人気ブログランキング |

Cordillera Green Network ブログ

cordillera.exblog.jp
ブログトップ
2019年 07月 24日

演劇ワークショップでアジアの農村をつなぐ モノローグ②(キアンガン国立高校)

b0128901_16011159.jpg
20185-10月に行った「演劇ワークショップでアジアの農村をつなぐ―青少年を対象とする環境問題をテーマとした演劇交流事業」(共催:総合地球環境学研究所/シアター&アーツうえだ、助成:国際交流基金アジアセンター文化創造協働助成/トヨタ財団国際助成)では、イフガオ州の8つの高校で、農業をテーマとした聞き書きをベースに演劇作品の制作が行われました。ラガウェ町のドン・ボスコ高校で831日に行った発表会では、それぞれの地域の特色を鮮明に映し出した8つの作品を、高校生たちが精いっぱいのエネルギーで演じてくれました。

 演劇制作の過程で行われた、村の名人や長老たちへの聞き書きインタビューは、それぞれ地域の言葉で行いました。ですから、発表のときの演劇も、民族色・地方色の強い、いろいろな言語が飛び交う発表会となりました。

 イベント後に各学校からはステージで使ったモノローグ台本の英語版を提出してもらい、日本語に翻訳しました。またステージでのモノローグテキストのため聞き書き内容をすべて盛り込んでいるわけではありませんが、イフガオの州の農業の現状をダイレクトに反映した興味深い内容となっています。




アグリピナ・マランタ(女性)

Mrs. Agripina Malanta

私はあなたらのおばあさん、アグリピナ・マランタ91歳です。私らは1948年にここバギゲにやってきました。私らが田んぼ仕事を始めたころには、最初にやったのは草刈り、あぜ道づくり、石の壁のお掃除だったね。それから苗床の用意。雑草と稲刈りのあとに田んぼに残した枯れた稲わらは、堆肥として役立てた。

苗が育って植え替えできる大きさまで育ったら、今度は田んぼの用意をしなきゃいけない。

村のみんなで田植えを終えたら”カルピ(Kulpi)”と呼ばれる儀式をやるのだよ。この儀式をすると稲を食べてしまう野ネズミや虫から稲を守ってくれるって信じられているのさ。

稲が実るのが間近になったら、村人たちはライスワインの支度を始める。収穫の時の儀礼や、収穫の時に稲刈りの手伝いに来てくれる村人たちに飲んでもらうためさ。

米を貯えておく倉を持っている人たちはそこで儀式をしないといけない。倉を持っていない人は家でやる。刈った稲は”Batawill”という木の棒の両端に引っ掛けて家に運ぶ。


以前は 人々が患う病は腰痛だけだったよ。それが今ではそりゃたくさんの病気があるね。田んぼで使う農薬や煙がいけないのだね。きっと。ほかにもいまじゃあ困った問題が子供たちに起こっているじゃないか。昔は自分らが食べるために米は自分らで搗いた。ところがこの頃は、あっちこっちに精米機があってそれで精米しちゃっている。おかげで病気が蔓延だ。


昔ももちろん食べ物がなかったりお金がなかったりしたさ。でも、今の子供らに比べたら幸せだった気がするな。今の子らはおやつやらなんやらのためにお金渡さなきゃ、学校行かなかったりする。

昔の田仕事もそうさ。お金かける必要なんてなかった。それでも仕事は終わったよ。村の人たちはみんなが仕事を終えるまで、お互い助け合うってことを知っていたからね。Ubbuっていうのがこの助け合いのことさ。


いまじゃ、あれだね。ガソリンや農薬を買い、人を雇うやら、その人らに飯を食わせるやら、おやつを出すやらで、お金がなくちゃあ、農業だってできないご時世さ。

*


クリスピン・タヤバン(男性)

Mr. Crispin Tayaban

 私は、クリスピン•タヤバン、68歳です。以前は田んぼ仕事をしていましたが、祖父を介護するため、田んぼはやめてしまいました。

 田んぼの仕事は田植えのための準備”キワングKiwang”から始まります。私たちははじめに用水路を整備し、草取りをはじめます。田んぼでお互いを助け合うことを”ウブ”と言います。

 種まきのための苗床の準備が始まり、草取りが続き、あぜ道を作り、そして代掻きをします。そして、苗床で育てた苗を抜いて苗を用意し、いよいよ田植えが始まります。伝統にのっとり、まず豊かな家系のものが田植えをはじめ、他の家族はそのあとに続いて田植えを始めるのです。

 田んぼの仕事をやっているときに遭遇した問題は、棚田の石の壁やあぜ道の浸食、害虫やネズミによる稲が被害を受けるといったことでしたね。これらの問題は”クルピKulpi”と呼ばれる儀礼を執り行うことで防ぐことができました。“クルピ”以外にも、穀物が実り出すころ”フリンHulin”と呼ばれる儀式が行われます。この儀式は、作物を食べてしまうネズミを追い払うために行われます。まず、ネズミが行くようなところにパリパルPalipal(竹の民族楽器)を投げます。そして、そのpalipalを村の別の人に拾ってもらい川の方向に投げます。そうするとネズミはそこには行かないといわれています。もう一つの儀式があります。それは”ティコムTikom”と呼ばれる儀礼で、稲を食べるマヤの鳥の口をふさぐというものです。

