Cordillera Green Network ブログ

cordillera.exblog.jp
ブログトップ

【振り返り③】環境問題をテーマとした演劇ワークショップ<主催者・共催者>

国際交流基金アジアセンター助成「フィリピン、インドネシアの先住民族青少年を対象とした環境問題をテーマとした演劇ワークショップによる交流事業」の3週間にわたるプログラムの最後に、アチェのワークショップ会場で、全体振り返りを行った。

常にフィリピンとインドネシアの青少年参加者たちを、陰で支えてきた、コーディリエラ・グリーン・ネットワーク(CGN)とインドネシア側共催団体「Komunitas Tikar Pandan」の代表も、感想とコメントを述べた。


::::


●フィリピン人ファシリテイタ―

Komunitas Tikar Pandanはとてもあたたかく私たちを受け入れてくださいました。私たちは、よりアチェの文化、特に衣装や礼拝の時間、ボディーランゲージに関して気づくことができました。これは異なる地域や文化、宗教に触れたことで得た、新しい学びの経験となりました。私たちは初めて外国の文化と出会いました。アチェの生徒たちはワークショップにとても意欲的でした。

私たちはこのグループとして、プロジェクトの継続を願っています。コーディリエラとアチェからの参加者の文化交流には、より多くの時間が必要だと感じました。ワークショップには参加者のためのオリエンテーションと、文化的なダンスや歌を取り入れるべきだと思います。

私たちはなぜその場所に生を受けたのか、その目的を覚えておかなくてはなりません。これは、人々のコミュニティーにおける良い変化です。演劇は私たちがなぜその場所に生きているのか、人々に知らせるための一つの良い方法です。


●Filipino Facilitator

Komunitas Tikar Pandan is so accommodating. We became more awareabout Acehnese culture especially their clothing, prayer time, and bodylanguages. This is a new learning experience because it happened in anothercountry, culture, and religion. This is the first we encountered othercountries. The Acehnese students are very active participating in the workshop.

The Acehnese students improved in just few days.

Empower youth to change community throughthe use oftheater.

There are delayed workshops and language barrier.

We hope for a continuation of the projectand the groupremains. There should be more days for theCordilleran and Acehnese participants for cultural exchange. There should bemore orientation for the participants about the workshops and integrate more oncultural dances and songs.

We have to remember that there is purpose why you wereborn in your place. That is to make good changes to your community. Theater isone good way to inform people that is why we are here.

b0128901_13403414.jpg

***

●日本人ファシリテイタ―

これは、私がフィリピンやインドネシアを訪れる、初めての機会でした。この経験は、完全に私を変えました。ワークショップを通して活動的だったフィリピンの役者たちに感謝しています。アチェの参加者たちは、たった3日間で素晴らしいパフォーマンスに仕上げてくれました。私は、演劇による異文化間の関係の構築が、他の人々や次の世代にまで引き継がれることを望んでいます。初日、私は(彼らのパフォーマンスについて)とても心配していました。しかし、夜を越えるたびに、彼らの演技は大きく変化していきました。彼らの演技に対するエネルギーはより大きく、演技はより良いものになりました。

劇場は満員だったにも関わらず、今日のパフォーマンスに感激しました。私はとても幸せです.


●Japanese Facilitators

This is the first foreign country I visited which is the Philippines and Indonesia. This experience is completely different to me. I appreciate the Philippine actors for being active in the workshop. The Acehnese participants were great for producing a great performance in just three days. I hope that building relationships between cultures through the use of Theater will be passed on to other people and future generation.

I was very worried during the first day.The Acehnese participants were very shy and serious. This morning when I sawthe performances, they were bigger than yesterday. They changed very well over night. The energy is far bigger and better than yesterday.

I am impressed for today’s performances despite us having fully-packed audiences. I am very happy now.


b0128901_13193687.jpg

***

●フィリピン側主催者

公演の成功、おめでとうございます。これはKomunitas Tikar Pandan、アチェ・日本・フィリピンからの参加者全員にとって良い機会となりました。私たちの心はお互いに近くなりました。またお会いできることを願っています。

おめでとうございます。君たちはとてもよくやりました。私たちは今日のように舞台上で演技ができるなんて思ってもいませんでした。驚いたことに、その演技は自信に満ちていました。フィリピン人参加者の評価の中に、言葉の壁はネガティブだという声がありました。だからこそ、お互いを理解するためのツールとして、演劇を用いるのです。世界にはたくさんの言語があります。日本語やフィリピノ語もそうですが、英語だってベストな言語というわけではありません。演劇は、口と心を開いて、しかも言葉を用いずに、コミュニケーションをとるのを助けます。言語は決して壁ではないということを忘れないでください。今、あなたたちはどのように演技し、演劇を通してどのように他の人々との関係を構築するのかを知りました。私たちはインドネシア語を学ぶための十分な時間がなかったことを申し訳なく思っています。私たちはそれを最初に学習しておくべきでした。あなたたちは自身のコミュニティーを代表してくれました。あなたたちがコミュニティーに戻った時、ここで学んだことを皆さんに共有してください。私たちは離れ離れになってしまうけれども、同じ一つの惑星に住んでいます。この地球上に住む私たちは一つなのです。私たちはみな同じで、全てを分け合うことができるのです。

