<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ワワイ・サワイのソイルアートはキャンバスには収まらないのでした……

b0128901_1248348.jpg
 マウンテン州サバンガン町での「アートを活用した環境教育ワークショップ」(地球環境基金助成)の一連のプログラムのファシリテイターは、フィリピン国内からと日本から。フィリピン人ファシリテイターは、コーディリエラ・グリーン・ネットワーク(CGN)の拠点のあるバギオ、そしてサバンガンからわずか1時間の独特の伝統を保持するサガダを拠点とするアーティストが中心です。コーディリエラ独特の伝統文化に造詣が深く、先住民族の言葉を解する人が、やはりベストということと、やはり、このプログラムが終わった後にも地元に根差してワークショップを継続していけることが何より重要とということから地元のアーティストといろいろ手法を話し合いながらワークショップを作り上げるという作業を行っています。また、時に閉鎖的なコミュニティにお邪魔する私たちは、コミュニティの中にある風習や文化やバランスに常に配慮しながら、滞在させていただかなくてはならないということもあり、地元のアーティストとの作業の方がスムーズに行くという面もあります。
b0128901_12111944.jpg

そんな中、スタッフ一同に
「これ以上、この企画に合った人はいない。ぜひファシリテイターとして呼んでください」
と頼まれたのが、ミンダナオ島のブキドノン州タラアンディッグTalaandig族のワワイ・サワイ氏。タラアンディッグ族はまさに北ルソンにおけるイゴロット族。標高2938メートルのキタングラッド山Mt. Kitanglad周辺に住む山の民です。NCCA(国家文化芸術委員会)が推進する先住民族の伝統文化継承のためのSLT(School of Livinf Tradition)プログラムでで、フィリピン国内で一番ノリにSLTを作って見事に成功しているのがタラアンディッグ族だそう。部族のリーダーにはDatuという称号が与えられるそうですがワワイのお兄さんのDatu VIc Sawayが政治のリーダー、そしてDatuワワイが民族のカルチャー部門のリーダーのようです。
b0128901_12125112.jpg

  ↑KAPWA先住民族会議。後方でドラムをたたいているのが
   タラアンディッグ族ミュージシャンのラウル君

 6月末にバギオで行われたKAPWA先住民族会議にも招待されていて、CGNスタッフも彼の癒しパワーにめろめろ。KAPWA会議の時は、あまりにたくさんの民族の人がゲストできていて、ワワイのワークショップを十分堪能できず、
「ぜひ、民族は違っても同じフィリピンの山岳部に住む先住民として、ワワイがコミュニティで実践しているアート・ワークショップを実践してもらいたい」
というスタッフの熱望で今回ワワイの招待に至ったわけ。
b0128901_1223133.jpg

   ↑ワワイのソイル・ペインティング

 ワワイ・サワイ率いるタラアンディッグ民族のアーティストグループは泥や粘土を使ったソイル・ペインティングで知られています。ワワイが90年代に実験的に初めていまやタラアンディッグのアートと言えばソイル・ペインティング。マニラはもちろん、海外にも招待されて作品の紹介がされてきました。
 ワワイ達のソイル・ペインティングは、山で集めてきた7色の土・泥・粘土で絵を描くというものです。参加者たちは、今まで気づかなかった大地の色のバリエーションと豊かさに気づき、その魅力にぐんぐん引き込まれていきます。
b0128901_1224598.jpg

b0128901_12263432.jpg

b0128901_12275694.jpg

 さて、サバンガン町ナマテック村の小学校で行われたワワイのソイル・ペインティング・ワークショップ。まずは子供たちと一緒に土探しの山歩き。山にはその気で見たら何とも豊かな色の土があるものだと子どもたちも驚き。
 泥や土で絵を描くなんて。。。て疑心暗鬼だった先生たちも、そこら辺の泥が見事な絵に姿を変えていくのに興奮気味。自らも絵筆をとり始めました。
b0128901_12292984.jpg