 以前は田んぼ仕事に問題はありませんでした。なぜなら、たくさんの木があり十分な水をもたらしてくれていたからです。しかし、いまでは山々での木々の伐採によって水の供給が問題となっています。

 私からのあなたたち子供世代への助言として、たとえ学校に通おうと私たちの文化である田んぼを維持するために、田仕事の方法を学ぶ必要があります


*

マーク・バランヤン(男性)

Mr. Mark Balaniyan

 私はマーク・バラニヤン、33歳です。子どもが一人います。私は高校を卒業し、TESDAで職業訓練コースを受けました。海外への出稼ぎのための溶接試験を終えました。出稼ぎ期間は2年と定められているので、フィリピンに戻ってきました。二度と海外に働きに行くつもりはありません。

 帰国してから、私は父がわたしに教えてくれた田んぼ仕事に戻ろうと決めました。父はすでにだいぶ体が弱っていますが、それでもずっと田んぼの手入れをよくするように教えてくれました。両親とともに田んぼへ足を運び続けてきましたので、私は田んぼ仕事の工程を学べたのです。

 私の世代の弟や妹ともいえる学校に通っているあなた方若者たちへの私のアドバイスとしては、ぜひとも、学校に行ってほしいと思っています。もしそのコースを終えなかったらその後の生活がとても大変なものになるでしょう。しかしながら、私たちイフガオの伝統的な農法をどうか忘れないでほしいとも願っているのです。

***

b0128901_16022516.jpg

Mrs. Agripina Malanta

   Iamyour grandmother Agripina Malanta, 91 years old. We came here in Banguigein1948. When we started farming, the first thing to do is weeding, constructthe rice paddies and clean the stone walls.Then prepare the seedbed. Thenthe grasses and rice stock that were rotten will serve as fertilizers ofthe plants. When the seedlings are ready for planting, the rice field shouldhave been prepared.

   When everybodyin the community finished planting, they perform a ritual called kulpi.This ritual believed to protect the plants from rodentsand insects that would destroy the plants while growing robustly. The moment therice grains are about to ripen, the community people will prepare the rice wineto be used during the ritual and to be drunk by the harvesters and the communitypeople. Those who have rice granary will perform the ritual there, while thosewho do not havewill do it in their homes. The “page” is brought home throughthe “batawil” a wooden stick use to carry the “palay” at both sides.

Before the ailment that could be felt by people was backpain, while today there are many kinds of sickness as aresult from whatpesticides and smoke of farm implement can give.

Another factor is about the life of children it is difficulttoday because before we pound rice for food and it won’t give ailment whiletoday it is very easy because rice mills are found everywhere but then it givesside effects. Before also even there is meagre food and money, we were happy ascompared to children today that they can’t goto school if you don’t give themmoney for snacks and other things. Just like farming before that we don’t needto spend much of money and work is finished because the community people have anunderstanding to help one another called “ubbu”until work is done. Today wecan’t farm if we don’t have money to spend for gasoline, pesticides, labor andfood and snacks.

*

Mr. CrispinTayaban

I am Crispin Tayaban, 68 years old,my work before is farmingbut now I stop farming because I will take care of my grandfather.

Work in the field will start on land preparation “kiwang”. Wefirst prepare the water system then weeding starts.Helping one another in thefield will “ubbu”. The preparation of seedbeds for sowing grains will start thenweeding will follow and construction of rice paddies followed by cultivation.Then, uprooting of seedlings for planting was prepared so that planting willbegin. The rich family will start the rice planting first before others as theculture dictates.

I have noted that some of the problems I encountered whilefarming was the following like erosion of stonewalls and paddies, rice plantswere attacked by pests and rats. These problem scould be controlled byperforming the ritual called “kulpi” in order to prevent the stated problems.Aside from the performance on the ‘kulpi” when the grains are already coming outanother ritual called “hulin” is performed to drive away the rats fromdestroying the plants by throwing all the instruments used to a place where therats will go and these instruments must be taken by other people in thecommunity and throw to the direction towards the rivers so the rats will gothere. There is another ritual which is the “tikom” which will shut off themouth of the Maya bird to eat the “palay”.

Before farming was not a problem because there were plenty ofwater brought about by plenty of trees but today water supply is a problem dueto cutting of trees in the mountain.

My advice to you children is that evenyou are going toschool you have to learn how to farm so that our culture in farming willcontinue.

*

Mr. Mark Balaniyan

I am Mark Balaniyan 33 years old with one child. I finishedmy high school and continued vocational course in TESDA. I finished welding asmy passes going abroad. My contract was only for two years so I need to comeback to the Philippines and never go back.

I decided to go back on farming and apply what my father hadtaught me. My father told me to continue taking good care of our field since heis not strong anymore to work in the rice field. Since then, I had been going tothe rice field with my parents through it I was able to learn the process offarming.

My advice is for you my brother and sisters to go to schoolbecause you see if you do not finish a course then life is so difficult, butthis I warn you please do not forget our Ifugao culture of farming.



by cordillera-green | 2019-07-24 16:33 | 環境教育


<< 演劇ワークショップでアジアの農...      演劇ワークショップでアジアの農... >>