴィーナさんを含む5軒の農家がTOPFATublay Organic Practitioner Association)のメンバーとなり有機農業を実践しているそうです。


サヤタン村の中心はカパンガンに向かう幹線道路粗衣のバンホBangho集落です。バランガイ・ホールもバンホにあるそうです。幹線道路沿いに住むジェリーさん(男性)の裏庭にも古くからコーヒーの木がありました。本数はわからないが昨年は生豆で約50キロ分のチェリーを収穫したとのこと。ジェリーさんの家の近所のパシータPasitaさん(女性、77歳)の裏庭にもバランガイ・キャプテンだったご主人が植えたコーヒーの木が100本ほどあり、昨年は生豆で50キロ分を収穫したそうです。コーヒーが高値で取引されると聞いて、個人的に今年も息子さんが苗木を植えているそうです。

トゥブライ町は切り花栽培が盛んで、とくにアントリウムが人気です。日陰が必要なアントリウムを育てるためにアルヌスの木を育ててきていて、それがそのままコーヒーのシェイドツリーとして使えるそうです。


バアヤン村はサヤタン村からさらに奥に入ったところにあります。コーヒー栽培は隣接するバウィBawi集落とタカランTacalanで盛んだそうです。バウィの標高は1266m。


b0128901_12551446.jpg

b0128901_13063644.jpg

バウィとタカランもサヤタン同様、国家緑化プログラム(NGP)の対象地。20ヘクタールに15000本のコーヒーの苗木を植樹中だそうです。

多くの家では自宅用のコーヒーの木を庭で栽培していますが、以前から販売用のコーヒーを栽培している農家も5軒ほどあります。バウィ集落でもっとも多くコーヒーの木を育てているのはエルシーさん。昨年の収穫は生豆で200キロ余。古い木に加え、今年もGDPで支給された苗木を1000本植樹したそうです。

収穫時には家族だけでは手が足りず、アルバイトを頼まなくては追いつかないそうで、昨収穫期にはなんと収穫物の50%をアルバイト賃として払わなければならなかったそうです。古いコーヒーの木が剪定や若返りなどの手入れがされておらず、とても背が高くなっていて収穫には木に登るか脚立を使わなくてはならず、そのため収穫はたいへんな重労働。収穫の50%とというたいへん高い割合を支払わなくてはならないそう。

「以前は20%くらいだったはず」

とアブナーさん。

コーヒーの木を育てているのは老人たちが多く、収穫できる木が増えるに従い、収穫期の労働力不足が大きな問題になっていくと思われます。

エルシ―さんはとても杵臼では追いつかず自分で隣町で作られた皮むき器(デパルパー)を購入して使っているそうです


b0128901_13073323.jpg


バウィ集落のお隣りタカラン集落でコーヒー苗木場の管理を中心になってやっているのはバランガイ役員。自宅近くに作った苗木場には8000本の苗木(ティピカ)を育苗中で、水やりなどを行っています。

「乾季の水不足が心配。水が不足すれば生活用水が優先で苗木にやる水はなくなる」

バランガイ役員の個人農園では約250本のコーヒーが生育中。新たに昨年から700本を植えたそう。


b0128901_12515071.jpg


アブナーさんによると

「トゥブライの水問題は深刻。一つは乾季の水不足。標高の高い地域ではどこも水が足りない。

もう一つの水問題は、鉱山で鉱物採掘後の精錬のために使われる薬品による水質汚染」


トゥブライ町のサントニーニョで80年代まで稼働していた鉱山開発会社は、精錬工場で使う大量の水を引くために約2キロのトンネルを掘ったそう。地下水脈の流れが変わったのか、それ以降、高地の水源は多くが枯れたといいます。

廃抗になって30年以上がたち、精錬工場跡は廃墟と化していますが、露天掘りで掘り出した土と薬品を混ぜた大きないコンクリートの池は今もそのまま。トンネルの入口はふさがれているものの工場があったところからは水が噴き出しています。鉱山会社から土地の所有権を取り戻したオーナーは

「スイミングプールを作りたい」。

すぐお隣の高地では水不足で苦しむ人がいるというのになんという皮肉でしょう。

鉱山跡地周辺は金が埋蔵されているため、違法な個人採掘は後を絶たず、水銀、化成シアン物などの劇薬の使用もあるそう。


たった10年しか稼働していなかったサント・ニーニョ鉱山ですが、環境に与えたダメージは恐ろしいものがあります。

30年たった今も遺された水問題は解決されるどころか深刻度を増しているように見受けられます。


b0128901_15163591.jpg


[PR]
by cordillera-green | 2015-09-20 15:42 | コーヒー