Cordillera Green Network ブログ

cordillera.exblog.jp
ブログトップ

今年も台風被害

 おととしの台風ぺペン、昨年の台風フアンに続いて、今年も台風「ミナ」という名の台風が北ルソンを襲いました。
もうとっくに台風は台湾の北に抜けているはずなのにバギオはまだ雨が降り続けています。日本からCGNとの事業の視察に来てくださっていた神奈川のWE21ジャパンのメンバーの方々も、土砂崩れでハルセマ道が閉鎖されバギオから1時間もかからない事業地までたどり着けませんでした。

今回の台風のバギオでの最も大きな被害は、イリサンのゴム捨て場のゴミが崩れ、下方に位置するアシン・バランガイKM5になだれ込み、16軒の家が被害を受けたというものです。5名がな亡くなりました。
表向きはクリーン&グリーンなイメージで観光客を引き寄せてきたバギオが抱えてきた深刻なゴミ問題がこんな形で表に出てしまいました。
なお、このゴミ捨て場へのゴミの投棄は、住民の反対運動で3年ほど前からストップしています。今回崩れたゴミはそれ以前に投棄され放置されていたゴミということです。

崩れたゴミの様子は、バギオのジャーナリストの友人DAVEがフェイスブックにアップしています。
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.10150267077245518.330337.590525517


セッションロードでColor World というプリントショップを営む写真家のOMPONG TAN氏のフェイスブックでもゴミに埋もれたアシンの様子が紹介されています。
b0128901_1619811.jpg

http://www.facebook.com/media/set/?set=a.10150273080171596.332400.669741595

ハルセマはまたまたこんな具合だそうです。いやはや、、、19km地点です。
b0128901_1615176.jpg

photo by Ompong Tan(from Face Book)

予定されていた事業地視察や事業説明会もすべて延期となりました。
[PR]
by cordillera-green | 2011-08-31 16:27 | 緊急支援