b0128901_1231646.jpg

b0128901_1237677.jpg

b0128901_12381061.jpg


b0128901_12332865.jpg

  ↑ワワイと一緒に来てくれたタラアンディック族のアーティスト・ラウルがまず壁に描き始めると。。

 そして、会場としてお借りしたおんぼろ講堂のペンキがはげかけた壁にワワイと一緒に来たアーティスト・ラウルが描き始めた素晴らしい自然の絵につられるように、生徒たちもみんな壁に絵を描き始めました。校長先生も怒るどころかニコニコ顔。これが赤や緑や黄色のペンキだったらこうはならなかったでしょう。村の風景に違和感なく溶け込むソイル・ペインティングだから、成り立ったワークショップです。


b0128901_12354065.jpg

b0128901_12395289.jpg

b0128901_1241269.jpg

  ↑いつの間にか柱もペインティング

学校の講堂、丸ごとソイルペインティング!


これだから子供たちとのワークショップはやめられませんね。
11月24日、25日の「カワン・ディ・バタワ エコアート・フェスティバル」では、「でっかいティピ-テントにソイルアートしよう」という計画も進行中。お楽しみに!
b0128901_12424884.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~

以下は、友達の新聞記者・マウが「Inquire」という全国紙に以前書いたタラアンディッグ族の記事(英語ですいません)。ワワイのお兄さんヴィックのことを中心に民族の環境保全に対する活動のことが紹介されています。コーディリエラ地方の先住民族コミュニティにもにもいつかこんなリーダーが現れることを願ってやみません。

Who are the Talaandig?


Northern Luzon Bureau
First Posted 19:40:00 03/01/2008

Filed Under: indigenous people

THE TALAANDIG, a subtribe of the Banwaon tribe, are among 110 groups of indigenous peoples in the Philippines. The Talaandig (approximate population: 100,000) are mostly concentrated in the northern and western part of Bukidnon province.
The ancestral domain of the Talaandig is marked by the Mt. Kitanglad range whose highest peak of 2,938 meters above sea level is found in Dulangdulang Mountain. The Mt. Kitanglad range covers some 47,270 hectares and the Talaandig consider the area their "remaining marker" from which their history emanates.
The peak of Dulangdulang was where Apu Agbilin, the ancestor of the Talaandig people, took refuge during a great flood thousands of years ago, said Datu Victorino Migketay Saway, citing oral history.
To the Talaandig, the Mt. Kitanglad range is also an important watershed where many rivers begin.
"If there's no Mt. Kitanglad, there's no Talaandig," Saway told ECO, a newsletter of an alliance of environmental groups monitoring developments under the UN Convention on Biological Diversity.
The Talaandig used to practice a traditional rotation method of farming. But this changed after logging was introduced in the community in the 1970s. Although some still practice rotational upland farming, others have embarked on high-value crop production for the market.
Some also still hunt wild game and gather honey, which they sell to lowlanders. They also sell or barter woven handicrafts with other communities.
All resource activities before such as hunting and gathering were regulated by laws that came from religious beliefs, and extended to everything, including economic and political life, according to Saway.
These customary laws governed and regulated the cultural practices and traditions of the Talaandig community. But these customary laws weakened after foreign concepts of law and government were imposed, Saway said.
He said the "foreign" laws permitted massive logging and the collection of forest products for business.
"Under the new laws, many of our activities became illegal and destructive activities became legal," he said. "For example, the environment office legally gives licenses to cut trees and issues logging permits. It is very ironic, as the institution that is supposed to protect the environment actually destroys it. They 'legally' destroy millions of trees. But when one of our community members destroys only one tree, he is sent to court. It is 'illegal' for us to use even abandoned logs," he said.
The Talaandig are among the indigenous peoples in the Philippines who are asserting that their customary laws apply to local governance. They are also asserting the right of indigenous peoples to free and prior informed consent before any development or undertaking is done in their communities.
Maurice Malanes, Inquirer Northern Luzon


(反町眞理子)
[PR]

by cordillera-green | 2012-10-31 12:04 | 環境教育

風景が舞台-アートを活用した環境教育ワークショップ

b0128901_1221021.jpg
 
 サバンガン町の村々で実施中の「アートを活用した環境教育ワークショップ」(地球環境基金助成)。すでにコーディリエラ・グリーン・ネットワーク(CGN)の環境演劇ワークショップでおなじみの若き舞台演出家・ジェロからは、
「いちばん田舎の村でやらせてください」とのリクエスト。
b0128901_11254768.jpg