●Organizer

Congratulations for the success. This was a goodopportunity for all of us, Komunitas Tikar Pandan, Acehnese participants,Japan and Philippines. Our hearts are closer witheach other now and hoping to see you all again.

Everyone have stated already what I amabout to say. Thankyou everyone for being friendly to me. I am very proud toall of you for today’sperformances. I advise young people in this room not todo the same with what Idid with theater. I stopped theater after graduating inhigh school. I learnthat it is very important to keep on doing theater.

Congratulations. You did very well. Everybody, wecouldn’t imagine you could play on the stage like that. Surprisingly, theperformance is with confidence. Filipino evaluation said that the language barrier is negative.This is the reason why we are using theater as a tool to understand each other.The world has many languages. English is not the best, or even Japanese orFilipino. Theater can help open the mouth and the mind to communicate eachother without using language. Do not forget that language is not a barrier. Nowyou know how to act and connect using theater. We are very sorry we didn’t have enoughtime to learn Indonesia language. We should be the one to learn it first. Yourepresent your community. When you come back to your community, we hope you couldshare to everyone what you learned here. We might be separated due our locationbut we are living in just one planet. We are one, people here on earth. We areall the same and we can always share.

b0128901_13383206.jpg

***


●Komunitas Tikar Pandan 共催者団体代表

日本とフィリピンの、全ての新しい友達に感謝の思いを伝えたいです。演劇を通して、文化をはじめとした異なる物事について、あなたたちはたくさんのことを教えてくれました。演劇は単なるメディアではなく、コミュニケーションを図る方法を教えてくれます。

当初、私は三つの国の人々を巻き込んだイベントが開催されることを知った時、私は怖かったです。私は、参加者たちをまとめることが難しさを知っていましたが、イベントはスムーズに運営できることを確信していました。私はワークショップの前に、参加者たちが恐ろしさを感じて、家に帰ってしまわないかと心配していました。これはベストなワークショップの一つでした。なぜなら、誰も帰りたいという人がいなかったからです。全員がベストを尽くしました。私たちは若い世代が世界をより良いものにしてくれることを願っています。これこそがなぜこのワークショップが若者を対象としていたのかの理由です。このイベントが終わる時、それはまたコミュニケーションの終わりを意味するでしょう。また、ソーシャルメディアはこの公演を本当に助けてくれました。

このプロジェクトの成功、皆さん本当におめでとうございます。私たちはフィリピン人たちのバリトックでのパフォーマンスと同様に、観客を演劇に巻き込むことができました。私たちがコミュニティーで見たものを、演劇で伝えることができました。私は、アチェ、日本、フィリピンの関係性が続くことを願っています。全員が幸せであること、それが最も大切です。もし私たちが幸せならば、それこそが望みです。アチェ、日本、フィリピンの参加者の皆さんが幸せで、その幸せを共有できたのならば、それで十分です。

●Director, Komunitas Tikar Pandan

Thank you to all our new friends from Japan and thePhilippines. You teach us a lot about your culture and many other thingsthrough theater. Theater is not only media but it teaches us to communicatewith each other.

At first, I was afraid about this event knowing thatthere are three countries involved. I know that this is difficult to handle.But then I am also sure that the event will run smoothly. I am worried thatwhat has happened before will happen in this workshop; participants becameafraid and they go back home. This is one of the best workshops because nobodyasked me to go home. All did their best. I believe that young generation willmake the world better. That is why this workshop is for the youth. This eventwill stop if communication will also stop. Social media really helped a lot.

Congratulations to everyone for the success of thisproject. We were able to control the audience in the theater the same with the performanceof the Filipinos in Balitok. What is being observed on our community iscommunicated in the theater. I hope that this relationship among Aceh, Japan,and Philippines will continue. Everyone is happy and that is very important. Ifwe are happy doing the things we would like to do. Aceh, Japan,and Philippines are all happy andthat is enough, sharing the happiness.


b0128901_13420802.jpg
b0128901_13435434.jpg

助成 Grant:

国際交流基金文化創造協働助成

The Japan Foundation Asia Center

Grant Program for Promotion of Cultural Collaboration

b0128901_14431020.jpg



[PR]
by cordillera-green | 2017-11-23 13:47 | 環境教育