Cordillera Green Network ブログ

cordillera.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

【振り返り③】環境問題をテーマとした演劇ワークショップ<主催者・共催者>

国際交流基金アジアセンター助成「フィリピン、インドネシアの先住民族青少年を対象とした環境問題をテーマとした演劇ワークショップによる交流事業」の3週間にわたるプログラムの最後に、アチェのワークショップ会場で、全体振り返りを行った。

常にフィリピンとインドネシアの青少年参加者たちを、陰で支えてきた、コーディリエラ・グリーン・ネットワーク(CGN)とインドネシア側共催団体「Komunitas Tikar Pandan」の代表も、感想とコメントを述べた。


::::


●フィリピン人ファシリテイタ―

Komunitas Tikar Pandanはとてもあたたかく私たちを受け入れてくださいました。私たちは、よりアチェの文化、特に衣装や礼拝の時間、ボディーランゲージに関して気づくことができました。これは異なる地域や文化、宗教に触れたことで得た、新しい学びの経験となりました。私たちは初めて外国の文化と出会いました。アチェの生徒たちはワークショップにとても意欲的でした。

私たちはこのグループとして、プロジェクトの継続を願っています。コーディリエラとアチェからの参加者の文化交流には、より多くの時間が必要だと感じました。ワークショップには参加者のためのオリエンテーションと、文化的なダンスや歌を取り入れるべきだと思います。

私たちはなぜその場所に生を受けたのか、その目的を覚えておかなくてはなりません。これは、人々のコミュニティーにおける良い変化です。演劇は私たちがなぜその場所に生きているのか、人々に知らせるための一つの良い方法です。


●Filipino Facilitator

Komunitas Tikar Pandan is so accommodating. We became more awareabout Acehnese culture especially their clothing, prayer time, and bodylanguages. This is a new learning experience because it happened in anothercountry, culture, and religion. This is the first we encountered othercountries. The Acehnese students are very active participating in the workshop.

The Acehnese students improved in just few days.

Empower youth to change community throughthe use oftheater.

There are delayed workshops and language barrier.

We hope for a continuation of the projectand the groupremains. There should be more days for theCordilleran and Acehnese participants for cultural exchange. There should bemore orientation for the participants about the workshops and integrate more oncultural dances and songs.

We have to remember that there is purpose why you wereborn in your place. That is to make good changes to your community. Theater isone good way to inform people that is why we are here.

b0128901_13403414.jpg

***

●日本人ファシリテイタ―

これは、私がフィリピンやインドネシアを訪れる、初めての機会でした。この経験は、完全に私を変えました。ワークショップを通して活動的だったフィリピンの役者たちに感謝しています。アチェの参加者たちは、たった3日間で素晴らしいパフォーマンスに仕上げてくれました。私は、演劇による異文化間の関係の構築が、他の人々や次の世代にまで引き継がれることを望んでいます。初日、私は(彼らのパフォーマンスについて)とても心配していました。しかし、夜を越えるたびに、彼らの演技は大きく変化していきました。彼らの演技に対するエネルギーはより大きく、演技はより良いものになりました。

劇場は満員だったにも関わらず、今日のパフォーマンスに感激しました。私はとても幸せです.


●Japanese Facilitators

This is the first foreign country I visited which is the Philippines and Indonesia. This experience is completely different to me. I appreciate the Philippine actors for being active in the workshop. The Acehnese participants were great for producing a great performance in just three days. I hope that building relationships between cultures through the use of Theater will be passed on to other people and future generation.

I was very worried during the first day.The Acehnese participants were very shy and serious. This morning when I sawthe performances, they were bigger than yesterday. They changed very well over night. The energy is far bigger and better than yesterday.

I am impressed for today’s performances despite us having fully-packed audiences. I am very happy now.


b0128901_13193687.jpg

***

●フィリピン側主催者

公演の成功、おめでとうございます。これはKomunitas Tikar Pandan、アチェ・日本・フィリピンからの参加者全員にとって良い機会となりました。私たちの心はお互いに近くなりました。またお会いできることを願っています。

おめでとうございます。君たちはとてもよくやりました。私たちは今日のように舞台上で演技ができるなんて思ってもいませんでした。驚いたことに、その演技は自信に満ちていました。フィリピン人参加者の評価の中に、言葉の壁はネガティブだという声がありました。だからこそ、お互いを理解するためのツールとして、演劇を用いるのです。世界にはたくさんの言語があります。日本語やフィリピノ語もそうですが、英語だってベストな言語というわけではありません。演劇は、口と心を開いて、しかも言葉を用いずに、コミュニケーションをとるのを助けます。言語は決して壁ではないということを忘れないでください。今、あなたたちはどのように演技し、演劇を通してどのように他の人々との関係を構築するのかを知りました。私たちはインドネシア語を学ぶための十分な時間がなかったことを申し訳なく思っています。私たちはそれを最初に学習しておくべきでした。あなたたちは自身のコミュニティーを代表してくれました。あなたたちがコミュニティーに戻った時、ここで学んだことを皆さんに共有してください。私たちは離れ離れになってしまうけれども、同じ一つの惑星に住んでいます。この地球上に住む私たちは一つなのです。私たちはみな同じで、全てを分け合うことができるのです。

●Organizer

Congratulations for the success. This was a goodopportunity for all of us, Komunitas Tikar Pandan, Acehnese participants,Japan and Philippines. Our hearts are closer witheach other now and hoping to see you all again.

