Cordillera Green Network ブログ

cordillera.exblog.jp
ブログトップ

【振り返り②】環境問題をテーマとした演劇ワークショップ<コーディリエラの参加者>

 2017年7-8月にコーディリエラ・グリーン・ネットワーク(CGN)が国際交流基金アジアセンター文化創造協働助成のサポートを受けて実施した「フィリピン、インドネシアの先住民族青少年を対象とした環境問題をテーマとした演劇ワークショップによる交流事業」の、フィリピン側参加者の振り返りの記録です。
 フィリピン側の参加者は、マウンテン州のカンカナイ族の10代後半の大学で学ぶ学生を中心に、その他の山岳地方の先住民族の大学生たちで構成されています。同じ山岳地方であっても民族も言葉もアイデンティティも明らかに違い、彼ら自身の中でもお互いを理解するのに時間と労力を要したことがうかがえます。また、ファシリテイタ―、スタッフは日本とフィリピンの混成チームで、そこでも誤解や葛藤がありました。
 それらさまざまな障壁を乗り越え、誰一人脱落者や体調を崩すものなく、学びあいながら全3週間の旅を終えることができたことを、主催者としてうれしく思います。苦労して作り上げた演劇作品がどのようなものであったかよりも、参加者はもちろん、ファシリテイタ―やスタッフが、この事業を通して、多くの仲間と出会い、さまざまな問題を乗り越えて、視野を広げ、人間として少しでも成長してくれたことが何よりの成果であったと思います。

 振り返りでは、グループに分かれ、良かった面と同時に悪かった点、改善すべき点もあげてもらいました。
参加者間には主催者側に目の届かないところでさまざまな葛藤があったことがうかがい知れ、事業を運営する側にとっても反省すべき点が明らかになりました。真摯に受け止め、今後のプログラムに活かしてい行きたいと思います。

□事業の活動報告はこちら➡
□アチェの参加者の振り返りはこちら➡
□コーディリエラ参加者のテーマ「鉱山開発」についてのアンケート回答はこちら➡

b0128901_13174032.jpg
【良かったこと】


●参加者たち(自分たち)について

-チームワーク

-共に活動する心地よさ

-新しい友達

-短所の発見

-あがり症の改善

-自分自身のパフォーマンスの上達

-演劇に参加し、外国へ行く機会を得たこと

-アチェの皆さんが温かく迎えてくださったこと

-演劇への情熱

-家族の一員になれたことに感謝しています。ワークショップを通じて、新しい友達に出会えました。私たちはお互いに指導しあい、楽しみました。参加者一人一人がいなければ、今回の旅は無意味なものだったでしょう。

-私たちはずいぶん上達したと思います。

-私たちは公演を成功させました。

-新しい友達やファシリテーターに出会い、新しい経験と知り合いに出会えたこと

-自信を得て、あがり症を克服し、長所と短所を発見したこと

-知識を得て、他の文化や伝統を理解したこと

-良い仲間づきあい

-役者たちの協力

-新しい友達との出会い

-ステージ上でどう演じるかという新しい挑戦

-長所と短所の発見

-舞台は素晴らしかったです。ある参加者たちは心を開いて私に話しかけてくれ、それからお互いに第一印象を感じることができました。彼らは最初、私のことをお高くとまったやなやつだと思ったと言いましたが、その後お互いを知り、分かり合えました。でも、こういうネガティブな態度もときに存在していたことは確かだと思います。

-私たちはワークショップの間、多くのことを学びました。

-異なる舞台で演じ、より多くの経験を得ました。

-私たちは演劇について多くのことを知りました。

-カヤンでの滞在は最高でした。美味しい食べ物に満足しました。

-演劇ワークショップに参加して、私はたくさんの良いことに気づいたり、それを経験したりしました。例えば、舞台に対する誇りを、より強いものにすることができました。

-新しい仲間たちとの良いつながり

-パフォーマンスにおける演技の上達

-私は他者からの提案を受け入れ、快く改善していきました。

-私はベストを尽くし、公演のたびに上達し続けたと思います。

-ファシリテーターやスタッフは本当によく参加者を気遣ってくれました。

-練習や劇中の指示がとても良かったです。

-このワークショップへの参加は、私の初めての海外渡航になりました。

-このワークショップでは、チームワークと規律をより良いものにすることができました。

-この演劇に参加することができて、私はとても幸せでした。日常生活で使える多くのことを学ぶことができたからです。私は異なる地域の新しい人々と出会うことができたことにも感謝しています。

