人気ブログランキング |

Cordillera Green Network ブログ

cordillera.exblog.jp
ブログトップ
2019年 07月 25日

演劇ワークショップでアジアの農村をつなぐ モノローグ⑤(カバ国立高校-ラガウェ)

b0128901_22150342.jpg
イフガオの州都ラガウェ町からは二つの高校が最後の発表まで参加しました。そのうちの一つカバ国立高校は、橋のたもとから、川沿いに未舗装の美しい道をどんどん行ったところにありました。ラガウェは「町」のイメージが強かったのですが、その思い込みを覆す、携帯の電波さえ入らない美しい村でした。さらにその奥にも、ラガウェの最初にできた国立高校ANAVSがあり、道がなくてオートバイでないといけないと聞いて、イフガオの奥の深さに感じ入りました。


カバ国立高校のこのプロジェクトの担当はアンブルース先生。見た目からまじめな堅物かと思いきや、いつも新鮮で独創的なアイデアにあふれている隠れアーティストでした。

背景幕ワークショップでは、ほかのすべてのが学校が美しい風景を描こうとした中、雨季で濁流の流れる茶色い川と、それに閉口した「開発」の象徴である「道路」を描きました。そして昔あったけど、いまは失われているコーヒーの木の小さく赤い実を描いた山に描き、どこよりも問題意識が高く、個性的な背景幕となりました。


アンブルース先生は聞き書きのテーマにも独創性がありました。新たな生計手段として可能性がないかを探るためのコーヒー栽培についての歴史、そして、ほぼ失われてしまった「イパッド」という儀礼についてです。未来と過去。二つの聞き書き要素をどう一つの演劇に盛り込むかは大きなチャレンジになりました。


アンブルース先生は10月に上田街中演劇祭に参加した時の参加者に選ばれ、俳優としての能力も開花していました。いつでもどこでも頼りになる、アンブルース先生でした。



ジェラルド・バロック

Geraldo Baloc

私はジェラルド・バロック。カバ出身です。この地で生まれ、66歳になった今もまだここで暮らしています。

もともと、田んぼは土地や農園を持つ人々が生計を立てるためのものでした。

不幸にも農地を持っていない人は、生きていくために「カインギン」とよばれる焼き畑をしたり、山を切り開いて作物を植えるしかありませんでした。中には、生活のために地豚や鶏を飼育して売ってお金を稼ぐ人もいました。そのころは、1セントでさえとても価値のあるお金だったのです。

幸運にも、私たちはそれほど広くはないものの、家族に収入をもたらしてくれる土地がありました。広大な水田を持っている人は、収穫された稲を売って学費を賄っていました。

(情報提供:ロサ・タグイナイ、イスザー・ホンナグ、ロサリン・ブッチコン、他卒業生)

コーヒーの出現によって、カバでは新たに教育を受けて卒業できる道ができたと言えるでしょう。以前は、農作業ついていえば、年間を通して体系的で良い方法を実践していましたと言えるでしょう。しかし、「ピングキタン」という収穫までに7ヶ月かかる品種を栽培していたため年に一度しか収穫できなかったのです。田植えの前後に行う農作業の工程は年に一度の収穫を得るために行われていたということになります。

毎年の農作業においてまず行うのは、地域の皆に声をかけ田んぼに水を引く灌漑を掃除することでした。地域の触れ役がアンパリで大きな声でこう呼びかけました。

「皆よ!こっちに来て水を確保するために働こう!」

灌漑で作業した後は「ムンウブフ」で農作業がはじまります。

これは水田の草刈り、稲の種を蒔き育てる、収穫するときなどに、他人に手伝いをたのみ、その代わりにお返しに手伝ってくれ人を助け、簡単に早く仕事を終えるという風習です。

私たちの村には、「ファドチャン」という素晴らしい風習もあります。

新しい夫婦のどちらかが自分の両親からの相続でなく相手方の土地を相続することにしたとき、両親は子供が相続した土地の収穫の際に3頭の豚をつぶして働き手たちに食事を提供するというものです。家族や親戚は、その相続が上手くいったことを示すために、稲の収穫を手伝いに行くのです。


b0128901_22175857.jpg


セシリア・エム・マエ

Cecilia M.Maeng

私はセシリア・エム・ムンタード・マエンといいます。

私はイフガオ州ラガウェ町カバ村パヌガアン集落で生まれ育ちました。

話によると、ゴメス氏がラガウェの町長になるまでは、カバではコーヒーを育てていませんでした。ゴメス氏はカバ住民に道や家を建設する労働者として働く代わりに。コーヒーの木を植えることをすすめました。彼に従った人々には、バシリオ・ブマヒット氏、エリアス・ディマルナット氏、ジェイムズ・ディミアング氏ほか数人がいました。

私が思い出せる限りでは、私が子供の頃には、すでに地元にコーヒーがあったと思います。

私の学費を含む私たち家族の生活は、コーヒーによっておおいに助けられていました。私の家族はそれほど多くのコーヒーの木を持っていませんでしたが、それでもコーヒーからえた収入は大きな助けでした。私の母は。コーヒーの売買の仕事に従事してしました。

Sheborrowed money as a capital from buyers like Francisco “Ticco” Pumihit Sr. andAlfredo Tayaban.