Everyone have stated already what I amabout to say. Thankyou everyone for being friendly to me. I am very proud toall of you for today’sperformances. I advise young people in this room not todo the same with what Idid with theater. I stopped theater after graduating inhigh school. I learnthat it is very important to keep on doing theater.

Congratulations. You did very well. Everybody, wecouldn’t imagine you could play on the stage like that. Surprisingly, theperformance is with confidence. Filipino evaluation said that the language barrier is negative.This is the reason why we are using theater as a tool to understand each other.The world has many languages. English is not the best, or even Japanese orFilipino. Theater can help open the mouth and the mind to communicate eachother without using language. Do not forget that language is not a barrier. Nowyou know how to act and connect using theater. We are very sorry we didn’t have enoughtime to learn Indonesia language. We should be the one to learn it first. Yourepresent your community. When you come back to your community, we hope you couldshare to everyone what you learned here. We might be separated due our locationbut we are living in just one planet. We are one, people here on earth. We areall the same and we can always share.

b0128901_13383206.jpg

***


●Komunitas Tikar Pandan 共催者団体代表

日本とフィリピンの、全ての新しい友達に感謝の思いを伝えたいです。演劇を通して、文化をはじめとした異なる物事について、あなたたちはたくさんのことを教えてくれました。演劇は単なるメディアではなく、コミュニケーションを図る方法を教えてくれます。

当初、私は三つの国の人々を巻き込んだイベントが開催されることを知った時、私は怖かったです。私は、参加者たちをまとめることが難しさを知っていましたが、イベントはスムーズに運営できることを確信していました。私はワークショップの前に、参加者たちが恐ろしさを感じて、家に帰ってしまわないかと心配していました。これはベストなワークショップの一つでした。なぜなら、誰も帰りたいという人がいなかったからです。全員がベストを尽くしました。私たちは若い世代が世界をより良いものにしてくれることを願っています。これこそがなぜこのワークショップが若者を対象としていたのかの理由です。このイベントが終わる時、それはまたコミュニケーションの終わりを意味するでしょう。また、ソーシャルメディアはこの公演を本当に助けてくれました。

このプロジェクトの成功、皆さん本当におめでとうございます。私たちはフィリピン人たちのバリトックでのパフォーマンスと同様に、観客を演劇に巻き込むことができました。私たちがコミュニティーで見たものを、演劇で伝えることができました。私は、アチェ、日本、フィリピンの関係性が続くことを願っています。全員が幸せであること、それが最も大切です。もし私たちが幸せならば、それこそが望みです。アチェ、日本、フィリピンの参加者の皆さんが幸せで、その幸せを共有できたのならば、それで十分です。

●Director, Komunitas Tikar Pandan

Thank you to all our new friends from Japan and thePhilippines. You teach us a lot about your culture and many other thingsthrough theater. Theater is not only media but it teaches us to communicatewith each other.

At first, I was afraid about this event knowing thatthere are three countries involved. I know that this is difficult to handle.But then I am also sure that the event will run smoothly. I am worried thatwhat has happened before will happen in this workshop; participants becameafraid and they go back home. This is one of the best workshops because nobodyasked me to go home. All did their best. I believe that young generation willmake the world better. That is why this workshop is for the youth. This eventwill stop if communication will also stop. Social media really helped a lot.

Congratulations to everyone for the success of thisproject. We were able to control the audience in the theater the same with the performanceof the Filipinos in Balitok. What is being observed on our community iscommunicated in the theater. I hope that this relationship among Aceh, Japan,and Philippines will continue. Everyone is happy and that is very important. Ifwe are happy doing the things we would like to do. Aceh, Japan,and Philippines are all happy andthat is enough, sharing the happiness.


b0128901_13420802.jpg
b0128901_13435434.jpg

助成 Grant:

