Cordillera Green Network ブログ

cordillera.exblog.jp
ブログトップ

Kawwanan nan Batawa エコ・アート・フェスティバル 作品展示会場はこんな風になりました。

ビジュアル・アートを活用したワークショップの展示は、セント・ジョセフ・カソリック教会の地下にあるセミナー・ホールで行いました。8月にハギレ布を使ったタペストリー作りのワークショップをファシリテイトしてくれたアルマ・キントさんがわざわざマニラから展示のために来てくれ、他のワークショップの作品も含めて全体のキュレーションを担当してくれました。 
b0128901_1354280.jpg

アルマもソイルペインティングに挑戦。
b0128901_1322289.jpg


看板もソイルペインティングで書いてくれました
b0128901_13104095.jpg


アルマの指導の下ボランティアのアーティスト達と会場の展示を行いました。
b0128901_1226568.jpg


野焼きで焼きあがったばかりの山本公成さん指導の粘土の笛「クレイドロップ」
いちばん人気です。
b0128901_12304456.jpg

b0128901_13145388.jpg



ふるさかはるかさんがファシリテイトした版画の折本の作品は、だれでも手に取ってみられるように図書館をイメージしたディスプレイ。
b0128901_12361036.jpg

b0128901_12413579.jpg


寺澤伸彦さんとロッキー・カヒガンが指導したライン・イリューションの作品。並べて展示したら虹のようにきれい
b0128901_12391298.jpg


ロメル・ピダソが子どもたちと作った村のゴミを拾って歩いて、そのお菓子の袋で作った大きな絵。
ロメルはオープニング直前まで最後まで仕上げを一人でしていました。
b0128901_12491110.jpg

b0128901_12571167.jpg


ナマテック小学校の生徒のソイル・ペインティング
b0128901_12524386.jpg


ラガン小学校での自分で漉いた紙を使ったイモ版画ワークショップの作品は、カーテンみたいに窓に展示しました。光が透けて見えて素敵です。
b0128901_13123864.jpg


はじめて自分の作品が展示された子供たち。とっても誇らしげでした。
きっとアートが大好きになったことでしょう。

(反町眞理子)
[PR]
by cordillera-green | 2012-12-15 13:15 | 環境イベント