母は、フランシスコ・ティッコ・プミヒット氏やアルフレード・タヤバン氏のような買手から元金として現金を借りたそうです。収益は私や兄弟の学費など、家族に必要なものに充てられました。

子供たちとコーヒー農園に行き、こうもりがチェリーを食べた後に地面に残していったコーヒー豆を拾いに行ったこともあります。

私たちは、コーヒー栽培が生活を支えることができなくなるまで、コーヒーからの恩恵を享受していました。私が見たところ、コーヒー生産が衰退したのは、ある時突然コーヒーがつけるチェリーの量が減り、その後、コーヒーの実が全く取れなくなったことにあると言えます。そのため、カバの人々の中にコーヒーの木を切り、代わりにほかの木を植えた人がいました。


b0128901_22170950.jpg

ジョナサン・タグイナイ

JonathanTaguinay

私はジョナサン・タグイナイ、42歳です。妻のシャーリー・バロックとの間には4人の子供を授かりました。


実は、私たちはイパッドの儀礼に精通していないので、他の高齢の方々について伺いました。

話を伺うと、人々がイパッドを行う理由に以下の3つが挙げられると分かりました。

1つ目は、神にその恩恵を感謝するためです。以前は「マンガガミッド」と呼ばれていました。2つ目は、特に子供を授かれない人が神に子供を授かれるようお願いするためです。最後はお腹の中の子供が無事に生まれ生きていけるように神のご加護を求めるためです。

イパッドそのものが行われている間は、日暮れになると男性の長老(ムンファイ)が集まって明け方までファトンまたはファイと呼ばれるものを執り行います。

明け方、鶏が鳴くころ、この長老たちは家族がファトンを行う理由について話をしあいます。これをムンリウリワと呼びます。その後、昼食のごちそうを準備するために3匹の豚を絞めます。ごちそうの豚を茹でている間、マムッラグと呼ばれる行事のプログラムが始まります。それは銅鑼の音を合図に、年長者がライスワインの壺を開けワインを飲むことを皮切りに始まります。カップルがイフガオの伝統舞踊を踊り始め、望む人はその踊りに加わります。踊りは午前中から昼食の時間まで続きます。踊りが続いてている間、知恵のあるものによってゴパ(おまじない、呪文のようなもの)が唱えられます。ゴパは対象者の家の四隅で、さらなる祝福がそのカップルと家族のために訪れるように唱えられるものなのです。

イパッドを行ったのは、たくさんの加護をいただいた神に真の感謝を表するためです。具体的には3つの異なった場所に水田を購入することができたこと、妻に正規の仕事与えてくださったことなどでした。私たちはこのような多くのご加護がもたらされるとは思っていませんでした。ですから考えて感謝の意を表するためにいパッドを行うことにしたのです。

イパッドが行われる前に、私は長老達を読んで日取りを決めたり必要なものを確認したりしました。行事が行われる日になると、長老達は集い、物語を交換し合いました(ウググッド)。一方、私たち残りのメンバーは、ジェームズ神父に従って感謝のミサを行いました。ウググッドとミサが終わると、私たちは夜の休憩を取り、翌日はリウリワを行う代わりに有志の男性達が豚を絞めました。午前中は、この行事のためにフェスティバル・ダンスを踊りました。私と妻が踊りをリードし、残りのメンバーはそれに続いて踊りました。そのイベントには町長、副知事、町の役員たち、親戚や近所の人も参加しました。私たちが踊っている間、ジュアニトとディオニシオはそれぞれ各2回ゴパを唱えました。いくつかの踊りの後、待ちに待った栄養満点の昼食の時が来た時がを告げられたのでした。


b0128901_22185155.jpg

Geraldo Baloc

I am your Uncle Geraldo BalocSr.I am a native of Caba.I was born in this place and I still live here, now,that I reach the age of 66.

Originally, the rice fields were the source of livelihood for those who had land and agricultural property. For those who were less fortunate who had no farm lands, they resort to kaingin system or mountain clearing and planting to survive.

For some,they fed and sold native pigs and chicken for their living and to have money for a single centavo was so valuable during that time.

Fortunately, we had a not so vast field that served as our economical resource. For some who had vast rice field, they sold their rice produce to finance schooling.

  To mention a few: Rosa Taguinay,Esther Honnag, and Rosaline Butticon and others who had finished their education.