国際交流基金文化創造協働助成

The Japan Foundation Asia Center

Grant Program for Promotion of Cultural Collaboration

b0128901_14431020.jpg



[PR]
by cordillera-green | 2017-11-23 13:47 | 環境教育

【振り返り②】環境問題をテーマとした演劇ワークショップ<コーディリエラの参加者>

 2017年7-8月にコーディリエラ・グリーン・ネットワーク(CGN)が国際交流基金アジアセンター文化創造協働助成のサポートを受けて実施した「フィリピン、インドネシアの先住民族青少年を対象とした環境問題をテーマとした演劇ワークショップによる交流事業」の、フィリピン側参加者の振り返りの記録です。
 フィリピン側の参加者は、マウンテン州のカンカナイ族の10代後半の大学で学ぶ学生を中心に、その他の山岳地方の先住民族の大学生たちで構成されています。同じ山岳地方であっても民族も言葉もアイデンティティも明らかに違い、彼ら自身の中でもお互いを理解するのに時間と労力を要したことがうかがえます。また、ファシリテイタ―、スタッフは日本とフィリピンの混成チームで、そこでも誤解や葛藤がありました。
 それらさまざまな障壁を乗り越え、誰一人脱落者や体調を崩すものなく、学びあいながら全3週間の旅を終えることができたことを、主催者としてうれしく思います。苦労して作り上げた演劇作品がどのようなものであったかよりも、参加者はもちろん、ファシリテイタ―やスタッフが、この事業を通して、多くの仲間と出会い、さまざまな問題を乗り越えて、視野を広げ、人間として少しでも成長してくれたことが何よりの成果であったと思います。

 振り返りでは、グループに分かれ、良かった面と同時に悪かった点、改善すべき点もあげてもらいました。
参加者間には主催者側に目の届かないところでさまざまな葛藤があったことがうかがい知れ、事業を運営する側にとっても反省すべき点が明らかになりました。真摯に受け止め、今後のプログラムに活かしてい行きたいと思います。

□事業の活動報告はこちら➡
□アチェの参加者の振り返りはこちら➡
□コーディリエラ参加者のテーマ「鉱山開発」についてのアンケート回答はこちら➡

b0128901_13174032.jpg
【良かったこと】


●参加者たち(自分たち)について

-チームワーク

-共に活動する心地よさ

-新しい友達

-短所の発見

-あがり症の改善

-自分自身のパフォーマンスの上達

-演劇に参加し、外国へ行く機会を得たこと

-アチェの皆さんが温かく迎えてくださったこと

-演劇への情熱

-家族の一員になれたことに感謝しています。ワークショップを通じて、新しい友達に出会えました。私たちはお互いに指導しあい、楽しみました。参加者一人一人がいなければ、今回の旅は無意味なものだったでしょう。

-私たちはずいぶん上達したと思います。

-私たちは公演を成功させました。

-新しい友達やファシリテーターに出会い、新しい経験と知り合いに出会えたこと

-自信を得て、あがり症を克服し、長所と短所を発見したこと

-知識を得て、他の文化や伝統を理解したこと

-良い仲間づきあい

-役者たちの協力

-新しい友達との出会い

-ステージ上でどう演じるかという新しい挑戦

-長所と短所の発見

-舞台は素晴らしかったです。ある参加者たちは心を開いて私に話しかけてくれ、それからお互いに第一印象を感じることができました。彼らは最初、私のことをお高くとまったやなやつだと思ったと言いましたが、その後お互いを知り、分かり合えました。でも、こういうネガティブな態度もときに存在していたことは確かだと思います。

-私たちはワークショップの間、多くのことを学びました。

-異なる舞台で演じ、より多くの経験を得ました。

-私たちは演劇について多くのことを知りました。

-カヤンでの滞在は最高でした。美味しい食べ物に満足しました。

-演劇ワークショップに参加して、私はたくさんの良いことに気づいたり、それを経験したりしました。例えば、舞台に対する誇りを、より強いものにすることができました。

-新しい仲間たちとの良いつながり

-パフォーマンスにおける演技の上達

-私は他者からの提案を受け入れ、快く改善していきました。

-私はベストを尽くし、公演のたびに上達し続けたと思います。

-ファシリテーターやスタッフは本当によく参加者を気遣ってくれました。

-練習や劇中の指示がとても良かったです。

-このワークショップへの参加は、私の初めての海外渡航になりました。

-このワークショップでは、チームワークと規律をより良いものにすることができました。

-この演劇に参加することができて、私はとても幸せでした。日常生活で使える多くのことを学ぶことができたからです。私は異なる地域の新しい人々と出会うことができたことにも感謝しています。

-参加者の間で特に言い争いがなかったこと。参加者全員が素晴らしいチームワークを通じて、劇に貢献したこと。

-誰かが、参加者グループを導いてくれたことが良かったです。他の参加者よりもやや年上のメンバーが、チームの団結を助けてくれました。

-全ての参加者が演劇やパフォーマンスに対して情熱を持っていたこと。アチェの観客たちは英語を話さないので言葉の壁はありましたが、それにも関わらずアチェでの公演を成功させられたのは、各々が持っていた情熱があったからです。

-新しい友達に出会えたこと

-新しい友達から、これまで気づかなかった私の欠点(悪い態度)を指摘されました。例えば、時々私は口を尖らせることがあり、彼らは私が何か不満を感じているのではないかと思ったそうです。また、彼らは私が気取っていると言いました。

-パフォーマンスに関しては、全員が上達していました。

-これは私に自分自身を表現したり、恐れを克服するためのチャンスを与えてくれました。私が演劇に参加した時、私はそれが自分自身を見ることのできる唯一の場所であることに気づきました。