 今回の事業のパイロット地域とした5つの村(Data, Poblacion, Pingat,Lagan, Namatec)のうち、いちばん幹線道路のハルセマ・ロードから遠いダータ(Data)村でハイスクールの生徒40名を対象にワークショップを開催しています。バギオベースなのでじっくり取り組めるジェロは、村に伝わるお話の採集から、村の環境問題の洗い出し、体のベーシックな動きや声の出し方などなど、基礎から丁寧に3回に分けてワークショップの計画を立て、ハイスクールの生徒たちとじっくり4つに組んで進行しています。9月までに2回が終了。11月に3回目のワークショップを行い、11月24日、25日の「カワン・ディ・バタワKawaan di Batawaエコ・アート・フェスティバル」では、10人ずつのグループによる4つの作品を披露してくれるとのこと。
b0128901_11313057.jpg

  ↑メイン会場は神父様がいなくなって使われなくなった古い教会。
   ここだってかなりドラマチックな空間です

 9月に行われた2回目のワークショップでは、すでにグループごとに環境をテーマとしたミニ演劇作品の発表があったのですが、今回のジェロの新しい試みは、自分たちの作品テーマを上演するのにぴったりの風景や場所を村の中で探してそこで上演してみようというもの。サガダのお隣に位置するダータ村は、山の頂近くに集落があって、サガダまで見渡される素晴らしい展望のある村。松林も残り、村の中にはダップアイDay-Ayと呼ばれる村の長老たちが会議に使う石造りの集会場も残っていて今も村の重要な決まりごとはそこで決められるとか。村の中は車が通れる道路はなく、細い歩道が網の目みたいに通っていて、すれ違うのも精いっぱいなその歩道をゆっくりと村人たちが行きかいます。歩道沿いには水路があったり、小さな川が集落の中を流れていたり。。
b0128901_11342073.jpg

   →松林をステージに選んだグループ。
    おしっこが泉に姿を変えたというシーンです。

 生徒たちは、生まれ育ってすでに当たり前になっているそんな村の中を、舞台になる風景を求めて歩き回り、当たり前の通学路、当たり前の村の自然や風景や暮らしがちょっと違う風に見え、意外な発見がいろいろあったようです。
 松林の中を舞台に選んだグループは自然の起伏や木の形、草の葉影なども、ちゃんと舞台装置として生かしていて感心感心。。。。
 屋外をステージに仕立てるののいいところは、自然の風や光や空気や音などを五感で目いっぱい感じながら演技できるところ。おのず、練習とは違う風にお芝居が展開していったり、意外なアイデアが本番の最中に突如組み込まれたりと、即興色の強い面白いお芝居が出来上がりました。
b0128901_1203795.jpg

  ↑シダの葉があっという間にコスチュームの髪飾りに

b0128901_11375378.jpg

  ↑小学校の教室前をステージにしたグループも

b0128901_11422145.jpg

  ↑畑がステージのグループは、フルーツの木も立派な舞台装置

b0128901_11471388.jpg

  ↑お客さんも好きな場所でお芝居を楽しみます。
   右端はちょっと心配そうに見ているジェロ君

 もちろん、お客さんに観てもらうにはもう一工夫もふた工夫も必要ですが、五感を刺激しながらの屋外でのワークショップは、スタジオやホールなどワークショップやステージのための用意された空間でのそれとはまた違って、ジェロ自身も生徒たちも新しい体験ができたよう。「カワン・ディ・バタワ エコ・アート・フェスティバル」でも、山あり、川あり、橋あり、棚田ありの会場のポブラシオン村の風景を目いっぱい生かし、屋外上演も用意しているというジェロ。楽しみです。
[PR]

by cordillera-green | 2012-10-28 11:23 | 環境教育

Kawwanan anan Batawa Eco Art Festival in Sabangan

Kawwan di Batawa
Eco Art Festival



Culminating Cordillera Green Network’s
Environmental Education Art Workshops
Sabangan, Mountain Province, Philippines




