Cordillera Green Network ブログ

cordillera.exblog.jp
ブログトップ

Kawwanan anan Batawa Eco Art Festival in Sabangan

Kawwan di Batawa
Eco Art Festival



Culminating Cordillera Green Network’s
Environmental Education Art Workshops
Sabangan, Mountain Province, Philippines




Venue:San Alfonso High School
Saint Joseph Catholic Mission Seminar Hall
Lagan Elementary School

Participants: The Community of Sabangan and its 11 participating schools
Data Elementary School
Lagan Elementary School
Namatec Elementary School
Sabangan Elementary School
Sabangan Central School
Pingad-Bao-Angan Elementary School
Data National High School
Pingad National High School
Sabangan National High School
Namatec National High School
San Alfonso High School
Lagan Day Care Center

Perticipating artists:
Kosei & Hoshiko Yamamoto(Japan)
Setsu Hanasaki(Japan)
Asao Shimura(Japan)
Jun Amanto(Japan)
Haruka Furusaka(Japan)
Asayo Yamamoto(Japan)
Chiyo Ogino(Japan)
Takafuki Fukasawa(Japan)
Nibuhiko Terasawa(Japan)
Meeko Koike(Japan)
Alma Quinto(Manila)
Waway Saway & Talaandig Indigenous artists (Bukidnon)
Romel Pidazo(Baguio)
Gilbert Gano(Baguio)
Rey Angelo Aurelio(Baguio)
Jason Domling(Baguio)
Rocky Cajigan(Baguio)
Vince Navarro(Baguio)
Carlo Villafuerta(Baguio)
Alex Tumapang(Baguio)
Dom-an Macagne(Sagada)
Binangi(Tadian)
Yasu(Japan) & Gelo(Baguio)
Gawani Domogo(Sagada)
Bong Sanchez(Sagada)
Tara Natividad(Baguio)
Ruel Bimuyag(Baguio)

Project Proponent:
Cordillera Green Network Inc.
14D General Lim St. Baguio City, Philippines
Tel: 074-423-0839 cordigreen@gmail.com

Corporation with:
Municipality of Sabangan
Dep Ed Sabangan District
San Alfonso Hsgh School
AX(is) Art Project
Ubbog Cordillera Young Writers Club

Grant: Japan Fund for Global Environment (JFGE)
Japan Foundation

b0128901_11344958.jpg

Mount Kalawitan’s peak graciously sits like a scarf on a dancing woman’s head. Its sides are curved and creviced and its foot touches the rice fields and the waters of Chico River. A watershed, the mountain seeps on many sides. Springs that form small waterfalls travel through natural canals all the way to the river. These springs are formed from the gathering of water that trickle into pool pockets.

The Cordillera peoples drink from these small pool pockets that are respected, cared for and kept unpolluted – an ecological consciousness that is rooted in the community watershed of indigenous knowledge, systems and practices. Caring for the environment and ecological balance or kawwan di batawa in the Kankana-ey language, is a deep set concept that is not separate from the beliefs of a person such as constitutional laws are instituted by governments and separate from the individual.

Kawwan di Batawa is the name for Cordillera Green Network’s Sabangan Eco Art Festival, co-organized with the District Office of the Department of Education and the Sabangan Local Government. The festival is the culmination of months of environmental education through art workshops in eleven schools in the different barangays of Sabangan.

The site of the communities in Sabangan, right at the foot of Mount Kalawitan, made it an easy choice for CGN to concentrate its project there. As an organization that finds its history in a little more than a decade of forestry and sustainability projects in the Cordilleras, it has also maintained its focus on children and the arts. Outputs from each of the workshops will be exhibited or performed during the festival.

Soil paintings, prints on handmade paper, pencil work, fabric art, junk art and sculptures made of stone, clay, and driftwood will be exhibited during the festival. Along with the exhibitions will be theater, contemporary dance, and bamboo music performances. Walk-in art workshops, an eco-concert, and a film exhibition of the school workshops will also be included.