-他の人々に出会い、様々な文化を共有したことは、未来への私の知識となるような新しい学びであり、とてもありがたいものでした。

-自信以上のものを得ました。

-セットのデザインが気に入りました。

-新しいことを学びました。

-一緒に過ごした時間はとても短かったけれど、私たちは良い関係を築けたと思います。私たちはお互いを兄弟や姉妹のように感じています。スタッフでさえも、私たちは姉妹や兄、叔父のように接していました。

-地域の文化や伝統について、新しい知識や理解を得ました。

-一生忘れないであろう素晴らしい経験の一つでした。

-カヤンでのワークショップや練習の間、お互い初めての出会いだったので、私たちはとても楽しんでいました。そして、これからの公演にわくわくしていました。

-バギオでのワークショップやリハーサルは、みんな楽しんでいました。私たちが挑戦しつづけていたパフォーマンスを、ついに作り上げることができたからです。本番ももちろん楽しみました。

-劇の間、私たちはお互いに助け合い、作品をより良いものにしました。

-たくさんありますが、忘れてしまいました。


b0128901_13385316.jpg

b0128901_13374033.jpg


●スタッフ/ファシリテーターたち/指導内容について


-参加者たちが楽しめたこと

-美味しいご飯

-CGNの参加者への気遣い

-スタッフ、SDS、他のメンバーの絆

-私はファシリテーターやスタッフたちと楽しむことができました。

-私たちは素晴らしい第二の両親を得ました。ありがとうございました。

-全てのファシリテーター、コーディネーター、監督たち、そして私たちの陰で支えてくださった全ての人々に感謝しています。

-私たちのために食事を作ってくださってありがとうございます。

-陰で支えてくれたスタッフたちは、まるでロッキー兄さんをはじめ才能や技術が豊かで尊敬しています。彼らと出会い、共に活動できて幸せでした。

-イベント主催者たちは、食事などといった私たちの必需品を確実に用意してくださいました。

-コーディネーターたちは、私たちをよく受け入れてくれました。

-私たちの演出家であるヨシさんの、役者たちを率いる考え方は、劇をより楽しくし、参加者たちが劇の中で成し遂げることをさらに盛り上げました。

-セツさんのワークショップは参加者たちの規律を助けました。

-参加者と芸術家、ファシリテーター、アルバイト、インターンの絆や結びつきは、時間を経るごとに強くなっていきました。

-私は、演劇における私の弱点を見つけました。おかげで、私は大きく改善することができたと言えます。

-私はたくさんの素敵なCGNスタッフに出会いました。

-CGNスタッフやSDSスタッフの関わり合うことができて良かったです。


b0128901_13325999.jpg

b0128901_13314521.jpg

●発表公演イベントについて

-舞台のデザインがパフォーマンスに影響していました。

-私はステージの飾り付けや照明に感謝しています。

-楽器演奏者は彼らの仕事をよくやってくれました。感謝しています。音楽は発表に命を与えてくれました。

-舞台上のセットのデザインがとてもよかった。

-音楽は演劇における良い要素でした。

-方言を使うことで、自分自身を表現することができました。

-曲のメロディーが素晴らしかった。

-たとえ100%ではなかったとしても、劇発表はとても良かった。全ての参加者たちが自身の役割を楽しんでいました。

-セットと照明はベストが尽くされていました。

-舞台の背景はとてもリアルでした。

-ほば全てのことに私はとても感謝しています。なぜなら、私たちの発表は成功し、人々にインスピレーションを与えることができたことに満足したからです。また私は、アチェの皆さんの温かい迎え入れに感謝しています。

-照明、小道具、セットデザインといった要素においては完璧でした。

-良いステージのデザインは発表に影響しました。

-セットやステージのデザインは、とてもよく準備されていました。

-音楽は演劇の素晴らしい要素でした。

-演劇で民族のことばを使うことは、役者にとってとても良いものでした。なぜなら、私たちは自由に考えを表現することができたからです。しかし、マニラやインドネシアからの観客たちは馴染みのない言葉なので、マイナス面でもありました。


b0128901_15392220.jpg

b0128901_15383380.jpg
●このプロジェクトについて

-他の人々と活動する、またとないチャンスを与えてもらった、特別なプロジェクトでした。

-他の人々の文化を学びました。

-他のCGNスタッフとの活動

-チームワークを高められたこと

-最高の環境で宿泊できたこと

-私たちは常にお腹いっぱいで幸せでした。

-良い宿泊施設

-素晴らしい環境と施設に宿泊できたこと

-外国を訪れたこと

-プロジェクトの目的は立派でした。

-様々な地域から参加者やスタッフが来てくださったことに感謝しています。そこには数多くの(文化の)違いがあったかもしれませんが、それは私たちの個人的なスキルを磨く第一歩です。

