人気ブログランキング |

Cordillera Green Network ブログ

cordillera.exblog.jp
ブログトップ
2019年 07月 25日

演劇ワークショップでアジアの農村をつなぐ モノローグ④(ティノック国立高校)


b0128901_19003839.jpg
ティノックはイフガオ州とベンゲット州の境界にある町です。フンドアンやキアンガン町よりも奥にあり、ベンゲット州のブギアスという野菜の一大産地に隣接しています。同じイフガオ州のフンドアンやキアンガンからの道路が整備されるより先に、ブギアスからの道路のほうが先に開通しました。話される言語も、カラングーヤ語といって、フンドアンやキアンガンで話されているトゥワリ語とは違います。
そんな事情もあるのでしょう。近代化の過程で、強くベンゲット州の影響を受けてきて、ベンゲットで盛んな野菜栽培を踏襲し、多くの農家がすでに稲作をやめ野菜畑に転換しています。役場のある中心部から見る限り、棚田は全く見られません。見渡す限りの野菜畑になっていました。

聞き書きによって演劇を制作した8つの高校の中でも、ティノック国立高校が扱ったテーマは、棚田での伝統の稲作をテーマに据えたところが多かったほかの地域とは一線を画していました。野菜栽培地としては、まだ、新しく、ベンゲットのほかの野菜産地のように顕著な農薬被害や土壌流出などはまだ実感していないようですが、そういった「影」が見え隠れしているのがうかがえました。現金収入が必要な暮らしに移行するなかで捨てざるを得なかった「伝統農法による稲作とそれに伴う農耕儀礼に対する郷愁のようなもものも、生徒たちがインタビューをした年配者の心の中にはあったに違いません。その葛藤などもうかがい知れる演劇作品となりました。
野菜栽培によって潤い始めたコミュニティの勢いも演劇や演ずる生徒たちにもあって、外部者の私たちが、一概に伝統をおもじることだけを良しとするわけにはいかないことを感じました。
事業の共催者として全面的にサポートしてくれた、イフガオ州の教育省にいちばん評判がよかったのはこのティノック国立高校の演劇作品でした。現在の問題を盛り込み、一番リアリティがあるものだという評価でした。


*****



*****


ヘンリー・バラバル

Henry Balabal


米作りをする上で一番初めにすることは、苗床の準備です。その3日後には苗床に種を蒔きます。発芽して育ったら田植えの準備が整ったことになります。1か月後には、草むしりをします。稲が実ってきたら、稲をついばんでしまう鳥を追い払うためのカカシも準備します。

米作りのサイクルは6ヶ月を要するため、一年に一度しか収穫できません。以前はある決まった儀礼が取り行われており、その一例としては、田植えの前に夫婦たちは寝室を別にしてプドゥング(田んぼに生えている葦のようなロノと呼ばれる植物の茎 でつくったもの)を供えます。稲田の準備をし終えると、クルピと呼ばれる米の豊作を祈る儀礼をします。収穫の時期には、農家は鶏を絞め、ライスワインを用意して、人々が収穫作業をしている間に感謝の儀礼を行います。

 今日では稲作の経済状況が厳しく、野菜づくりが人々の本業となっています。米の収穫が一年に一度となると、米農家は家族を養っていくことが厳しく、不測の出来事があった場合それを乗り越えることが困難だからです。一方、野菜農家は野菜の種類によっては2、3ヶ月で収穫が可能であり、一年に3、4回収穫することができます。

野菜栽培について必要なことは以下の通りです。

1.草むしりをすること。

2.苗床を準備すること。

3.種を植えること。

4.水源の管理。

5.作物がいい状態で育っているかを常に確認する。

この5つです。野菜栽培では農家が苗を植える前に儀礼をすることは稀です。野菜の豊作とそれが高価格で売れることを願って祈るだけの人もいます。

野菜栽培で必要なものは、肥料とする大量の鶏糞と、野菜を食べてしまう害虫を追い払うための多種多様な農薬、作付けのための種、農薬をまくためのスプレー機器、そして野菜畑にまく水です。野菜栽培のデメリットといえば収穫しても低価格でしか売れず、次の栽培のための資材を買うお金が足りなくて借金につながることがあることです。