Venue:San Alfonso High School
Saint Joseph Catholic Mission Seminar Hall
Lagan Elementary School

Participants: The Community of Sabangan and its 11 participating schools
Data Elementary School
Lagan Elementary School
Namatec Elementary School
Sabangan Elementary School
Sabangan Central School
Pingad-Bao-Angan Elementary School
Data National High School
Pingad National High School
Sabangan National High School
Namatec National High School
San Alfonso High School
Lagan Day Care Center

Perticipating artists:
Kosei & Hoshiko Yamamoto(Japan)
Setsu Hanasaki(Japan)
Asao Shimura(Japan)
Jun Amanto(Japan)
Haruka Furusaka(Japan)
Asayo Yamamoto(Japan)
Chiyo Ogino(Japan)
Takafuki Fukasawa(Japan)
Nibuhiko Terasawa(Japan)
Meeko Koike(Japan)
Alma Quinto(Manila)
Waway Saway & Talaandig Indigenous artists (Bukidnon)
Romel Pidazo(Baguio)
Gilbert Gano(Baguio)
Rey Angelo Aurelio(Baguio)
Jason Domling(Baguio)
Rocky Cajigan(Baguio)
Vince Navarro(Baguio)
Carlo Villafuerta(Baguio)
Alex Tumapang(Baguio)
Dom-an Macagne(Sagada)
Binangi(Tadian)
Yasu(Japan) & Gelo(Baguio)
Gawani Domogo(Sagada)
Bong Sanchez(Sagada)
Tara Natividad(Baguio)
Ruel Bimuyag(Baguio)

Project Proponent:
Cordillera Green Network Inc.
14D General Lim St. Baguio City, Philippines
Tel: 074-423-0839 cordigreen@gmail.com

Corporation with:
Municipality of Sabangan
Dep Ed Sabangan District
San Alfonso Hsgh School
AX(is) Art Project
Ubbog Cordillera Young Writers Club

Grant: Japan Fund for Global Environment (JFGE)
Japan Foundation

b0128901_11344958.jpg

Mount Kalawitan’s peak graciously sits like a scarf on a dancing woman’s head. Its sides are curved and creviced and its foot touches the rice fields and the waters of Chico River. A watershed, the mountain seeps on many sides. Springs that form small waterfalls travel through natural canals all the way to the river. These springs are formed from the gathering of water that trickle into pool pockets.

The Cordillera peoples drink from these small pool pockets that are respected, cared for and kept unpolluted – an ecological consciousness that is rooted in the community watershed of indigenous knowledge, systems and practices. Caring for the environment and ecological balance or kawwan di batawa in the Kankana-ey language, is a deep set concept that is not separate from the beliefs of a person such as constitutional laws are instituted by governments and separate from the individual.

Kawwan di Batawa is the name for Cordillera Green Network’s Sabangan Eco Art Festival, co-organized with the District Office of the Department of Education and the Sabangan Local Government. The festival is the culmination of months of environmental education through art workshops in eleven schools in the different barangays of Sabangan.

The site of the communities in Sabangan, right at the foot of Mount Kalawitan, made it an easy choice for CGN to concentrate its project there. As an organization that finds its history in a little more than a decade of forestry and sustainability projects in the Cordilleras, it has also maintained its focus on children and the arts. Outputs from each of the workshops will be exhibited or performed during the festival.

Soil paintings, prints on handmade paper, pencil work, fabric art, junk art and sculptures made of stone, clay, and driftwood will be exhibited during the festival. Along with the exhibitions will be theater, contemporary dance, and bamboo music performances. Walk-in art workshops, an eco-concert, and a film exhibition of the school workshops will also be included.