-参加者の間で特に言い争いがなかったこと。参加者全員が素晴らしいチームワークを通じて、劇に貢献したこと。

-誰かが、参加者グループを導いてくれたことが良かったです。他の参加者よりもやや年上のメンバーが、チームの団結を助けてくれました。

-全ての参加者が演劇やパフォーマンスに対して情熱を持っていたこと。アチェの観客たちは英語を話さないので言葉の壁はありましたが、それにも関わらずアチェでの公演を成功させられたのは、各々が持っていた情熱があったからです。

-新しい友達に出会えたこと

-新しい友達から、これまで気づかなかった私の欠点(悪い態度)を指摘されました。例えば、時々私は口を尖らせることがあり、彼らは私が何か不満を感じているのではないかと思ったそうです。また、彼らは私が気取っていると言いました。

-パフォーマンスに関しては、全員が上達していました。

-これは私に自分自身を表現したり、恐れを克服するためのチャンスを与えてくれました。私が演劇に参加した時、私はそれが自分自身を見ることのできる唯一の場所であることに気づきました。

-他の人々に出会い、様々な文化を共有したことは、未来への私の知識となるような新しい学びであり、とてもありがたいものでした。

-自信以上のものを得ました。

-セットのデザインが気に入りました。

-新しいことを学びました。

-一緒に過ごした時間はとても短かったけれど、私たちは良い関係を築けたと思います。私たちはお互いを兄弟や姉妹のように感じています。スタッフでさえも、私たちは姉妹や兄、叔父のように接していました。

-地域の文化や伝統について、新しい知識や理解を得ました。

-一生忘れないであろう素晴らしい経験の一つでした。

-カヤンでのワークショップや練習の間、お互い初めての出会いだったので、私たちはとても楽しんでいました。そして、これからの公演にわくわくしていました。

-バギオでのワークショップやリハーサルは、みんな楽しんでいました。私たちが挑戦しつづけていたパフォーマンスを、ついに作り上げることができたからです。本番ももちろん楽しみました。

