Cordillera Green Network ブログ

cordillera.exblog.jp
ブログトップ

CGNの植林ツアー今年第一弾はHELP英語学校クラーク校の皆さんと実施しました!

フィリピン国内ニュースによるとフィリピンはついに雨季入りしました。ということは植林の季節です! 移植した苗木の根がつくには水が必要なため、実は植林作業は季節労働。バギオ周辺では6月1週目~10月週目の雨季に集中して移植しています。
 1年を通しての植林事業では、その他の時期は苗木作り、堆肥作り、植樹のための整地、穴掘り、植樹後の草取り、山火事を防ぐための防火帯作りなどの苗木のメンテナンスを行っています。雨が降り始めると田んぼの仕事も忙しくなり、農家の方たちは山に畑に田んぼにと多忙な日々が始まります。そこで、森林ボランティアの手が必要になってくるわけです。
b0128901_1655070.jpg

 今年もCGNは、在比の英語学校で学ぶ生徒さんなどを対象に、植林体験ツアーを企画しています。マニラやバギオとはまったく違う先住民族が暮らす山の村の暮らしを経験するいい機会になるとともに、学んだ英語を実際に使って村の人と交流するまたとないチャンスです。また、世界の人が手を取り合って取り組んでいく必要のある環境問題を学ぶきっかけにもなります。そして1本でも多くの苗木を自分の手で植えて地球に貢献!できます。

 CGNでは一般公募の植林体験ツアーのほかにも、フィリピン国内の英語学校さん、日本の大学生グループなどと提携してオリジナルのスタディツアーを企画していますので、ぜひご相談ください。

b0128901_16134866.jpg

 以下の日程はHELP英語学校クラーク校の生徒さんと実施した2泊3日のツアーの日程例です。CGNが神奈川のNPO法人WE21ジャパンとコーヒーを中心としたアグロフォレストリー(森林農法)事業を行っているベンゲット州トゥブライ町コロス集落で植林などを行いました。

<日程>

1日目(金曜)

21:00 クラークよりバギオへ出発(レンタカー)
夜中1時くらい着。
ゲストハウスTALA宿泊

2日目(土曜)

07:00 オーガニック野菜を使った朝食(洋食)
08:30 TALA出発
09:15 サント・ニーニョ鉱山跡地(トイレ休憩)
10:00 コロス集落到着-自己紹介、オリエンテーション後、グループに分かれて植林
12:00 昼食(山岳地方の伝統料理ピヌピカン)
15:00 農家の方へインタビュー
16:00 コーヒーブレイク、コロス出発
17:00 TALA到着、シャワー
17:30 振り返り〜(以降自由行動)

3日目(日曜)

