Cordillera Green Network ブログ

cordillera.exblog.jp
ブログトップ

2012年 10月 31日 ( 1 )

ワワイ・サワイのソイルアートはキャンバスには収まらないのでした……

b0128901_1248348.jpg
 マウンテン州サバンガン町での「アートを活用した環境教育ワークショップ」(地球環境基金助成)の一連のプログラムのファシリテイターは、フィリピン国内からと日本から。フィリピン人ファシリテイターは、コーディリエラ・グリーン・ネットワーク(CGN)の拠点のあるバギオ、そしてサバンガンからわずか1時間の独特の伝統を保持するサガダを拠点とするアーティストが中心です。コーディリエラ独特の伝統文化に造詣が深く、先住民族の言葉を解する人が、やはりベストということと、やはり、このプログラムが終わった後にも地元に根差してワークショップを継続していけることが何より重要とということから地元のアーティストといろいろ手法を話し合いながらワークショップを作り上げるという作業を行っています。また、時に閉鎖的なコミュニティにお邪魔する私たちは、コミュニティの中にある風習や文化やバランスに常に配慮しながら、滞在させていただかなくてはならないということもあり、地元のアーティストとの作業の方がスムーズに行くという面もあります。
b0128901_12111944.jpg

そんな中、スタッフ一同に
「これ以上、この企画に合った人はいない。ぜひファシリテイターとして呼んでください」
と頼まれたのが、ミンダナオ島のブキドノン州タラアンディッグTalaandig族のワワイ・サワイ氏。タラアンディッグ族はまさに北ルソンにおけるイゴロット族。標高2938メートルのキタングラッド山Mt. Kitanglad周辺に住む山の民です。NCCA(国家文化芸術委員会)が推進する先住民族の伝統文化継承のためのSLT(School of Livinf Tradition)プログラムでで、フィリピン国内で一番ノリにSLTを作って見事に成功しているのがタラアンディッグ族だそう。部族のリーダーにはDatuという称号が与えられるそうですがワワイのお兄さんのDatu VIc Sawayが政治のリーダー、そしてDatuワワイが民族のカルチャー部門のリーダーのようです。
b0128901_12125112.jpg

  ↑KAPWA先住民族会議。後方でドラムをたたいているのが
   タラアンディッグ族ミュージシャンのラウル君

 6月末にバギオで行われたKAPWA先住民族会議にも招待されていて、CGNスタッフも彼の癒しパワーにめろめろ。KAPWA会議の時は、あまりにたくさんの民族の人がゲストできていて、ワワイのワークショップを十分堪能できず、
「ぜひ、民族は違っても同じフィリピンの山岳部に住む先住民として、ワワイがコミュニティで実践しているアート・ワークショップを実践してもらいたい」
というスタッフの熱望で今回ワワイの招待に至ったわけ。
b0128901_1223133.jpg

   ↑ワワイのソイル・ペインティング

 ワワイ・サワイ率いるタラアンディッグ民族のアーティストグループは泥や粘土を使ったソイル・ペインティングで知られています。ワワイが90年代に実験的に初めていまやタラアンディッグのアートと言えばソイル・ペインティング。マニラはもちろん、海外にも招待されて作品の紹介がされてきました。
 ワワイ達のソイル・ペインティングは、山で集めてきた7色の土・泥・粘土で絵を描くというものです。参加者たちは、今まで気づかなかった大地の色のバリエーションと豊かさに気づき、その魅力にぐんぐん引き込まれていきます。
b0128901_1224598.jpg

b0128901_12263432.jpg

b0128901_12275694.jpg

 さて、サバンガン町ナマテック村の小学校で行われたワワイのソイル・ペインティング・ワークショップ。まずは子供たちと一緒に土探しの山歩き。山にはその気で見たら何とも豊かな色の土があるものだと子どもたちも驚き。
 泥や土で絵を描くなんて。。。て疑心暗鬼だった先生たちも、そこら辺の泥が見事な絵に姿を変えていくのに興奮気味。自らも絵筆をとり始めました。
b0128901_12292984.jpg