  Then the emergence of coffee paved the way to education for the next Cava graduates. Before, we practiced a systematic and generous way throughout the year when it comes to field of work. But when it comes to harvesting, we only did it annually because we planted ‘pingkitan’, a rice variety, which took seven months to be harvested. The process of work before and after planting took the folks to harvest annually.

The first step to start our annual field work was to call for the community to clear irritations leading to the rice fields. A community crier bellowed at Ampali to herald, “Brothers!Come, let us go and work for our water supply!”

After working on the irrigation,‘Mun-ubfu’ took place. It is a practice wherein one asked help from others for field work like weeding in paddies, growing and planting rice seedlings, and harvesting to be paid off in the same manner in order to have many workers for light and fast work.

Another amazing practice that our folks did was the ‘Fadchang’.This happens when a first party of a new couple would decide to honor the other party’s inheritance in lieu from their parents, the first party’s parents will provide three pigs to be butchered for viand of people who will be doing the harvest for the inherited field of the second party.The family and relatives of the first party would go and helpingthe harvesting of palay to prove that they can really manage to work on that inheritance.


b0128901_22273505.jpg

CeciliaM. Maeng


I am Cecilia M. Muntaad Maeng. I was born and grew in Panugaan, Caba, Lagawe, Ifugao.

According to stories, coffee was not grown in Caba until Gomez became the Mayor of Lagawe,years ago.

He was able to encourage folks in Caba to plant coffee instead of working as laborer in the construction like roads and houses. Those who followed him includes Mr. Basilio Bumahit, Mr. Ellias Dimmalnat, Mr James Dimmi-ang to name a few.

As far as I can remember, there was coffee already when I was growing up.It gave a great help to our family,including my schooling. The family where I belong do not really have any coffee plantation but even then I benefited from it at large. My mother engaged in the buy and sell of coffee.

She borrowed money as a capital from buyers like Francisco “Ticco” Pumihit Sr. and Alfredo Tayaban.

Gains were used for the family needs including my studies and so with my siblings.

One thing that I did, I went with the children of those who have coffee plantation to pick fallen coffee cherries chewed by bats placed on the ground.

It’s been a while that we have enjoyed the help from coffee until the time came that it doesn’t suffice the family needs as before. Based from my observation, I attribute the reason for the downfall of coffee to the very sudden diminished fruit-bearing capacity and worst no fruit at all, because of that some people in Caba cut their coffee plants and replaced it with trees.

b0128901_22281413.jpg
Jonathan Taguinay

I am Jonathan Taguinay, 42 years old, the husband of Shirly Baloc and we are blessed with four children.

We are not actually well-versed with the Ipad practice thus, we inquired from other older people about it. We came to know that there are three reasons why people do this Ipad. The reasons are the following: first, to give thanks of God for His blessings which in earlier times is termed as “Mangagamid”; second, is to ask blessings of children from God particularly for those who can’t bear children and the last is to ask blessings protection for the unborn baby to be born and be alive as well.

During the Ipad itself, the menelders (munfai) come together in the evening of the set date to perform the fatong/fai until early dawn.

At early dawn or when the cocks crow, these elders chat (munliwliwa) the reasons of the family for doing such. After which, three pigs are butchered in preparation for the viand come lunch time.

While the pork viand boils, the program for the affair called mamullug start as an elder opens the jar of wine and had a drink for himself and at the sound of the gongs, the couple will lead the Ifugao dance and those present and who like to dance join them. The dancing goes on mud-morning continues before lunch. While the dance is going on, the gopah (similar to oration) is done by a knowledgeable person.

The oration is in four trance to signify the four corners of the house of the celebrants and for more blessings for them and their family.

We, the ipad celebrants did this because we sincerely liked to thank God for his many blessings to us, for being able to buy rice field in three different locations and for granting permanent job for my wife, these in particular. We did not expect that much to be blessed with such but it happened so we thought and decided to perform this Ipad as a form of thanksgiving.

Before the Ipad was to be performed, I called the elders so we could settle the date and the materials needed. During the event of the set date, the elders came together and exchanged/related stories (ug-ugud) while the rest of us had our thanks giving service led by father James___. When the ug-ugud and the service were over, we had the night’s rest and the following morning instead of performing liwliwa,the volunteer men butchered the pigs.At mid-morning, we performed the festive dance for the affair, I and my wife led the dance and the rest followed. Present during the occasion were the Municipal Mayor, the Vice-Governor, other officials, relatives and neighbors. As we danced, Uncle Juanito and Uncle Dionisio performed the gopa one after the other twice each time. After a few more dances, announcements were given that we enjoyably had our nutritious lunch.

b0128901_22291906.jpg



by cordillera-green | 2019-07-25 21:40 | 環境教育


<< 演劇ワークショップでアジアの農...      演劇ワークショップでアジアの農... >>