Cordillera Green Network ブログ

cordillera.exblog.jp
ブログトップ

【振り返り①】環境問題をテーマとした演劇ワークショップ<アチェの参加者>

 コーディリエラ・グリーン・ネットワーク(CGN)は、「フィリピン、インドネシアの先住民族青少年を対象とした環境問題をテーマとした演劇ワークショップによる交流事業」(助成:日本国際交流基金アジアセンター)を実施した。

フィリピン人参加者のためのワークショップは、マウンテン州のタジャン、バギオ市、マカティ市、インドネシア・アチェ州で開催した。ワークショップの成果である演劇作品は、バギオ市のCAPセンター、マカティ市のTIUシアター、バンダ・ アチェのスルタン・セリム2世劇場で公演した。

 アチェの参加者たちは、鉱山開発のような環境問題に直面しているアチェ州ベサール地域のジャンタンとランパナ出身の高校生だった。フィリピンとアチェの参加者たちは、鉱山開発地域を訪れ、宗教指導者、政治指導者、鉱山会社の元従業員、鉱山によう環境破壊の影響を受けた農家などにインタビュー取材を行った。取材から得た情報から参加者たちは議論を重ね、日本人、フィリピン人、インドネシア人の演劇専門家や芸術家の協力のもと、小さな公演を行った。


□事業の活動報告はこちら➡
□コーディリエラの参加者の振り返りはこちら➡
□コーディリエラ参加者のテーマ「鉱山開発」についてのアンケート回答はこちら➡



b0128901_12454632.jpg
b0128901_12512070.jpg


以下はアチェの参加者による振り返りの記録である。

                                                     

【ワークショップ】

-ワークショップに参加したことで、新しいことを学んだり経験したりすることができ、私は幸せです。

-他の参加者と出会えて嬉しかったです。

-フィリピン人をはじめとした人々と出会い、一緒に活動することができて、私はとても幸せです。

-ワークショップでは、参加者たちと楽しむことができました。

-新たな経験を得て、見識を深めることができたので、私はとても興奮しています。

-幸せで、新鮮で心地よく、興奮しました。

-フィリピンの若者たちとまた演じたいです。

-劇を通じて、私は新たな友達と出会うことができ、とても幸せでした。また、私は新しいことも学びました。

-私はフィリピンの若者たちと出会うことができ、とても嬉しかったです。国や言葉が違えど、私たちは団結していました。

-初日、私たちは気まずかったり緊張したりしていましたが、数日間彼らと過ごすことで、まるで自分の家族のであるかのような幸せな日々を送ることができました。

-とても幸せな経験でした。

-この交流で彼らと過ごしている時、私は幸せな気分でした。私たちはコミュニケーションをとるのに苦労しましたが、私は他の参加者たちと友達になれたことを誇らしく思っています。

-初日、私は緊張と気まずさを感じていました。数日後、私は彼らを家族の一員だと思うようになりました。その時ついに、私の気まずい感情は消え去りました。

-緊張しましたが幸せでした。しかし、フィリピン人参加者たちは親切で、私たちの友達になりました。彼らは私たちが日頃大切にしている物事についても受け入れてくれました。

-彼らと出会い、話せたことは幸せでした。

-私たちは常に笑いが絶えず、幸せでした。私はもっと彼らと仲良くなりたいです。彼らと学ぶことが好きでした。



b0128901_12385297.jpg

b0128901_13005063.jpg
b0128901_13002025.jpg
b0128901_13160222.jpg
b0128901_12281333.jpg
パフォーマンス】

-私は友達を前にステージに立った時、幸せを感じました。しかし私は新しい人々(フィリピン人と日本人)に会うことに慣れていなかったので、少し緊張してしまいました。残念ながら、英語を通訳してくれる先生や大人が足りなかったので、時々私たちは何をすべきなのかわからないことがありました。

-他の参加者と時間を楽しみながら過ごすことができて、嬉しかったです。

-私は少し緊張しました。また、CGNとの活動に満足しています。

-この経験をすることができて、私はとても幸せです。まるで家族のようなフィリピン人たちと活動することができて、とても嬉しかったです。

-幸せと喜びを感じました。

-とても嬉しく、幸せでした。お互いを受け入れ合えたと感じました。

-このようなことは今まで成し遂げたことがなかったので、私は喜びを感じています。わずかに緊張しましたが、勇気があったと感じています。

-経験や知識を教えてくれるフィリピン人の友達と出会えたことで、私たちは大きな幸せを感じています。また私たちは、才能ある素晴らしい人々の前で、果敢に勇気を見せた自分自身たちを誇りに思っています。

-どことなく緊張しましたが、興奮しました。

-演じると同時に、幸せを感じていました。私は今まで一度も演劇に挑戦したことがなかったので、私が持つ全ての勇気を振り絞り、演技を伝えることができました。私は自分自身に対して喜びと誇りを実感しています。