今日では野菜栽培は稲作より容易で、1ヘクタールの土地を耕す必要があったとしても技術の進歩により楽に耕すことができるのです。


b0128901_19012977.jpg


ジョセフ バランギ

Joseph Balangui


 9人の子供がいて、生活の糧として米づくりを行なっています。稲作においてすることといえば、まずは3か月の間に、あぜ道を整備しゴールデン・コホールというタニシを取り除きハプナックと呼ばれる苗床の準備に取り掛かります。その後、種まき(バガイ)のためにあぜ道の準備をします。田植えのあとは、収穫の時期まではずっと小鳥などから稲を守ります。

 キリスト教が普及する以前は、苗を植える前の段階であるバガイの期間にある決まった儀礼が執り行われていました。もしスズメなどの小鳥がいれば、昔はカカシを使って追い払っていましたが、今では「クルク」と呼ばれる網を使って捕まえます。

私が稲作のみをしている理由は、野菜栽培で使われる農薬の匂いに我慢ならなかったからです。野菜栽培は稼ぎにはなりますが、日々の食糧にはなりません。一方で稲作であれば、主食である米を日常の食卓に提供できるため、稲作のほうがいいと思っています。

稲作の知識を守っていく方法の一つとして、若い世代に今の農法を実際にやって見せて協働していくことが挙げられます。すでにいくつかその事例があり、「ウッブ」と呼ばれる多忙期に行われる習慣では、忙しい時期に助けてもらった人はそのお返しの手伝いを行います。

b0128901_19025532.jpg


エドウィン・ブタタ

Edwin Butata


 多くの農民たちは農業より収穫高の高い野菜栽培を好んでいると気づきました。今となってはもう多くは稲作を行なっていません。それはもちろん農民たちがより多くの収入を野菜栽培から得られるためです。野菜農家として、私たちは野菜を売って商業米やご馳走すらも買えるため、腹を空かせることはありません。私も収入源としては、稲作よりは野菜栽培のうほうがいいと思います。なので、今では稲田を転作して野菜畑にしました。

 使用する農薬について健康被害のことは特に考慮しておらず、私たちが気にするのは育てている作物への影響のみで、農薬によって病害虫から作物を守り成長促進につながることが大切だと考えます。

 田植えの前には儀式が行われてきました。例えば、「ペクデル」は、病害虫や他のあらゆる作物にとって害のある物質を駆除するための儀式です。ただ、多くの野菜農家たちはそういったものに関心がないため、野菜栽培ではあまり実践されません。収穫の際や野菜を販売して高い収入が得られた時、利益の分け前を配る前に鶏を潰して行うささやかな儀式の文化は残っています。収穫期間中は、「ウッボ」という繁忙期の助け合いの習慣もあり、それをすることで作業を容易に素早く終えることができます。

私が思うに、良い灌漑技術を有する農家は稲作をするべきだと考えます。そうすれば私たちはそのいくらかのコメでライスワインを作って飲むことができるからです。でも、私たちの多くは一年に3、4回も収穫ができる野菜栽培の方が稲作より魅力的だと感じているのです。

 野菜栽培を学ぶ学生へのアドバイスとしては、両親を助けることも大事ですが、学期中は必ず学校に通うべきです。

野菜栽培においてまずしなくてはならないことは、草むしりをしに行き、そして耕し苗床を準備し種まきをしていくことです。その苗が成長すれば、収穫まで除草を続けて必要があれば農薬を散布することも必要です。

