Cordillera Green Network ブログ

cordillera.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

世界環境デー・環境アート企画「サルはどこに行った?」パンフレットより

 私の出身地・日本では、世界が直面している環境問題に関する情報があふれ、多くの人が環境保全のために何かしたいと考えている。「樹を植える」という行為に意義を唱える人はまずいない。しかし、私たちが2001年にバギオ市でコ-ディリエラ地方の環境保全を目的としたNGO「コーディリエラ・グリーン・ネットワーク(CGN)」を設立し、コーディリエラ地方の山岳部で森林再生事業(reforestation project)をはじめたとき、まず「なぜ樹を植えなくてはいけないか」「なぜ森を破壊してはいけないか」という教育からはじめなくてはいけないと気がついた。せっかく予算と労力をつぎ込んで植えた苗木も、土地の人たちがその価値を理解していなければ、再び火を放ち、一晩のうちにハゲ山に逆戻りだ。

以来、CGNではさまざまな環境教育活動を行ってきた。公募による「Ecological Painting Competition」の開催と受賞作による環境保全啓発ポスターの制作。コーディリエラの森林破壊の現状と保全の動きをリポートしたドキュメンタリー・ビデオ「Whisper of the forest」の制作。やはり一般からストーリーを募集した子供向けの環境絵本「Moon Beams」の出版。そして、毎年、10ケ所ほどで、環境教育セミナーを行ってきた。テーマは、「Waste Management」から「Organic Farming」など、それぞれのコミュニティが抱える環境問題に即したものとしてきた。

それにしても、山の村に暮らしながら、なぜ人々はいとも簡単に山に火を放ち森林を焼き払えるだろうか? 各民族は、それぞれ伝統的に森林保全の知恵を受け継いできたはずだ。森林からの果実や山菜、そして、そこを住処とする野性の動物や昆虫を食料としてきた。森からの恵みで生きながらえてきたのだ。なのに、ここに来て森はいきなり“邪魔者”扱いだ。さっさと焼き払って広い畑に代え、できるだけ高値で売れる野菜をたくさん植えて一銭でも多くを稼ぎたい……。山岳民族の住民たちは、古来、守ってきた自然環境や、維持してきた伝統文化を今、葬り去ろうとしている。
誰もが金銭的に豊かな生活にあこがれる。しかし、次世代のために、本当の豊かさのために、環境と文化の保持していくことの大切さを、私たちは毎回の環境セミナーにおいて伝えてきた。

そして最近私が思うのは、エコシステムや生態系の危機、化学製品の人体への悪影響などの環境に関する知識・情報はもちろん必要だが、同時に自分たちを取り巻く自然環境の息吹を感じる「感覚」を取り戻さなくてはならないということだ。
森の木々に、谷を流れる川に、足元の土の中に、「生」を感じる感覚が戻ってきたら、森林破壊も河川や土壌の汚染も食い止められるのではないか思う。人類の進歩が生み出してきた環境破壊は、結局は一人ひとりの人間の自然をいとしいと思う本能的な感覚の復活によってしか、食い止められないのではないだろうか。

CGNは、2007年6月5日の「世界環境デー」イベントのために、アートを通して自然に触れ、自然と遊び、自然の豊かさに気づき、自然を愛する心を育みながら、山岳地方の森林再生のメッセージを送ろうという企画を考えた。特に今回は、もっとも身近な自然素材「土(Clay)」を素材の中心とした。幸いにも、在バギオのアーティストだけでなく、日本出身の現代美術家(在インドネシア)、同じアジアの隣国・インドネシアの陶芸家、そしてすっかり山岳地方の文化にほれ込んでいるアメリカ=フィリピン人(Phil-Am)アーティストたちが参加してくれることになった。CGNが2002年から植樹活動を行っているベンゲット州キブガン村の人たちも参加してくれる。
山の小さな村で生み出された「土」によるアート作品を通して、自然への「愛」と環境保全へのメッセージが、VOCASに足を運んでくれたすべての方々に伝わることを期待している。

b0128901_10493558.jpg

   ↑VOCASの展示

b0128901_1050596.jpg

      ↑サル面の野焼きの様子

b0128901_10523853.jpg

b0128901_10555220.jpg

      ↑サル面づくりワークショップ

b0128901_10572947.jpg

      ↑在インドネシアのアーティスト・廣田緑さん

b0128901_10593046.jpg

      ↑バギオを代表する現代美術家・カワヤン・デ・ギアも参加
       モンキー・ジャングルジム
[PR]
by cordillera-green | 2007-06-05 10:26 | 環境教育