-インドネシアや日本の皆さんは、私たちの文化を尊重してくださいました。

-宿泊施設が良かった。

-美味しい料理

-他の場所に行ったこと

-このプロジェクトへの参加は、未来の私の強みとなりました。

-ご飯が美味しかった。


b0128901_15485738.jpg

~~~~~~


【悪かったこと】


●参加者たち(自分たち)について


-疲れたこと

-参加者たちが完璧主義者であろうとしたこと。

-低いプライド

-誤解が演技に影響しました。

-Facebookのせいで夜更かししてしまった。

-睡眠不足のせいで、参加者たちは疲れてしまった。

-時間管理の不足

-ワークショップが不十分

-参加者の規律が乱れていた。

-私たちはネガティブな反応することを避けられません!私は数人の参加者たちが、私に対して負の感情を抱いていたことに気づきました。ワークショップの中で、私は時々フランクに振舞っていましたし、他の人が悪い態度を取るなんて予想していませんでした。私はそのことでスケジュールと衝突したくありませんでした。彼らの態度や振る舞いにはがっかりしました。

-お互いの誤解

-ストーリーの変更によって、時々緊張してしまった。

-睡眠不足

-不十分な睡眠時間

-自己中心的な人たちの存在

-プライドが高すぎる人たち

-参加者とファシリテーターの間の誤解

-ストレス

-スタッフはなぜ私が直接指示してもらいたかったのかを知るべき。

-グループ間での誤解

-クレイジーだったこと

-睡眠不足、しかしこれは私の責任です。

-演出家と参加者たちとの間に衝突があったこと

-パフォーマンスの間、参加者の一部は演劇集中していませんでした。

-リハーサルで、数人の参加者たちが協力していなかった。

-規律

-時間の割り振り

-言葉の壁、コミュニケーションの難しさ

-数人が過剰に神経質だったり、受け身だったりした。

-私は少し反応が遅くて、自らの意見や考えを内にしまったままでした。私はフランクな性格ではありませんが、将来問題を避けるために、性格を変えたいと思います。

-一般に、規律が全てにおいて欠けていました。

-カヤン以外には指導が十分でなかったこと。バギオやマニラでも行なっていたら、完璧なものになっていたでしょう。

-参加者たちはワークショップの最初に何をするべきなのか指示を求めていた。それは当然なされるべきだった。

-時々、参加者たちは鈍感だった。

-参加者や演出家の誤解のせいで、時々練習がうまくいかなかったこと

-参加者は睡眠や夜の休憩時間の不足で、練習がうまくいかず、100%の力を出し切ることができなかった。

-時々、参加者と演出家の間にギャップがあり、先輩たちは落ち込んでいた。

-いつも劇の内容を変更していたこと

-お小遣いが足りなかった。

-お土産を買う時間が足りなかった

-参加者たちは役割や話し合いに関して意思疎通していなかった。

-参加者たちは感情を傷つけるような誤解に出くわしました。私は一度泣いてしまいました。

-ワークショップが始まってから、睡眠不足になりましたが、どうやら慣れたようです。そういうわけで、プログラムが終了した後も、私は夜遅くに寝ています。

-数人の参加者が批判的だったこと

-それぞれの活動が終了した後に、その振り返りがなかったこと。

-言語の壁

-エネルギッシュではなかったこと。私たちは完璧主義者であるには疲れすぎていました。

-人々の持つプライドが均等ではなかったこと。ここにいる誰もが誇りを持って生まれて来ましたが、特にそれぞれ役割について話している時、ぜひとも時にはプライドを調整してほしい、あるいは単に他人を理解しようと努めてほしいと思いました。

-リハーサルの間、参加者の数人が真面目に取り組んでおらず、違うことをしていました。

-不適切な時間管理

-言葉の壁(使っている言葉が違うので、インドネシアの人々とコミュニケーションを取るのが難しかった。通訳でさえも、正しく訳をしてくれないことがあった。)

-次にやるべきことについて、多くの誤解とコミュニケーションの失敗がありました。

-疲れ、睡眠不足、ストレス、そして複雑な気持ちが心地よく演技をするための大きな壁になりました。

-特に次の役割を知らせる際に、衣装を借りることが役立ちました。

-態度です。数人の参加者たちは他人の注意を引こうと自己中心的に振舞っていました。例えば、ワークショップの中で、ある参加者が、聞こえる声で話している他の参加者よりも大声で話していました。


b0128901_15502546.jpg

●スタッフ/ファシリテーター/指導内容について


-ファシリテイタ―からはっきりとした指示がなかった。

-計画の変更

-ワークショップの中のゲームが、リハーサルの時間を費やしすぎた。

-リハーサルは最初から最後までやり通すべきだと思いました。(場面を中断したり、繰り返したりするべきではない。)

-シアター・ゲームは時々、練習のワークショップの中で多くの時間を占めていました。

-ネガティブな側面として、私が気づき、気に入らなかったただ一つのことは、練習が始まる時間が遅いために、帰宅する時間が遅くなってしまったことです。そのために、私は寝る時間が遅くなってしまいました。