b0128901_19034806.jpg


*****


Henry Balabal

First thing to do in farming is to prepare the seed bed then after three days, you may now put the seeds on the rice seed bed, if the seed grows it is now ready for plantation, after 1 month, you are going to remove the weeds, if the grains are ripe, you are going to prepare the scarecrows to drive away the maya birds that eats the grains. The agricultural rice cycles take 6 months that is why they only harvest only once a year. There are certain rituals that they perform before, examples are: before they plant, the couples will not sleep to get her and they will put a pudding (a runo stalk posted on the rice field). After the bagay. they will perform the kulpi (a ritual done so that the rice will grow robustly). During harvest, they will butcher a chicken and bring out rice wine for the thanksgiving ritual to be performed while the other people are harvesting. Today gardening is their occupation because of the economic status,in farming, you will only harvest once a year and a farmer cannot produce the needs of his family if it’s only once a year, if crisis arises it is difficult to overcome it. Gardening, you can harvest after 2-4 months depending on the kind of vegetable that you planted and because of that you can harvest 3-4 times a year. The things to do in the gardening are the following: 1. You will remove the weeds 2. Prepare the seed beds 3. Plant the seeds 4. Maintain the water source 5. Always check the plants if they are growing in good condition.In gardening, not all gardeners perform a ritual before they plant, some just hope and pray that they will have a good harvest and a good price for their product. The things that you will need in gardening are a lot of chicken dung for fertilizers, different kinds of pesticides to drive away the pests that eat the vegetables, the seeds that you will plant, spray equipment and water to supply the garden. The disadvantage of gardening is when you will harvest and there is a low price, you will be in debt because you will not be able to pay all the materials that you will use for the next plantation. Today gardening is easier than farming because you can use some technologies to prepare the land even if you will need to prepare a hectare of land.

b0128901_19043960.jpg


Joseph Balangui

He has 9 kids and he has been doing rice planting as a way of life. In farming the things that you will do is to clean first the paddies and remove the golden cohoal then prepare the rice seed bed (hapnak) for 3 months, after that,prepare the rice paddies for the sowing (bagay), after the plantation, you are going to guard the plantation away from the maya birds until the harvest time.Before Christianity, there are certain rituals to be done before were performed during the bagay before they plant the seedlings. If there are maya birds, they use scarecrow to drive them away but now they use “kuruk”, a net to catch them.The reason why he focused on rice planting is because he can’t tolerate smelling the chemicals used in gardening. He prefers rice planting because he can provide rice for their daily meal, in gardening they can have money but they can’t produce their meal. One way for people to preserve their knowledge in farming is to have cooperation to demonstrate the ways on how to do farming tothe younger generation. There are practices such ubbu (it is a service rendered during heavy work and the person helped needs to render service in return).

b0128901_19053037.jpg


Edwin Butata

Mostly,as we observe us the farmers prefer gardening than farming because gardening,you can harvest more. That is the reason why we don’t do rice planting already and of course it is because in gardening you can have a bigger income. We as gardeners do not starve because if we sell the vegetables, we can buy commercial rice and even viand. I prefer gardening than rice planting as our source of income that’s why we now turned the rice fields into gardens for vegetables. In terms of the chemicals that we use, we don’t often consider the effects of it in our health because what we consider is the effect of it in our plants so that it will protect the plants from the pests and any insects and will allow them to grow robustly. He agree that there are rituals being perform before in rice planting such as “pekdel”this is a ritual to drive away the pests and any harmful substance that will harm their plants but those rituals were not often applied in gardening because some of the gardeners are not into it. There is culture that we do when we harvest, when we already sell the vegetables and had a good income, we will butcher a chicken and perform a small ritual before we divide the money. During harvesting, we do ubbo (it is a service rendered during heavy work and the person helped needs to render service in return) so that the work will be done easily and fast. But for me,those who have a good irrigation, they should plant rice so that we can have some to make for rice wine and have something to drink. We prefer gardening because we harvest 3-4 times a year and rice planting. My advice to the students who do gardening is, they can help their parents but during schooldays, they must attend to school. The things that you do in gardening is first,you go and remove the weed, cultivate and prepare the seed bed then you plant the seeds. If they already grow, maintain removing the weeds and spray some chemicals if needed until it is ready for harvest.

b0128901_19064400.jpg



by cordillera-green | 2019-07-25 17:11 | 環境教育


<< 演劇ワークショップでアジアの農...      演劇ワークショップでアジアの農... >>