The workshops held in the 11 participating schools include a contemporary dance workshop with Kabuku-mai theater dancer Jun Amanto assisted by theater actor and director Rey Angelo Aurelio; a tula dula workshop with theater actor and director Setsu Hanasaki assisted by writer and foodie Gawani Domogo; theater and music workshops with theater actor and director Rey Angelo Aurelio assisted by Cordilleran music and dance teacher Jason Domling; a fabric art workshop with visual artist Alma Quinto assisted by visual artist Carlo Villafuerte; a clay art workshop at Data Elementary school with installation and ceramic artist Asayo Yamamoto assisted by visual artist Bong Sanchez; a paper-making workshop using natural fibers with printmaker Asao Shimura assisted by visual artist Vincent Navarro; a soil painting workshop with visual artist and musician Datu Waway Linsahay Saway assisted by visual artist and musician Raul Bendit; a stone and driftwood art workshop with stone sculpture artist Gilbert Gano; a junk and found art workshop with Rommel Pidazo; a woodblock and camote printing workshop using soil as ink with print artist Haruka Furusaka assisted by visual artist Vincent Navarro; an art on paper workshop with visual artist Nobuhiko Terasawa assisted by art practitioner Rocky Cajigan; a bamboo flute making and traditional Cordilleran bamboo music workshop with artists Kosei & Hoshiko Yamamoto assisted by Cordilleran music and dance teacher Alex Tumapang, and; a contemporary dance theater workshop with artist Chiyo Ogino.

Cordillera Green Network’s environmental education project utilizes the arts as the prime educational medium. This has been a critical stimulus in trying to educate children towards connecting themselves with the environment and understanding their mutual responsibilities to it – a relatively simple community-based concept that has been made complex by a global society that studies the world according to obscure methods and sciences. Through art, understanding ecology becomes a simple concern that can be creatively resolved within the small arms of a thoughtful child.

The role of the workshops is mainly to reinforce the concept of kawwan di batawa. Through the different media in the arts that have been used in these workshops, the children of Sabangan were made to understand creatively the immediate concern of being ecologically balanced and can therefore come up with creative means in reconnecting with the environment.

Kawwan di Batawa celebrates this reconnection with the children and the whole community of Sabangan including guests from the AX(iS) Art Project that will be held along the Halsema Highway right before the festival.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(翻訳 translation)

カラウィタン山の山頂は、踊っている女性の頭にかかったスカーフのように優雅にそびえたっている。その側面は曲線と狭い割れ目を描き、山際は水田とチコ川の水に触れている。カラウィタン山のいたるところから、水が溢れ出ている。泉は小さな滝をつくり、その水は自然の水路を通って、はるばると川へ流れていく。これらの泉は、水たまりの窪みに滴り落ちた水が集まってできる。
コーディリエラの人々は、これら小さな水たまりの水を飲んでいるが、彼らはその水たまりに敬意を払って大切にし、汚れないように守ってきた。これは、コミュニティの水源林についての土着の知識や秩序、習慣に根づいた環境保護意識である。環境や生態系のバランスに配慮すること(カンカナイ語でカワン・ディ・バタワ)は、深く組み込まれた概念であり、憲法が政府によって制定され、個人から切り離されているように、個人の信心から分けられるものではない。

「カワン・ディ・バタワ」は、サバンガンでCGNが主催し、教育省地方事務所とサバンガン地方自治体が共催するエコ・アート・フェスティバルの名称である。このフェスティバルは、サバンガンの様々なバランガイ(村)にある11校で行われたアートワークショップを通した環境教育の何ヶ月にもわたる成果の集大成である。