-才能溢れる素晴らしいフィリピン人の友達と、どのように劇を演じるのか学ぶことができたので、幸せを感じています。

-喜びと驚きを感じました。

-フィリピンからの新しい友達と出会うことができて嬉しかったです。

-演劇を学んだことで私は賢くなれたので、とても嬉しいです。

-演劇によって、興奮したり幸せを感じたりしました。


b0128901_12262749.jpg

b0128901_13053084.jpg
【今後のワークショップへの期待・要望】


-次回はより良いものになりうるでしょう。私たちは演劇を学び続けたいです。

-将来のワークショップがより良いものになるよう願っています。

-私はさらなるワークショップが、より楽しく、たくさんのシアターゲームをしてくれることを期待しています。

-これまでのように、より良い意見の共有を期待しています。

-私の望みは、イベントがより楽しく驚きに満ちたものであることです。

-バリトック」のように、目標達成のための活動を楽しみにしています。

-楽しい活動を盛り込みながらの演劇制作を期待しています。

-私はフィリピン人参加者がまたここに戻ってきて、私たちとともにまた演劇を作り続けていくことを望んでいます。

-私は将来の活動がより良く、全ての参加者がもっと興奮できるものになることを望んでいます。そして、「バリトック」のようなパフォーマンスを作り上げたいと思います。

-私は、この活動を通じて、人々が他の参加者と関係を築いていくことを願っています。この活動は中止するべきではなく、未来まで運営していくべきものです。

-私は参加者たちが安全に帰宅することを願っています。また、このワークショップが全ての参加者にとって思い出に残る経験となることを望んでいます。

-過去よりもっとかっこいい活動を望みます。

-この活動に再び友達と携われること、そして参加者たちが良い関係を築けるよう願っています。

-私は、次のワークショップがいつも通り行われることを望んでいます。より楽しく、そしてこれまでで一番のワークショップにしてください。

-私はいつか他の参加者たちと再会できることを願っています。

-いつか私たちが再会し、再び知識を共有できる日を楽しみにしています。

-未来に再び参加者と会えることを望んでいます。

-彼らがアチェに戻ってきてくれることを願っています。


b0128901_13023486.jpg

*****

ワークショップ後のグループに分かれての振り返り


●グループ・サト<1>

イベントの間、多くの良かったことがありました。私たちは多くのことをフィリピンや日本から学びました。まるで新しい家族の一員になったかのように感じています。

私たちは、ワークショップはよりリラックスしたものであると良いと思いますし、休憩時間を取り入れるべきだと思います。

私たちに自信を与えてくださったフィリピンや日本のファシリテーターたちに感謝の気持ちを述べたいと思います。私たちは今、自分自身を信じることができています。


●グループ・ドゥア<2>

私たちに公演の機会を与えてくださった、SMPN 1 PEUKAN BADA(注:発表会をさせてくれた学校の名前)の皆様に、感謝の気持ちを述べたいと思います。私たちは3年生たちの活躍がとても嬉しかったです。観客の前で演技をする自信がつきました。

私たちは少ししか休憩時間がありませんでした。今、私たちは時間の大切さを実感しています。

フィリピンや日本からの参加者やスタッフと交流でき、とても嬉しかったです。お互いに意思疎通をはかるのが困難だったにも関わらず、彼らはとても優しくしてくれました。これまで知らなかったジャンタンやランパナについて知ることができたことも、嬉しかったです。


●グループ・ティガ<3>

他の人々と経験を共有することができて、私たちは幸せでした。より多くの意見を共有できたら、さらに良いものとなるでしょう。

私たちは睡眠時間が不足していましたが、それによって、スケジュールに適応することと時間に追いつくことの大切さを学びました。

私たちは、演劇の知識を教えてくれたフィリピンや日本のスタッフにとても感謝しています。私たちはこのプロジェクトを未来まで続けていくことを望んでいます。


●グループ・エンパット<4>

このワークショップは、私たちにたくさんの知識を与えてくれ、自信を築くための手助けをしてくれました。この活動で得たどんな成長も、私たちの将来にとって有益なものであったと確信しています。

ワークショップの間中、たくさんの恥じらいがありました。私たちは勇敢であろうと最善を尽くしましたが、私たちは緊張が勝ってしまい、自信不足に陥ってしまいました。私たちは、才能溢れる素晴らしいフィリピンの役者たちのようになりたいと思っています。

このワークショップによって、私たちは影響されました。私たちは、他のフィリピン人参加者たちと共に過ごすことができず、残念に思っています。私たちはフィリピン人参加者たちがアチェの料理を楽しんでくれたことを願っています。

b0128901_15563894.jpg


助成 Grant:

国際交流基金文化創造協働助成

The Japan Foundation Asia Center

Grant Program for Promotion of Cultural Collaboration

b0128901_09074654.png




[PR]
by cordillera-green | 2017-11-14 13:59 | 環境教育