人気ブログランキング |

Cordillera Green Network ブログ

cordillera.exblog.jp
ブログトップ
2019年 07月 24日

演劇ワークショップでアジアの農村をつなぐ モノローグ③(トゥラエド国立高校)

〈トゥラエド国立高校(マヨヤオ)〉

〈TULAED NATIONAL HIGH SCHOOL〉

b0128901_18321127.jpg


マヨヤオは、イフガオ州にいくつかある言語のうちのひとつアヤガン語を母語とする人々が住んでいる地域です。アヤガン語はイフガオ州で最も多くの人が話す言語トゥワリ語とは、まったく違った言語です。アヤガン語圏も世界遺産、世界農業遺産に指定された素晴らしい棚田がありますが、言語だけでなく、伝統の農耕儀礼、衣装、伝統家屋のスタイルなども、トゥワリ語圏のものとは違います。トゥラエド国立高校は、観光客の多いバナウェからマヨヤオの中止部に向かう途中にあります。バナウエ町とマヨヤオ町の境に近い谷にあります。

演劇プロジェクト担当のロウェナ先生は地元出身。先生なのに常に口の中にビンロウの実(モマ)を含んでもぐもぐしていて、最初はちょっとびっくりしました。最初に行った教員向けのワークショップでは、演劇に関心がないようで、やる気が見られず、ふうっとワークショップの最中に姿を消してしまったりしてやきもきしていました。学校を訪れたときも、もうどうしていいかわからない。できたらこの担当から逃げたい!という感じでした。ところが、背景幕を描くワークショップに参加した時に様子が一変します。指導に来てくれたアーティストの小池芽英子さんに、次々と自分たちのコミュニティにある森、自分が描きたい森のイメージを伝えます。「どうやったらそんな森が描けるか教えてちょうだい!」。

芽英子さんも、先生の要望に応えようと必死。こうかしら?ああかしら? 先生の思い描いている森の暗さはこんな感じかしら? 植物はこんな風に勢いよく絡まっているかしら? と試行錯誤で背景幕に取り掛かりました。ワークショップの2日間で、背景幕は完成までは至りませんでしたが、発表会の時に先生たちが仕上げて持ってきた背景幕はそれはそれは素晴らしいもので、アッと声を上げそうになりました。

ロウェナ先生、「私が死んだときは、この背景幕で包んでちょうだいね」(伝統的には遺体に巻く柄の手織りの布が決まっていて、それで遺体を包む)なんて冗談まで言っていました。