b0128901_1231646.jpg

b0128901_1237677.jpg

b0128901_12381061.jpg


b0128901_12332865.jpg

  ↑ワワイと一緒に来てくれたタラアンディック族のアーティスト・ラウルがまず壁に描き始めると。。

 そして、会場としてお借りしたおんぼろ講堂のペンキがはげかけた壁にワワイと一緒に来たアーティスト・ラウルが描き始めた素晴らしい自然の絵につられるように、生徒たちもみんな壁に絵を描き始めました。校長先生も怒るどころかニコニコ顔。これが赤や緑や黄色のペンキだったらこうはならなかったでしょう。村の風景に違和感なく溶け込むソイル・ペインティングだから、成り立ったワークショップです。


b0128901_12354065.jpg

b0128901_12395289.jpg

b0128901_1241269.jpg

  ↑いつの間にか柱もペインティング

学校の講堂、丸ごとソイルペインティング!


これだから子供たちとのワークショップはやめられませんね。
11月24日、25日の「カワン・ディ・バタワ エコアート・フェスティバル」では、「でっかいティピ-テントにソイルアートしよう」という計画も進行中。お楽しみに!
b0128901_12424884.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~

以下は、友達の新聞記者・マウが「Inquire」という全国紙に以前書いたタラアンディッグ族の記事(英語ですいません)。ワワイのお兄さんヴィックのことを中心に民族の環境保全に対する活動のことが紹介されています。コーディリエラ地方の先住民族コミュニティにもにもいつかこんなリーダーが現れることを願ってやみません。

Who are the Talaandig?


Northern Luzon Bureau
First Posted 19:40:00 03/01/2008

Filed Under: indigenous people

THE TALAANDIG, a subtribe of the Banwaon tribe, are among 110 groups of indigenous peoples in the Philippines. The Talaandig (approximate population: 100,000) are mostly concentrated in the northern and western part of Bukidnon province.
The ancestral domain of the Talaandig is marked by the Mt. Kitanglad range whose highest peak of 2,938 meters above sea level is found in Dulangdulang Mountain. The Mt. Kitanglad range covers some 47,270 hectares and the Talaandig consider the area their "remaining marker" from which their history emanates.
The peak of Dulangdulang was where Apu Agbilin, the ancestor of the Talaandig people, took refuge during a great flood thousands of years ago, said Datu Victorino Migketay Saway, citing oral history.
To the Talaandig, the Mt. Kitanglad range is also an important watershed where many rivers begin.
"If there's no Mt. Kitanglad, there's no Talaandig," Saway told ECO, a newsletter of an alliance of environmental groups monitoring developments under the UN Convention on Biological Diversity.
The Talaandig used to practice a traditional rotation method of farming. But this changed after logging was introduced in the community in the 1970s. Although some still practice rotational upland farming, others have embarked on high-value crop production for the market.
Some also still hunt wild game and gather honey, which they sell to lowlanders. They also sell or barter woven handicrafts with other communities.
All resource activities before such as hunting and gathering were regulated by laws that came from religious beliefs, and extended to everything, including economic and political life, according to Saway.
These customary laws governed and regulated the cultural practices and traditions of the Talaandig community. But these customary laws weakened after foreign concepts of law and government were imposed, Saway said.
He said the "foreign" laws permitted massive logging and the collection of forest products for business.
"Under the new laws, many of our activities became illegal and destructive activities became legal," he said. "For example, the environment office legally gives licenses to cut trees and issues logging permits. It is very ironic, as the institution that is supposed to protect the environment actually destroys it. They 'legally' destroy millions of trees. But when one of our community members destroys only one tree, he is sent to court. It is 'illegal' for us to use even abandoned logs," he said.
The Talaandig are among the indigenous peoples in the Philippines who are asserting that their customary laws apply to local governance. They are also asserting the right of indigenous peoples to free and prior informed consent before any development or undertaking is done in their communities.
Maurice Malanes, Inquirer Northern Luzon


(反町眞理子)
[PR]
by cordillera-green | 2012-10-31 12:04 | 環境教育