-練習やリハーサルで気づいたもう一つのことは、私たちは最初のシーンから最後のシーンまで通さなかったことです。そのために、私たちは時々場面の流れを忘れてしまいました。

-他にも、彼らは私たちが劇に参加する前、練習やワークショップに参加していませんでした。その後、彼らは突然叫び出したり、私たちに対して悪いことを言いました。また、その行動の意味や考えていたことについて教えてくれませんでした。

-英語、日本語、フィリピン語、アチェ語という4つの言語があり、誰一人すべての言葉を解するメンバーがおらず、言語の壁がありました。言葉の翻訳にとどまらず、考えを理解するの右往左往すことに、本当に時間を費やしました。

-時間不足についてのストレスです。バギオとマニラでの公演の完成度は、もう少し時間があればより良いものに仕上がってたかもしれないという苦い思いがあります。全ての参加者が、演劇やパフォーマンスに関して情熱を持っていました。しかし、シャイな参加者たちの演技は、マインドトレーニングやリラクゼーションを施す時間があれば、より自信に満ちたものになったと思います。

-参加者すべてが仲良くなり演劇を形作ることに多少時間がかかりました。もしかすると、ウォームアップを早めにやっておけば、もう少し早く物事が進んだかもしれません。

-プロジェクターの訳が少し複雑で、いくつかの台詞には触れられていませんでした。


b0128901_13303496.jpg
b0128901_12281333.jpg


【今後についてのアドバイス】


-継続性(他の人に改善のチャンスを与えるために)

-ワークショップを簡潔に

-技術計画についてもう少し時間を

-照明のリハーサルとカメラマン、参加者たちと一緒に、最終的な台本の議論が出来れば良いと思いました。

-スタッフとファシリテーターにうまく仕事が分配されるべきだった。

-もっと聞き込み調査を。技術スタッフに対して、ファシリテーターやそのアシスタントが多すぎた。

-ワークショップのコンセプトが不明瞭だった。

-発表はよりはっきりとするべき

-ファシリテーターは、明確に意思疎通を図るべき

-参加者間でディスカッションを行うべき

-協力し、お互いに心を開くことが必要

-どの活動おいても逐一振り返りをすること

-ダンスや歌などのワークショップをもっと取り入れるべき

-もっと伝統的な踊りや歌をワークショップに取り入れるべき

-参加者へルールや決まりを設定するべき

-このプロジェクトは、個人を啓蒙し、生きる意味を与えてくれます。私は評価されるような良い役者ではなかったかもしれませんが、演劇は私に学ぶ時間を与えてくれました。私は帰って来た時、違う人間になっていることでしょう。私は夢を自分の小さな手に握りしめたままにはしないでしょう。私を良い人間へと変えてくれて、ありがとうございました。

-より多くのワークショップの開催を

-時間管理の改善

-もっとワークショップを!ありがとう!

-ワークショップの目標が良かった。

-私たちの教育への経済的援助が必要

-練習や演技について、ファシリテイタ―から参加者への明確かつ迅速な指示を

-役者は、自分自身の感情を他の役者にぶつけたり吐き出したりせず、内に秘めておくべきです。多くの問題を引き起こす激しいぶつかり合いを避けるためです。

-ファシリテーターは、参加者が行う何の活動であれ、対象を述べるべきです。

-広範囲に渡るような指示は、最後の数分ではなく、ワークショップの早い部分で済ませておくべきだった。

-ファシリテーターや参加者は、少なくともなぜ台本や劇の一部を変更するのかを議論するべきだった。

-ファシリテーターは、少なくとも彼らの取り組みを参加者にわかりやすくしておくべきだった。

-ワークショップの前に、参加者のオリエンテーションを

-より多くのワークショップを

-将来、舞台と照明をより良くするために、演出家は参加者へのワークショップの中に、音楽とダンスを取り入れるべきである。

-演劇ワークショップや劇本番の後、より多くの学びと経験のために、もっと多くのワークショップを行ってほしい。

-もし私たちがこのプログラムをもう一度行えるのなら、日程を具体的かつ確実にすれば良いと思います。確実なスケジュールがなければ、劇を共にやっていく一方で、ミスコミュニケーションを引き起こしかねません。

-英語、日本語、アチェ語、そしてフィリピノ語を話せる人が間違いなく必要です。

-最初の二つのショー(バギオとマニラ)を作り上げるのに、もう少し長い時間が必要だった。

-劇のクオリティーは、全てのメンバーとより多くの議論や会議を重ねることで、良くなるだろう。

-全ての活動において、私たちが何を改善すべきかを知るために、活動における改善点を指摘したり評価したりすることを勧めます。

-お互いに関わりを持つべき

-練習と理解(口頭だけではなく、待っている際にも

-自己評価と全ての状況における調整


b0128901_12421519.jpg


b0128901_09074654.png

助成 Grant:

国際交流基金文化創造協働助成

The Japan Foundation Asia Center

Grant Program for Promotion of Cultural Collaboration





[PR]
by cordillera-green | 2017-11-23 10:52 | 環境教育