〈トゥラエド国立高校(マヨヤオ)〉

〈TULAED NATIONAL HIGH SCHOOL〉


アネット・チャラジチャジ

ANNET CHALAJCHAJ


私はアネット・チャラジャ、45 歳です。現在はトゥラエド小学校の教員です。

私は農家の人と結婚し6人の学校に通っている子供たちにも恵まれました。

マヨヤオ生まれで両親とも農民です。

私にとって農業は非常に重要です。

なぜなら、農業は私たちの遠い先祖の日常生活の糧でありましたが、今の世代でもこの地域では何も変わっていません。

多くの家庭が日常生活の主な糧として、農業に頼っているのです。


私の子ども時代、私は田んぼで両親が日々の暮らしに必要な食料を調達するために懸命に働くのを見ていました。

ですから、私は子供のころから土曜日や祝日は、田んぼで雑草を抜いたり、田植えをしたり、稲刈りをしたり、米の収穫を手伝ったりしてきました。

田んぼで働くことは容易なことではありません。

雨が降ろうと日差しが厳しかろうと、逃げも隠れもできません。

田んぼでの重労働からなんとか逃げたいと、当時の私は勉強に全力を注いでいました。

今では私の経歴は成功と言っていいと思います。

でも、田んぼで働く喜びが私の心の中にあるので、私は農業を続けています。

放課後や土曜日など、田んぼに行って働く時間がないと私は病んでしまいます。


私は家庭を持ち、収入が家族を支えるには不十分だったときに農業の重要性に気づきました。

そして両親が私に委ねてくれた田んぼを維持し続けています。

私はいつも自分の子供たちに、今やっている農業を愛し、実践し、宝とすることを常に奨励しています。

土曜日や祝日には、たとえ子供たちが不満を言おうが、いつも子供たちを田んぼに連れて行きます。


以前は田んぼはきれいで米を育てるのに十分な水がありましたが、今は違います。

私たちの土地では森林破壊や、食料生産やや収入源となるカインギン(焼畑)を拡大したために十分な水がありません。

刈り取れる稲穂の数は以前とはかなり違っています。

もし以前は100束の稲を田んぼのあるから収穫できていたとしたら、

今は同じところから二分の一かそれより少ないです。


たくさんの理由が考えられますが、

理由の1つは、土壌の天然ミネラルを減少させる無機肥料の使用です。

また、いくつかの怠惰な農家は、作物に化学物質を撒いています。

それが土壌浸食を引き起こしています。

他にはゴールデンタニシ、ネズミ、他の外来種生物の増加といった原因があります。

おそらく気候変動も原因の一つです。

なぜなら、豪雨が長く続くことで土壌がゆるみ、それが土砂崩れをひき起こしていることが観察されます。

また、長期間の極端に暑い夏も見て取れます。

これらは私の地域が経験している農業に関する問題です。


b0128901_18331098.jpg


オスカー・オメハン

OSCAR OMEHANG

私はオスカー・オメハンです。75歳で4人の子供がいます。子供達はすでに結婚しそれぞれ所帯を持っています。実は私はかつて「ムンバキ」(農耕儀礼や冠婚葬祭を執り行うシャーマンのようなひと)だったのですが、事情があってやめました。

かつてマヨヤオが現代化する以前、私たちの先祖は、田んぼで働いている間やその前後に、多くの儀礼のプロセス、方法、信仰を行っていました。


「トンノング」は、常にほかの誰よりも先に田植え、収穫などの作業始める人を言います。

まず、「トンノング」は稲の茎を取り分け、それぞれを束ねます。その後、儀礼に使うために少なくとも3羽の鶏が必要になります。そして、束ねた稲の茎を手にして、田んぼの水に直接沈めます。そして、稲の茎の束を沈めたところにタイガーグラスを置きます。その後、雄鶏を捕まえて水田の脇に置きます。ネズミや鶏は直接稲を食べないと信じているからです。

「トンノング」はこの作業をやり終えた後、家で過ごさなければならず、決して家事雑用を行ってはいけません。このことを「ンギリン」と呼びます。「トンノング」がこの作業を終えたのち、ほかの田んぼの持ち主たちも同じ作業をすることができます。

何日かたったのち、田んぼに沈めた稲から芽生えた苗が植えることのできる状態であるかを確認します。人々は皆で相談し、一緒にその作業を行います。

その後、「トンノング」が誰よりも先に田植えをしなければなりません。しかし田植えの前に、儀礼のために一羽の鶏が必要になります。「ムンフニ」は2羽の鶏を捕まえ儀礼を行う責任者のことです。この儀礼をおこなえば、稲はよく健康に育つと信じられてます。

「トンノング」が田植えがおえたのちに、他の人も田植えをすることが許されます。全ての苗を植え終わると、みな3日間は自分たちの家で過ごします。


時が経ち稲が育つと、それぞれが責任を持って田んぼの不要な雑草を取り除きます。この作業を、「ムンフォグワン」と呼びます。他の人にお手伝いを頼むこともできますが、代わりに協力してくれた人の作業も手伝います。これを「ウブフ」と呼びます。この雑草抜きの作業を行うと、稲はよく育ち、ネズミも稲を食べません。最初にこの仕事を行わなければならない人は「トモナ」と呼ばれています。

稲の収穫期になると、人々は収穫のためのライスワインを作らなければなりません。収穫の前に、「トンノング」が「ムンバキ」と一緒に鶏を絞め、いくつかの儀礼を行います。「トンノング」の収穫では、最初に刈り取った稲を女性がバッグに入れ家に持って帰ります。そのあとは、だれでも刈った稲を持ち帰ることができるのです。「トンノング」がコミュニティの人たちの手助けのもとで稲を刈り終えた後、そのほかの人々はそれに続いて収穫を行います。収穫が終わると人々は収穫した稲を米蔵に収める前にまた儀礼を行うのです。

b0128901_18345632.jpg

b0128901_18340822.jpg


ANNET CHALAJCHAJ

I’m Annet Chalajchaj currently teaching at Tulaed Elementary School, 45 years old, married to a farmer and blessed with 6 children who are still attending school. I am a native of Mayoyao and grown up to a farmer family. Both of my parents were farmers.