-劇の間、私たちはお互いに助け合い、作品をより良いものにしました。

-たくさんありますが、忘れてしまいました。


b0128901_13385316.jpg

b0128901_13374033.jpg


●スタッフ/ファシリテーターたち/指導内容について


-参加者たちが楽しめたこと

-美味しいご飯

-CGNの参加者への気遣い

-スタッフ、SDS、他のメンバーの絆

-私はファシリテーターやスタッフたちと楽しむことができました。

-私たちは素晴らしい第二の両親を得ました。ありがとうございました。

-全てのファシリテーター、コーディネーター、監督たち、そして私たちの陰で支えてくださった全ての人々に感謝しています。

-私たちのために食事を作ってくださってありがとうございます。

-陰で支えてくれたスタッフたちは、まるでロッキー兄さんをはじめ才能や技術が豊かで尊敬しています。彼らと出会い、共に活動できて幸せでした。

-イベント主催者たちは、食事などといった私たちの必需品を確実に用意してくださいました。

-コーディネーターたちは、私たちをよく受け入れてくれました。

-私たちの演出家であるヨシさんの、役者たちを率いる考え方は、劇をより楽しくし、参加者たちが劇の中で成し遂げることをさらに盛り上げました。

-セツさんのワークショップは参加者たちの規律を助けました。

-参加者と芸術家、ファシリテーター、アルバイト、インターンの絆や結びつきは、時間を経るごとに強くなっていきました。

-私は、演劇における私の弱点を見つけました。おかげで、私は大きく改善することができたと言えます。

-私はたくさんの素敵なCGNスタッフに出会いました。

-CGNスタッフやSDSスタッフの関わり合うことができて良かったです。


b0128901_13325999.jpg

b0128901_13314521.jpg

●発表公演イベントについて

-舞台のデザインがパフォーマンスに影響していました。

-私はステージの飾り付けや照明に感謝しています。

-楽器演奏者は彼らの仕事をよくやってくれました。感謝しています。音楽は発表に命を与えてくれました。

-舞台上のセットのデザインがとてもよかった。

-音楽は演劇における良い要素でした。

-方言を使うことで、自分自身を表現することができました。

-曲のメロディーが素晴らしかった。

-たとえ100%ではなかったとしても、劇発表はとても良かった。全ての参加者たちが自身の役割を楽しんでいました。

-セットと照明はベストが尽くされていました。

-舞台の背景はとてもリアルでした。

-ほば全てのことに私はとても感謝しています。なぜなら、私たちの発表は成功し、人々にインスピレーションを与えることができたことに満足したからです。また私は、アチェの皆さんの温かい迎え入れに感謝しています。

-照明、小道具、セットデザインといった要素においては完璧でした。

-良いステージのデザインは発表に影響しました。

-セットやステージのデザインは、とてもよく準備されていました。

-音楽は演劇の素晴らしい要素でした。

-演劇で民族のことばを使うことは、役者にとってとても良いものでした。なぜなら、私たちは自由に考えを表現することができたからです。しかし、マニラやインドネシアからの観客たちは馴染みのない言葉なので、マイナス面でもありました。


b0128901_15392220.jpg

b0128901_15383380.jpg
●このプロジェクトについて

-他の人々と活動する、またとないチャンスを与えてもらった、特別なプロジェクトでした。

-他の人々の文化を学びました。

-他のCGNスタッフとの活動

-チームワークを高められたこと

-最高の環境で宿泊できたこと

-私たちは常にお腹いっぱいで幸せでした。

-良い宿泊施設

-素晴らしい環境と施設に宿泊できたこと

-外国を訪れたこと

-プロジェクトの目的は立派でした。

-様々な地域から参加者やスタッフが来てくださったことに感謝しています。そこには数多くの(文化の)違いがあったかもしれませんが、それは私たちの個人的なスキルを磨く第一歩です。