08:00 オーガニック野菜を使った朝食(フィリピン料理)
朝食後解散(自由行動)
16:00 ゲストハウスTALAからクラークへ出発

ツアーの様子はHELP英語学校のブログにも紹介されています!
b0128901_16162916.jpg

~~~~~~~~

HELPクラーク校の皆さんにはアンケートにご協力いただきました。たいへんよい経験をしていただいたようでスタッフ一同感動しています。以下、アンケートの内容をご紹介させていただきます。

【学んだこと】
・大風、水不足や政府による森林伐採禁止が深刻な問題。でもコロスの人々は工夫していてすごい。 
・限られたお金と資源の中で、日々工夫しながらよりよくなるよう農業をされていることをお話を伺う中で知れた。
・1日の体験ではこの問題を知ることはできても実感は難しいと思います
・山の先住民族だけでなく、フィリピン(もしくは他の途上国)全体の問題として取り組まなければならない問題であると知れたのは本当に良かったと思いました。
・本当にたくさんのことを知ることができました。もっと英語が喋れたら地元の方ともっとコミュニケーションがとれたのでより多くのことを聞けたかなと思います。
b0128901_16171275.jpg


【英語を使ったコミュニケーションについて】
・現地の人と英語で話せて良い体験だった。
・ほとんど出来なかった。それは自分の英語力の問題です。
・難しい質問をする英語力が自分になかったから。しかしもっと勉強しようという刺激がもらえた。
・もっと話せたら、もっと良かったかもしれませんが、その人たちの笑顔の素晴らしさは十分伝わりました。
・全ては自分の英語力不足が原因ですが、CGNスタッフ、農家の方のお話について理解することができたのが、唯一の救いです。
・あまりできませんでした。自分がまだ英語を話せないため。色々聞きたいお話はありましたが・・・。
・ほとんどしゃべることができなかったのでもっと積極的にコミュニケーションをとればよかったなと思いました。
b0128901_16181284.jpg


【コーヒーの植林について】
・コーヒー作りのプロセスの一端に携われて、普段知らなかったことを見れて良かった。
・全部良かったです!!でも特に苗木植林は初めての経験で、急な斜面で作業をし、どれだけの体力がいるか、そして自分の飲んでいるコーヒーがこんなに手間隙かけて作られているという事実を知れて、これからコーヒーを飲むときに思いうかべられることが嬉しいです。
・どんな植物があり、どの様に育て、環境はどうなのか等いろいろ自分の目で見て、足で歩き体で体験できた、そのうえ自分もその一部を植える事ができて、本当に貴重な時間をすごせました。
b0128901_16184599.jpg


【アグロフォレストリー農園視察と農家の方へのインタビューについて】
・現地の人々の生きる知恵を直接学べて良かった(木酢とか)。
・昔、森の中で遊んでいた頃のことを思い出して楽しかったから。
・全てが興味深く印象に残る出来事ですが、特にインタヴューと農園視察については、参加して心から良かったと思えました。集落の人々のおもてなしと人柄は、一生忘れません。
・農園視察で本当にたくさんの事実を知ることができ、インタヴューで彼らの思いを知れたことが本当によかった。今回のプログラムはとても充実していて本当に楽しめました。
・全部が素敵な体験でしたが、ここでしかできないこの3つの体験は貴重でした。(コーヒーの苗木植林、フェリーさんのアグロフォレストリー農園視察、インタヴュー)
・現地の人々の価値観や雰囲気を感じることができた。彼らはとても良い人たちだと思った。 ・一つの質問に一生懸命こたえてくださって嬉しかったです。外からボランティアとして人が訪れることに対してどう思っているのかをきけて良かったです。
・全てが興味深く印象に残る出来事ですが、特にインタヴューと農園視察については、参加して心から良かったと思えました。集落の人々のおもてなしと人柄は、一生忘れません。
・農園視察で本当にたくさんの事実を知ることができ、インタヴューで彼らの思いを知れたことが本当によかった。今回のプログラムはとても充実していて本当に楽しめました。
b0128901_16193170.jpg


【その他の感想】
・お疲れさまでした!CGNとTALAスタッフの方にはツアーを円滑に進めて下さり、感謝しています。現地の温かい心に触れて、とても癒されました。自分もいつかこの恩返しをしたいです。とても良い体験でした!
・初めての国際ボランティアがこの植林ツアーでとてもよかったです。今度はもっと多くの植林をしたいと思いました。ありがとうございました。
・日本との文化の違いを感じながらフィリピンで生活をしていますが、こちらに来て、今までで一番充実した時間を過ごせた体験でした。ボランティアに参加する機会はほとんど無かったんですが、これを機にいろいろなことへチャレンジしたいと思います。本当に良くして下さってありがとうございました!感想うまく話せずごめんなさい。
・参加して良かったです。今回の経験を今後の人生に生かしたいと思います。
・今回このツアーに参加することができてとても良かったです。ほんの一部しか見れていないんだろうけど興味をもつきっかけになりました。ありがとうございました。
・締切直前まで参加するか否かを悩みましたが、参加を決めて本当に良かったです。自分をほめてあげたい。
・思った以上に充実した時間をすごすことができました。まだまだ知らない世界がたくさんあってまずは知ることからそして何か役立てることがあれは一つでもそれに挑戦していきたいと思いました。私たちは本当に恵まれていて、その感謝の気持ちを忘れずに日々過ごしていこうと改めて思えるツアーになりました。ありがとうございました。
b0128901_16212770.jpg


HELP英語学校のクラーク校のみなさんとの植林プログラムの写真は以下のリンクのCGNのWEBアルバムにあります。
https://plus.google.com/photos/101439197484450138832/albums/5887845750615073265?authkey=CKKQ9Nq32sWySQ
[PR]
by cordillera-green | 2013-06-14 11:10 | 植林/アグロフォレストリー