For me agriculture is very important because ever since it is the main source of the daily living of our forefathers who had gone and until this generation , nothing change likewise in our place that most families still depend on agriculture as the main source of their daily living.

During my childhoods, I saw how my parents worked hard in the field just to sustain our daily needs that is why since childhood I used to help my parents work in the fields to clean grasses, plant rice, weeding the fields and harvesting rice during Saturdays and holidays.

Working in the field is not easy because rain or shine no retreat, no surrender. At my early I was challenged to do my very best to my study because of the hardship I’d encountered in working in the field. Even now that I’m successful in my career, I continued to do farming because it reign already in my vein the joy of working in the field.

I felt sick if I’ll not find time to go and work in the field when I have a vacant time even after class or during Saturdays.

I realized the importance of agriculture when I had a family and my income is not enough to sustain my family and continued to maintain the field that my parents entrusted to me.

I always encourage my kids also to love,practice and treasure agriculture which they were doing now.

During Saturdays and holidays I alway sbring them with me in the field even sometimes they hesitate or complain incoming.

Before I observed that the fields are clean and had plenty of water to sustain the rice in the fields but now, there is no enough water due to deforestation or “kaingin” system practices in our place as another alternative source of food or income for farmers who have no fields.

For the number of bundles reaped, it is very different now than before. If before they reaped 100 bundles in a portion of rice field now, it was divided into two or even fewer due to many reasons.

Maybe one reason is the usage of inorganic fertilizer that causes to lessen of the natural mineral of the soil.

Next is that some lazy farmer’s uses chemicals for Spraying the plant that causes soil erosion. Another is the golden “cohol”, rats and other kinds of foreign pests.

Maybe climate change is also one because Ihad observed how it continued to rain hard that loosen the soil that may cause erosion and even the long-time orange of extreme hot summer season.



b0128901_18345632.jpg

OSCAR OMEHANG

I’m Oscar Omehang, 75 years old with 4 children and have their own family now.

Actually I was once a “mumbaki” before but then something happened so I stopped.

In the past, before Mayoyao hasn’t been modernized, our fore fathers have lots of ritual processes, ways and beliefs before, during and after they do their works in the field.

The “tumnong” a person should always be the first to plant, harvest and do the work before others can.

The tumnong then gets the rice stalks then divide and bundled each.

After that, they needed to get at least 3 chicken to be used for the ritual.

Then, they are going to get the bundle rice stalks and sink it directly to the water in the rice fields.

When(then??) the person is going to put tiger grass in the rice fields where they sank the bundled rice stalks.

After that, they are going to get a rooster‘s father then place it into the side of the rice field.

They did it in belief that rats and chickens will not directly eat the rice plant.

After the “tunong” was done in working,they should stay in the house and no one should do chores, they call it as “ngilin”.

When the “tumnong” was done, other person who has rice fields is allowed to do the same work.

After how many days, they are going to check and see the rice stalks grains they sunk in the water if it is already ready to be planted.

The people talked to each other so they will all together do the work.

After doing the work, the “tumnong” should be the first to plant it before others.

But, before planting the rice, they needed to get a chicken for the ritual.

The “munfuni” a person who is responsible in doing rituals gets the two chickens and do the ritual.

They do it in belief that rice will grow healthier.

After the “tumnong” is done working and planting, other people are already allowed to plant rice field too.

After all was done planting, all of the people will stay in their hoes for three days.

As month pass by and the plant has already grown, each person has the responsibility to remove the unnecessary grass on the field.

They called it “munfogwang”.

They are allowed to seek help from others butas an exchange they will also help them to work in their field and this they call it “ubfu”.

They needed the unnecessary grass so that the plant will grow better and so that rats can’t eat it.

The first person who always should do the work is the “tumona”.

When the rice is ready to be harvested, the people need to make rice wine for the harvest.

Before they will harvest, the “tumonong”will butcher chicken and perform some ritual but with a “mumbaki”.

During harvest of the “tumnong”, the first to bundle of reaped rice the woman will put on her bag and brought home first before the other bundles of rice brought home and can done by anybody.

After the “tumnog” is done reaping the rice fields with the help of the community, other people can follow harvesting also and if reaping time is over, they will perform another ritual before they will put on the rice bundles in the rice granary.


b0128901_18362152.jpg




by cordillera-green | 2019-07-24 19:38 | 環境教育


<< 演劇ワークショップでアジアの農...      演劇ワークショップでアジアの農... >>