Cordillera Green Network ブログ

cordillera.exblog.jp
ブログトップ

ヴィンスのコロス集落農民をモティーフとしたコーヒーペインティング展示中!

b0128901_1752771.jpg

 CGNボランティアのヴィンス君は、フィリピン大学芸術学部の4年生。権威あるSHELL石油の学生会がコンペでの受賞などこの頃ツキまくっているヴィンスです。その彼が、卒業制作に選んだのが、コーヒーを淹れた後に不要になったコーヒー豆を使ったリサイクル・コーヒー・アートです。大型ショッピングモールSMに入っているSTARBACKSからタダでもらってきたコーヒーのかすから再度に出した液を絵具代わりに、かすそのものも画材に使って10枚のポートレイトを仕上げました。ポートレイトのモデルは、ヴィンスがCGNボランティアとして何度も足を運んでくれた、コロス集落のコーヒー農家の人たちです。
b0128901_1765781.jpg

↑いちばん右がヴィンス君です

 セッションロードのアートスペースで、3月3日に行われた卒業制作の批評会では、招待された外部からのアート関係者にもこの作品はたいへん好評。VOCASでキュレーターを担当するカトリン(キドラット・タヒミックの奥様)は、ヴィンスを含むUP芸術学部の学生たちの作品が予想以上の質の高さだと、展示を3月 日まで延長したそうです。ぜひぜひ足をお運びください。

b0128901_179230.jpg

↑こちらはやはりCGNのボランティア、Rochelleの作品。子供たちとのアートワークショップで作ったオブジェをつかっった布作品です。

b0128901_17122239.jpg

↑KizelもCGNボランティア。イフガオのお米の神様・ブルルをテーマとした作品です。

UPバギオ校芸術学部を今年卒業するのは14名。そのほかの学生さんの作品も展示されています。
b0128901_17153184.jpg

[PR]
by cordillera-green | 2012-03-11 17:16 | アート