 サバガンのコミュニティがカラウィタン山のすぐ麓という立地にあるため、CGNはこの場所に事業を集約することを容易に決めた。コーディリエラ地方で10年以上、森林関係や持続可能な開発事業を行ってきた団体として、CGNは子どもとアートの分野にも焦点を当てて活動してきた。フェスティバルでは、各ワークショップの成果が展示または発表される。
 ソイル(土)ペインティング、手漉き紙の版画、鉛筆アート、布を使ったアート、ゴミを使ったアート、石や粘土、流木の造形などが展示される。展示と同時に、演劇、現代舞踏、竹楽器の演奏パフォーマンスの発表もある。また、飛び込み参加型のアートワークショップ、エコ・コンサート、学校でのワークショップの映像上映なども予定している。

 11校で実施された(またこれから実施する)ワークショップは次の通りである。

1) 傾舞(かぶくまい)の現代舞踊ワークショップ:Jun Amanto氏(舞踊家)とアシスタントのRey Angelo Aurelio氏(役者、演劇監督)

2)トゥラ・ドゥラ(詩)・ワークショップ:花崎攝氏(俳優、舞台演出家)とアシスタントのGawani Domogo氏(ライター、食の専門家)

3)音楽と演劇ワークショップ:Rey Angelo Aurelio氏(俳優、舞台演出家)とアシスタントのJason Domling(コーディリエラ音楽とダンスの教師)

4)布を使ったアートワークショップ:Alma Quinto氏(ビジュアルアーティスト)とアシスタントのCarlo Villafuerte氏(ビジュアルアーティスト)

5)粘土を使ったアートワークショップ:山本麻世氏(インスタレーション・セラミックアーティスト)とアシスタントのBong Sanchez氏(ビジュアルアーティスト)

6)天然繊維を使った紙漉きワークショップ:志村朝夫氏(手漉き紙&豆本作家)とVincent Nabarro氏(ビジュアルアーティスト)

7)ソイル(土)ペインティング・ワークショップ:Datu Waway Linsahay Saway氏(アーティスト・ミュージシャン)とアシスタントのRaul Bendit氏(ビジュアルアーティスト・ミュージシャン)

8)石と流木を使ったアートワークショップ:Gilbert Gano氏(石の彫刻アーティスト)

9)ゴミと拾ったものを使ったアートワークショップ:Rommel Pidazo氏

10)土をインクとして使った版木とサツマイモの版画ワークショップ:ふるさかはるか氏(版画アーティスト)とアシスタントのVincent Nabarro(ビジュアルアーティスト)

11)紙を用いたアートワークショップ:寺澤伸彦氏(ビジュアルアーティスト)とアシスタントのRocky Cajigan氏(アーティスト)

12)竹笛作りとコーディリエラの伝統的な竹楽器音楽のワークショップ:山本公成氏(音楽家)、山本星子氏(音楽家)、Alex Tumapang(コーディリエラ音楽とダンスの教師)

13)コンテンポラリーダンス・ワークショップ:荻野ちよ(アーティスト)

 CGNの環境教育プロジェクトはアートをおもな教育手段として用いている。この手法が、子どもたちが環境を自分たちと結びつけ、環境に対する相互責任を理解するための教育において必要不可欠な刺激となっている。これらは、コミュニティに根ざした比較的シンプルな概念であるが、曖昧な方法や科学に基づいて世界をみるグローバル化した社会によって、複雑化されている。アートを用いることによって、生態系を理解することは、思想豊かな子どもの小さな腕の中で創造的に解決できる、シンプルな事柄になる。

 ワークショップの役割は、おもに「カワン・ディ・バタワ(環境への思いやり)」の概念を強化することである。ワークショップで用いられるアートの様々な媒体を通して、サバンガンの子どもたちは生態系のバランスについての直近の問題を創造的に理解し、環境とのつながりを取り戻す独創的な手段を考えつくようになる。

 カワン・ディ・バタワは、子どもたちやサバンガンのコミュニティ全体、そしてフェスティバル直前にハルセマ・ハイウェイ沿いで開催されるAX(iS) アートプロジェクトのゲストたちと共に、環境との関係再生を祝うイベントとなる。

(訳:中村朱里)
b0128901_1261659.jpg

[PR]
by cordillera-green | 2012-10-27 11:28 | 環境イベント