The workshops held in the 11 participating schools include a contemporary dance workshop with Kabuku-mai theater dancer Jun Amanto assisted by theater actor and director Rey Angelo Aurelio; a tula dula workshop with theater actor and director Setsu Hanasaki assisted by writer and foodie Gawani Domogo; theater and music workshops with theater actor and director Rey Angelo Aurelio assisted by Cordilleran music and dance teacher Jason Domling; a fabric art workshop with visual artist Alma Quinto assisted by visual artist Carlo Villafuerte; a clay art workshop at Data Elementary school with installation and ceramic artist Asayo Yamamoto assisted by visual artist Bong Sanchez; a paper-making workshop using natural fibers with printmaker Asao Shimura assisted by visual artist Vincent Navarro; a soil painting workshop with visual artist and musician Datu Waway Linsahay Saway assisted by visual artist and musician Raul Bendit; a stone and driftwood art workshop with stone sculpture artist Gilbert Gano; a junk and found art workshop with Rommel Pidazo; a woodblock and camote printing workshop using soil as ink with print artist Haruka Furusaka assisted by visual artist Vincent Navarro; an art on paper workshop with visual artist Nobuhiko Terasawa assisted by art practitioner Rocky Cajigan; a bamboo flute making and traditional Cordilleran bamboo music workshop with artists Kosei & Hoshiko Yamamoto assisted by Cordilleran music and dance teacher Alex Tumapang, and; a contemporary dance theater workshop with artist Chiyo Ogino.

Cordillera Green Network’s environmental education project utilizes the arts as the prime educational medium. This has been a critical stimulus in trying to educate children towards connecting themselves with the environment and understanding their mutual responsibilities to it – a relatively simple community-based concept that has been made complex by a global society that studies the world according to obscure methods and sciences. Through art, understanding ecology becomes a simple concern that can be creatively resolved within the small arms of a thoughtful child.

The role of the workshops is mainly to reinforce the concept of kawwan di batawa. Through the different media in the arts that have been used in these workshops, the children of Sabangan were made to understand creatively the immediate concern of being ecologically balanced and can therefore come up with creative means in reconnecting with the environment.

Kawwan di Batawa celebrates this reconnection with the children and the whole community of Sabangan including guests from the AX(iS) Art Project that will be held along the Halsema Highway right before the festival.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(翻訳 translation)

カラウィタン山の山頂は、踊っている女性の頭にかかったスカーフのように優雅にそびえたっている。その側面は曲線と狭い割れ目を描き、山際は水田とチコ川の水に触れている。カラウィタン山のいたるところから、水が溢れ出ている。泉は小さな滝をつくり、その水は自然の水路を通って、はるばると川へ流れていく。これらの泉は、水たまりの窪みに滴り落ちた水が集まってできる。
コーディリエラの人々は、これら小さな水たまりの水を飲んでいるが、彼らはその水たまりに敬意を払って大切にし、汚れないように守ってきた。これは、コミュニティの水源林についての土着の知識や秩序、習慣に根づいた環境保護意識である。環境や生態系のバランスに配慮すること(カンカナイ語でカワン・ディ・バタワ)は、深く組み込まれた概念であり、憲法が政府によって制定され、個人から切り離されているように、個人の信心から分けられるものではない。

「カワン・ディ・バタワ」は、サバンガンでCGNが主催し、教育省地方事務所とサバンガン地方自治体が共催するエコ・アート・フェスティバルの名称である。このフェスティバルは、サバンガンの様々なバランガイ(村)にある11校で行われたアートワークショップを通した環境教育の何ヶ月にもわたる成果の集大成である。

 サバガンのコミュニティがカラウィタン山のすぐ麓という立地にあるため、CGNはこの場所に事業を集約することを容易に決めた。コーディリエラ地方で10年以上、森林関係や持続可能な開発事業を行ってきた団体として、CGNは子どもとアートの分野にも焦点を当てて活動してきた。フェスティバルでは、各ワークショップの成果が展示または発表される。
 ソイル(土)ペインティング、手漉き紙の版画、鉛筆アート、布を使ったアート、ゴミを使ったアート、石や粘土、流木の造形などが展示される。展示と同時に、演劇、現代舞踏、竹楽器の演奏パフォーマンスの発表もある。また、飛び込み参加型のアートワークショップ、エコ・コンサート、学校でのワークショップの映像上映なども予定している。

 11校で実施された(またこれから実施する)ワークショップは次の通りである。

1) 傾舞(かぶくまい)の現代舞踊ワークショップ:Jun Amanto氏(舞踊家)とアシスタントのRey Angelo Aurelio氏(役者、演劇監督)

