Cordillera Green Network ブログ

cordillera.exblog.jp
ブログトップ

Ay Apo! Film Festival でCGN制作の作品上映されます

b0128901_1418436.jpg
 
 バギオの映像作家を育てようというAy Apo! Film Festivalは今年が3回目。でも今年はかなり気合が入っています。フェスティバル・ディレクターを務めるのは、マラヤ・コンポレドンド。フィリピン大学デリマン校映画コースを卒業したばかりでありながら、昨年の12th Cinemanila International Film Festival でヤングシネマ・ドキュメンタリー部門において、故郷サマールの宗教をテーマとした「 Ang Panagtagpo ng Akong mga Apohan」で見事、イスマール・ベルナール賞Ishmael Bernal Award を受賞した若き映像作家です。

 彼女のディレクションで、今年は本気で北ルソンを扱った自主制作映像などを集めて上映するプログラムも。また、NCCA(文化庁みたいなものです)が地方の映像作家を育てようと企画している地方在住の映像作家による映像フェスティバル「National Cinema Rehiyon Film Festival 2010」で上映された、ミンダナオ、ヴィサヤなど、フィリピンのそのほかの地域で制作された自主映像も上映します。

 またまた、これから映像制作を試みたい人、フィリピンの地方の映像文化に関心のある人のための講座「Master Calsses」も企画されています。講師には、フィリピンでは名の知られている映像関係者たち。
b0128901_14224666.jpg


 コーディリエラ・グリーン・ネットワーク(CGN)からは、2007年の世界環境デイに行った環境アートプロジェクトのドキュメンタリー「Where have all the monkeys gone?(サルはどこに行った?)」(Mabel Batong監督)が、12月4日4PMからNorthern+Central Luzon Panorama 部門で招待上映されます。日本、インドネシア、アメリカのアーティストが、森林破壊の進む「サル」という名の山岳地方の村で、子供たちと一緒にサルの土でお面を作り、野焼きしたコミュニティ・アート・プロジェクト。ぜひ、見に来てください。
b0128901_14324280.jpg


また、環境問題関係の映像を集めた「ECOFLICKS: The Environment in Film」部門では、

12月2日5PMからトリニダード在住の今泉光司監督の
For Living on the Planet Earth: The Natural Farming of Masanobu Fukuoka
(1998/60 mins)が上映されます。

また、4日の2時からのECOFLICKSでは、以下の2本のコーディリエラ地方の環境関係の映像を上映します。

世界遺産で知られるイフガオ州の棚田と棚田に住む人々をとらえたドキュメンタリー
「Mountains of Water:The terraces and traditions of the Ifugao」
by Fruto Corre

CGNも環境教育を行う団体として登場する
「We Dance to Whatever Music is Playing:THE NEED FOR ENVIRONMENTAL EDUCATION IN THE PHILIPPINES」by Sheryl Oteyza & Felipe Ruiz (オーストラリア)

 プログラムの詳細は、Facebookで逐次アップされています
https://www.facebook.com/groups/189300541146332/


 バギオに住んでいて、山岳地方やそのほかの地域を旅したことのない人もぜひ。知られざるフィリピンとコーディリエラが見られますよ。会場はおなじみセッションロードのLa Azoteaビル(Porta Vagaビルの向かいです。KFCのちょっと下)5階のコミュニティアートスペース「VOCAS」と4階の特設会場です。入場はすべて無料です!





 
[PR]
by cordillera-green | 2011-11-29 21:37 | 環境イベント