【振り返り①】環境問題をテーマとした演劇ワークショップ<アチェの参加者>

 コーディリエラ・グリーン・ネットワーク(CGN)は、「フィリピン、インドネシアの先住民族青少年を対象とした環境問題をテーマとした演劇ワークショップによる交流事業」(助成:日本国際交流基金アジアセンター)を実施した。

フィリピン人参加者のためのワークショップは、マウンテン州のタジャン、バギオ市、マカティ市、インドネシア・アチェ州で開催した。ワークショップの成果である演劇作品は、バギオ市のCAPセンター、マカティ市のTIUシアター、バンダ・ アチェのスルタン・セリム2世劇場で公演した。

 アチェの参加者たちは、鉱山開発のような環境問題に直面しているアチェ州ベサール地域のジャンタンとランパナ出身の高校生だった。フィリピンとアチェの参加者たちは、鉱山開発地域を訪れ、宗教指導者、政治指導者、鉱山会社の元従業員、鉱山によう環境破壊の影響を受けた農家などにインタビュー取材を行った。取材から得た情報から参加者たちは議論を重ね、日本人、フィリピン人、インドネシア人の演劇専門家や芸術家の協力のもと、小さな公演を行った。


□事業の活動報告はこちら➡
□コーディリエラの参加者の振り返りはこちら➡
□コーディリエラ参加者のテーマ「鉱山開発」についてのアンケート回答はこちら➡



b0128901_12454632.jpg
b0128901_12512070.jpg


以下はアチェの参加者による振り返りの記録である。

                                                     

【ワークショップ】

-ワークショップに参加したことで、新しいことを学んだり経験したりすることができ、私は幸せです。

-他の参加者と出会えて嬉しかったです。

-フィリピン人をはじめとした人々と出会い、一緒に活動することができて、私はとても幸せです。

-ワークショップでは、参加者たちと楽しむことができました。

-新たな経験を得て、見識を深めることができたので、私はとても興奮しています。

-幸せで、新鮮で心地よく、興奮しました。

-フィリピンの若者たちとまた演じたいです。

-劇を通じて、私は新たな友達と出会うことができ、とても幸せでした。また、私は新しいことも学びました。

-私はフィリピンの若者たちと出会うことができ、とても嬉しかったです。国や言葉が違えど、私たちは団結していました。

-初日、私たちは気まずかったり緊張したりしていましたが、数日間彼らと過ごすことで、まるで自分の家族のであるかのような幸せな日々を送ることができました。

-とても幸せな経験でした。

-この交流で彼らと過ごしている時、私は幸せな気分でした。私たちはコミュニケーションをとるのに苦労しましたが、私は他の参加者たちと友達になれたことを誇らしく思っています。

-初日、私は緊張と気まずさを感じていました。数日後、私は彼らを家族の一員だと思うようになりました。その時ついに、私の気まずい感情は消え去りました。

-緊張しましたが幸せでした。しかし、フィリピン人参加者たちは親切で、私たちの友達になりました。彼らは私たちが日頃大切にしている物事についても受け入れてくれました。

-彼らと出会い、話せたことは幸せでした。

-私たちは常に笑いが絶えず、幸せでした。私はもっと彼らと仲良くなりたいです。彼らと学ぶことが好きでした。



b0128901_12385297.jpg

b0128901_13005063.jpg
b0128901_13002025.jpg
b0128901_13160222.jpg
b0128901_12281333.jpg
パフォーマンス】

-私は友達を前にステージに立った時、幸せを感じました。しかし私は新しい人々(フィリピン人と日本人)に会うことに慣れていなかったので、少し緊張してしまいました。残念ながら、英語を通訳してくれる先生や大人が足りなかったので、時々私たちは何をすべきなのかわからないことがありました。

-他の参加者と時間を楽しみながら過ごすことができて、嬉しかったです。

-私は少し緊張しました。また、CGNとの活動に満足しています。

-この経験をすることができて、私はとても幸せです。まるで家族のようなフィリピン人たちと活動することができて、とても嬉しかったです。

-幸せと喜びを感じました。

-とても嬉しく、幸せでした。お互いを受け入れ合えたと感じました。

-このようなことは今まで成し遂げたことがなかったので、私は喜びを感じています。わずかに緊張しましたが、勇気があったと感じています。

-経験や知識を教えてくれるフィリピン人の友達と出会えたことで、私たちは大きな幸せを感じています。また私たちは、才能ある素晴らしい人々の前で、果敢に勇気を見せた自分自身たちを誇りに思っています。

-どことなく緊張しましたが、興奮しました。

-演じると同時に、幸せを感じていました。私は今まで一度も演劇に挑戦したことがなかったので、私が持つ全ての勇気を振り絞り、演技を伝えることができました。私は自分自身に対して喜びと誇りを実感しています。

-才能溢れる素晴らしいフィリピン人の友達と、どのように劇を演じるのか学ぶことができたので、幸せを感じています。

-喜びと驚きを感じました。