-インドネシアや日本の皆さんは、私たちの文化を尊重してくださいました。

-宿泊施設が良かった。

-美味しい料理

-他の場所に行ったこと

-このプロジェクトへの参加は、未来の私の強みとなりました。

-ご飯が美味しかった。


b0128901_15485738.jpg

~~~~~~


【悪かったこと】


●参加者たち(自分たち)について


-疲れたこと

-参加者たちが完璧主義者であろうとしたこと。

-低いプライド

-誤解が演技に影響しました。

-Facebookのせいで夜更かししてしまった。

-睡眠不足のせいで、参加者たちは疲れてしまった。

-時間管理の不足

-ワークショップが不十分

-参加者の規律が乱れていた。

-私たちはネガティブな反応することを避けられません!私は数人の参加者たちが、私に対して負の感情を抱いていたことに気づきました。ワークショップの中で、私は時々フランクに振舞っていましたし、他の人が悪い態度を取るなんて予想していませんでした。私はそのことでスケジュールと衝突したくありませんでした。彼らの態度や振る舞いにはがっかりしました。

-お互いの誤解

-ストーリーの変更によって、時々緊張してしまった。

-睡眠不足

-不十分な睡眠時間

-自己中心的な人たちの存在

-プライドが高すぎる人たち

-参加者とファシリテーターの間の誤解

-ストレス

-スタッフはなぜ私が直接指示してもらいたかったのかを知るべき。

-グループ間での誤解

-クレイジーだったこと

-睡眠不足、しかしこれは私の責任です。

-演出家と参加者たちとの間に衝突があったこと

-パフォーマンスの間、参加者の一部は演劇集中していませんでした。

-リハーサルで、数人の参加者たちが協力していなかった。

-規律

-時間の割り振り

-言葉の壁、コミュニケーションの難しさ

-数人が過剰に神経質だったり、受け身だったりした。

-私は少し反応が遅くて、自らの意見や考えを内にしまったままでした。私はフランクな性格ではありませんが、将来問題を避けるために、性格を変えたいと思います。

-一般に、規律が全てにおいて欠けていました。

-カヤン以外には指導が十分でなかったこと。バギオやマニラでも行なっていたら、完璧なものになっていたでしょう。

-参加者たちはワークショップの最初に何をするべきなのか指示を求めていた。それは当然なされるべきだった。

-時々、参加者たちは鈍感だった。

-参加者や演出家の誤解のせいで、時々練習がうまくいかなかったこと

-参加者は睡眠や夜の休憩時間の不足で、練習がうまくいかず、100%の力を出し切ることができなかった。

-時々、参加者と演出家の間にギャップがあり、先輩たちは落ち込んでいた。

-いつも劇の内容を変更していたこと

-お小遣いが足りなかった。

-お土産を買う時間が足りなかった

-参加者たちは役割や話し合いに関して意思疎通していなかった。

-参加者たちは感情を傷つけるような誤解に出くわしました。私は一度泣いてしまいました。

-ワークショップが始まってから、睡眠不足になりましたが、どうやら慣れたようです。そういうわけで、プログラムが終了した後も、私は夜遅くに寝ています。

-数人の参加者が批判的だったこと

-それぞれの活動が終了した後に、その振り返りがなかったこと。

-言語の壁

-エネルギッシュではなかったこと。私たちは完璧主義者であるには疲れすぎていました。

-人々の持つプライドが均等ではなかったこと。ここにいる誰もが誇りを持って生まれて来ましたが、特にそれぞれ役割について話している時、ぜひとも時にはプライドを調整してほしい、あるいは単に他人を理解しようと努めてほしいと思いました。

-リハーサルの間、参加者の数人が真面目に取り組んでおらず、違うことをしていました。

-不適切な時間管理

-言葉の壁(使っている言葉が違うので、インドネシアの人々とコミュニケーションを取るのが難しかった。通訳でさえも、正しく訳をしてくれないことがあった。)

-次にやるべきことについて、多くの誤解とコミュニケーションの失敗がありました。

-疲れ、睡眠不足、ストレス、そして複雑な気持ちが心地よく演技をするための大きな壁になりました。

-特に次の役割を知らせる際に、衣装を借りることが役立ちました。

-態度です。数人の参加者たちは他人の注意を引こうと自己中心的に振舞っていました。例えば、ワークショップの中で、ある参加者が、聞こえる声で話している他の参加者よりも大声で話していました。


b0128901_15502546.jpg

●スタッフ/ファシリテーター/指導内容について


-ファシリテイタ―からはっきりとした指示がなかった。

-計画の変更

-ワークショップの中のゲームが、リハーサルの時間を費やしすぎた。

-リハーサルは最初から最後までやり通すべきだと思いました。(場面を中断したり、繰り返したりするべきではない。)

-シアター・ゲームは時々、練習のワークショップの中で多くの時間を占めていました。

-ネガティブな側面として、私が気づき、気に入らなかったただ一つのことは、練習が始まる時間が遅いために、帰宅する時間が遅くなってしまったことです。そのために、私は寝る時間が遅くなってしまいました。