2)トゥラ・ドゥラ(詩)・ワークショップ:花崎攝氏(俳優、舞台演出家)とアシスタントのGawani Domogo氏(ライター、食の専門家)

3)音楽と演劇ワークショップ:Rey Angelo Aurelio氏(俳優、舞台演出家)とアシスタントのJason Domling(コーディリエラ音楽とダンスの教師)

4)布を使ったアートワークショップ:Alma Quinto氏(ビジュアルアーティスト)とアシスタントのCarlo Villafuerte氏(ビジュアルアーティスト)

5)粘土を使ったアートワークショップ:山本麻世氏(インスタレーション・セラミックアーティスト)とアシスタントのBong Sanchez氏(ビジュアルアーティスト)

6)天然繊維を使った紙漉きワークショップ:志村朝夫氏(手漉き紙&豆本作家)とVincent Nabarro氏(ビジュアルアーティスト)

7)ソイル(土)ペインティング・ワークショップ:Datu Waway Linsahay Saway氏(アーティスト・ミュージシャン)とアシスタントのRaul Bendit氏(ビジュアルアーティスト・ミュージシャン)

8)石と流木を使ったアートワークショップ:Gilbert Gano氏(石の彫刻アーティスト)

9)ゴミと拾ったものを使ったアートワークショップ:Rommel Pidazo氏

10)土をインクとして使った版木とサツマイモの版画ワークショップ:ふるさかはるか氏(版画アーティスト)とアシスタントのVincent Nabarro(ビジュアルアーティスト)

11)紙を用いたアートワークショップ:寺澤伸彦氏(ビジュアルアーティスト)とアシスタントのRocky Cajigan氏(アーティスト)

12)竹笛作りとコーディリエラの伝統的な竹楽器音楽のワークショップ:山本公成氏(音楽家)、山本星子氏(音楽家)、Alex Tumapang(コーディリエラ音楽とダンスの教師)

13)コンテンポラリーダンス・ワークショップ:荻野ちよ(アーティスト)

 CGNの環境教育プロジェクトはアートをおもな教育手段として用いている。この手法が、子どもたちが環境を自分たちと結びつけ、環境に対する相互責任を理解するための教育において必要不可欠な刺激となっている。これらは、コミュニティに根ざした比較的シンプルな概念であるが、曖昧な方法や科学に基づいて世界をみるグローバル化した社会によって、複雑化されている。アートを用いることによって、生態系を理解することは、思想豊かな子どもの小さな腕の中で創造的に解決できる、シンプルな事柄になる。

 ワークショップの役割は、おもに「カワン・ディ・バタワ(環境への思いやり)」の概念を強化することである。ワークショップで用いられるアートの様々な媒体を通して、サバンガンの子どもたちは生態系のバランスについての直近の問題を創造的に理解し、環境とのつながりを取り戻す独創的な手段を考えつくようになる。

 カワン・ディ・バタワは、子どもたちやサバンガンのコミュニティ全体、そしてフェスティバル直前にハルセマ・ハイウェイ沿いで開催されるAX(iS) アートプロジェクトのゲストたちと共に、環境との関係再生を祝うイベントとなる。

(訳:中村朱里)
b0128901_1261659.jpg

[PR]

by cordillera-green | 2012-10-27 11:28 | 環境イベント

Kawwanan nan Batawa エコ・アート・フェスティバル

マウンテン州サバンガンでの「アートを活用した環境教育ワークショップ」。
6月からサバンガンの11の小学校とハイスクールで(リクエストにお応えして保育園も一つ)、充実のファシリテイター・ラインナップで開催しています。噂が徐々に広まって、
「うちの学校でもこんなワークショップを!」
と、コーディリエラ・グリーン・ネットワーク(CGN)の事務所にはリクエストが続々届き、うれしい悲鳴。全部はとてもお答えできませんが、来月はラストスパートで11のワークショップが目白押しです。
そして、それらのワークショップで子供たちが作った作品を一堂に集めて、11月24日(土)&25日(日)にエコ・アート・フェスティバルを開催することになりました。
音楽あり、演劇あり、ダンスあり、版画あり、造形あり、お絵かきあり、、
の多彩なプログラムです。

b0128901_0391894.jpg

   ↑ワワイ・サワイのファシリテイトによるソイル・ペインティング・ワークショップ

タイトルは、サバンガンの人たちからの提案で
「Kawwan di Batawa」(カワン・ディ・バタワ)に決定。
Batawaとはサバンガンに暮らすカンカナイ族の言葉で「環境」のこと。Kawwanは「配慮すること」という意味で、日本語で言ったら「環境への思いやり」という感じでしょうか?