-フィリピンからの新しい友達と出会うことができて嬉しかったです。

-演劇を学んだことで私は賢くなれたので、とても嬉しいです。

-演劇によって、興奮したり幸せを感じたりしました。


b0128901_12262749.jpg

b0128901_13053084.jpg
【今後のワークショップへの期待・要望】


-次回はより良いものになりうるでしょう。私たちは演劇を学び続けたいです。

-将来のワークショップがより良いものになるよう願っています。

-私はさらなるワークショップが、より楽しく、たくさんのシアターゲームをしてくれることを期待しています。

-これまでのように、より良い意見の共有を期待しています。

-私の望みは、イベントがより楽しく驚きに満ちたものであることです。

-バリトック」のように、目標達成のための活動を楽しみにしています。

-楽しい活動を盛り込みながらの演劇制作を期待しています。

-私はフィリピン人参加者がまたここに戻ってきて、私たちとともにまた演劇を作り続けていくことを望んでいます。

-私は将来の活動がより良く、全ての参加者がもっと興奮できるものになることを望んでいます。そして、「バリトック」のようなパフォーマンスを作り上げたいと思います。

-私は、この活動を通じて、人々が他の参加者と関係を築いていくことを願っています。この活動は中止するべきではなく、未来まで運営していくべきものです。

-私は参加者たちが安全に帰宅することを願っています。また、このワークショップが全ての参加者にとって思い出に残る経験となることを望んでいます。

-過去よりもっとかっこいい活動を望みます。

-この活動に再び友達と携われること、そして参加者たちが良い関係を築けるよう願っています。

-私は、次のワークショップがいつも通り行われることを望んでいます。より楽しく、そしてこれまでで一番のワークショップにしてください。

-私はいつか他の参加者たちと再会できることを願っています。

-いつか私たちが再会し、再び知識を共有できる日を楽しみにしています。

-未来に再び参加者と会えることを望んでいます。

-彼らがアチェに戻ってきてくれることを願っています。


b0128901_13023486.jpg

*****

ワークショップ後のグループに分かれての振り返り


●グループ・サト<1>

イベントの間、多くの良かったことがありました。私たちは多くのことをフィリピンや日本から学びました。まるで新しい家族の一員になったかのように感じています。

私たちは、ワークショップはよりリラックスしたものであると良いと思いますし、休憩時間を取り入れるべきだと思います。

私たちに自信を与えてくださったフィリピンや日本のファシリテーターたちに感謝の気持ちを述べたいと思います。私たちは今、自分自身を信じることができています。


●グループ・ドゥア<2>

私たちに公演の機会を与えてくださった、SMPN 1 PEUKAN BADA(注:発表会をさせてくれた学校の名前)の皆様に、感謝の気持ちを述べたいと思います。私たちは3年生たちの活躍がとても嬉しかったです。観客の前で演技をする自信がつきました。

私たちは少ししか休憩時間がありませんでした。今、私たちは時間の大切さを実感しています。

フィリピンや日本からの参加者やスタッフと交流でき、とても嬉しかったです。お互いに意思疎通をはかるのが困難だったにも関わらず、彼らはとても優しくしてくれました。これまで知らなかったジャンタンやランパナについて知ることができたことも、嬉しかったです。


●グループ・ティガ<3>

他の人々と経験を共有することができて、私たちは幸せでした。より多くの意見を共有できたら、さらに良いものとなるでしょう。

私たちは睡眠時間が不足していましたが、それによって、スケジュールに適応することと時間に追いつくことの大切さを学びました。

私たちは、演劇の知識を教えてくれたフィリピンや日本のスタッフにとても感謝しています。私たちはこのプロジェクトを未来まで続けていくことを望んでいます。


●グループ・エンパット<4>

このワークショップは、私たちにたくさんの知識を与えてくれ、自信を築くための手助けをしてくれました。この活動で得たどんな成長も、私たちの将来にとって有益なものであったと確信しています。

ワークショップの間中、たくさんの恥じらいがありました。私たちは勇敢であろうと最善を尽くしましたが、私たちは緊張が勝ってしまい、自信不足に陥ってしまいました。私たちは、才能溢れる素晴らしいフィリピンの役者たちのようになりたいと思っています。

このワークショップによって、私たちは影響されました。私たちは、他のフィリピン人参加者たちと共に過ごすことができず、残念に思っています。私たちはフィリピン人参加者たちがアチェの料理を楽しんでくれたことを願っています。

b0128901_15563894.jpg


助成 Grant:

国際交流基金文化創造協働助成

The Japan Foundation Asia Center

Grant Program for Promotion of Cultural Collaboration

b0128901_09074654.png




[PR]
by cordillera-green | 2017-11-14 13:59 | 環境教育