-練習やリハーサルで気づいたもう一つのことは、私たちは最初のシーンから最後のシーンまで通さなかったことです。そのために、私たちは時々場面の流れを忘れてしまいました。

-他にも、彼らは私たちが劇に参加する前、練習やワークショップに参加していませんでした。その後、彼らは突然叫び出したり、私たちに対して悪いことを言いました。また、その行動の意味や考えていたことについて教えてくれませんでした。

-英語、日本語、フィリピン語、アチェ語という4つの言語があり、誰一人すべての言葉を解するメンバーがおらず、言語の壁がありました。言葉の翻訳にとどまらず、考えを理解するの右往左往すことに、本当に時間を費やしました。

-時間不足についてのストレスです。バギオとマニラでの公演の完成度は、もう少し時間があればより良いものに仕上がってたかもしれないという苦い思いがあります。全ての参加者が、演劇やパフォーマンスに関して情熱を持っていました。しかし、シャイな参加者たちの演技は、マインドトレーニングやリラクゼーションを施す時間があれば、より自信に満ちたものになったと思います。

-参加者すべてが仲良くなり演劇を形作ることに多少時間がかかりました。もしかすると、ウォームアップを早めにやっておけば、もう少し早く物事が進んだかもしれません。

-プロジェクターの訳が少し複雑で、いくつかの台詞には触れられていませんでした。


b0128901_13303496.jpg
b0128901_12281333.jpg


【今後についてのアドバイス】


-継続性(他の人に改善のチャンスを与えるために)

-ワークショップを簡潔に

-技術計画についてもう少し時間を

-照明のリハーサルとカメラマン、参加者たちと一緒に、最終的な台本の議論が出来れば良いと思いました。

-スタッフとファシリテーターにうまく仕事が分配されるべきだった。

-もっと聞き込み調査を。技術スタッフに対して、ファシリテーターやそのアシスタントが多すぎた。

-ワークショップのコンセプトが不明瞭だった。

-発表はよりはっきりとするべき

-ファシリテーターは、明確に意思疎通を図るべき

-参加者間でディスカッションを行うべき

-協力し、お互いに心を開くことが必要

-どの活動おいても逐一振り返りをすること

-ダンスや歌などのワークショップをもっと取り入れるべき

-もっと伝統的な踊りや歌をワークショップに取り入れるべき

-参加者へルールや決まりを設定するべき

-このプロジェクトは、個人を啓蒙し、生きる意味を与えてくれます。私は評価されるような良い役者ではなかったかもしれませんが、演劇は私に学ぶ時間を与えてくれました。私は帰って来た時、違う人間になっていることでしょう。私は夢を自分の小さな手に握りしめたままにはしないでしょう。私を良い人間へと変えてくれて、ありがとうございました。

-より多くのワークショップの開催を

-時間管理の改善

-もっとワークショップを!ありがとう!

-ワークショップの目標が良かった。

-私たちの教育への経済的援助が必要

-練習や演技について、ファシリテイタ―から参加者への明確かつ迅速な指示を

-役者は、自分自身の感情を他の役者にぶつけたり吐き出したりせず、内に秘めておくべきです。多くの問題を引き起こす激しいぶつかり合いを避けるためです。

-ファシリテーターは、参加者が行う何の活動であれ、対象を述べるべきです。

-広範囲に渡るような指示は、最後の数分ではなく、ワークショップの早い部分で済ませておくべきだった。

-ファシリテーターや参加者は、少なくともなぜ台本や劇の一部を変更するのかを議論するべきだった。

-ファシリテーターは、少なくとも彼らの取り組みを参加者にわかりやすくしておくべきだった。

-ワークショップの前に、参加者のオリエンテーションを

-より多くのワークショップを

-将来、舞台と照明をより良くするために、演出家は参加者へのワークショップの中に、音楽とダンスを取り入れるべきである。

-演劇ワークショップや劇本番の後、より多くの学びと経験のために、もっと多くのワークショップを行ってほしい。

-もし私たちがこのプログラムをもう一度行えるのなら、日程を具体的かつ確実にすれば良いと思います。確実なスケジュールがなければ、劇を共にやっていく一方で、ミスコミュニケーションを引き起こしかねません。

-英語、日本語、アチェ語、そしてフィリピノ語を話せる人が間違いなく必要です。

-最初の二つのショー(バギオとマニラ)を作り上げるのに、もう少し長い時間が必要だった。

-劇のクオリティーは、全てのメンバーとより多くの議論や会議を重ねることで、良くなるだろう。

-全ての活動において、私たちが何を改善すべきかを知るために、活動における改善点を指摘したり評価したりすることを勧めます。

-お互いに関わりを持つべき

-練習と理解(口頭だけではなく、待っている際にも

-自己評価と全ての状況における調整


b0128901_12421519.jpg


b0128901_09074654.png

助成 Grant:

国際交流基金文化創造協働助成

The Japan Foundation Asia Center

Grant Program for Promotion of Cultural Collaboration





[PR]
by cordillera-green | 2017-11-23 10:52 | 環境教育