24日(土)には、ワークショップで作ったアート作品の展示とパフォーマンス発表会。ファシリテイターを務めてくれたアーティストの方たちも再結集する予定なので、会場での小さなワークショップも開催します。
25日(日)はコンサート。各学校一つずつ環境についての歌を歌い、ゲストの方々にはパフォーマンスもお願いする予定。

お楽しみに~~!


Kawwan di Batawa
Eco Art Festival

2012年11月24日(土)&25日(日)

会場:マウンテン州サバンガン町ポブラシオン
San Alfonso High School
San Alfonso Catholic Mission Seminar Hall
Lagan Elementary School

参加する学校:
Data Elementary School
Lagan Elementary School
Namatec Elementary School
Sabangan Elementary School
Sabangan Central School
Pingad-Bao-Angan Elementary School
Data National High School
Pingad National High School
Sabangan National High School
Namatec National High School
San Alfonso High School
Lagan Day Care Center

参加アーティスト:
山本公成&星子 Kosei & Hoshiko Yamamoto(Japan)
花崎攝 Setsu Hanasaki(Japan)
志村朝夫 Asao Shimura(Japan)
Jun Amanto(Japan)
ふるさかはるか Haruka Furusaka(Japan)
山本麻世 Asayo Yamamoto(Japan)
荻野ちよ Chiyo Ogino(Japan)
深澤孝史 Takafuki Fukasawa(Japan)
寺澤伸彦 Nibuhiko Terasawa(Japan)
小池芽英子 Meeko Koike(Japan)
Alma Quinto(Manila)
Waway Saway & Talaandig Indigenous artists (Bukidnon)
Romel Pidazo(Baguio)
Gilbert Gano(Baguio)
Rey Angelo Aurelio(Baguio)
Jason Domling(Baguio)
Rocky Cajigan(Baguio)
Vince Navarro(Baguio)
Carlo Villafuerta(Baguio)
Alex Tumapang(Baguio)
Dom-an Macagne(Sagada)
Binangi(Tadian)
Yasu(Japan) & Gelo(Baguio)
Gawani Domogo(Sagada)
Bong Sanchez(Sagada)
Tara Natividad(Baguio)
Ruel Bimuyag(Baguio)

主催:
Cordillera Green Network
共催:
Municipality of Sabangan
Dep Ed Sabangan District
AX(is) Art Project
Ubbog Young Writers Club

助成:
地球環境基金 Japan Fund for Global Environment (JFGE)
国際交流基金マニラ Japan Foundation


(反町眞理子)
[PR]

by cordillera-green | 2012-10-27 00:35 | 環境イベント

サバンガンでの環境教育アートワークショップが新聞に紹介されました

ほとんど毎週、マウンテン州サバンガンでさまざまなファシリテイターによるアートを活用した環境教育ワークショップを実施中。フィリピン国内と日本からのアーティスト達が、素晴らしい経験とアイデアを山の村の子どもたちとシェアしてくれて、心から感謝です。
これから11月まで、まだまだワークショップが目白押し。
11月24日(土)&25日(日)には、すべてのワークショップの成果を発表し意見交換する
「Kawwan di Batawa(=caring of the environment) Community Art Festival」
を開催します。
子供たちのあふれんばかりの元気と思いがいっぱい詰まった作品たちが勢ぞろいします!
詳細は追ってアップします。

b0128901_1222554.jpg
b0128901_12241194.jpg

b0128901_1285697.jpg



(反町眞理子)
[PR]

by cordillera-green | 2012-10-18 12:09 | メディア報道