人気ブログランキング |

Cordillera Green Network ブログ

cordillera.exblog.jp
ブログトップ
2019年 10月 07日

コーヒー育苗による森林保全事業 2018-2019報告② エコ氏とアビイ氏による持続可能なコーヒー栽培セミナー

b0128901_23460242.jpg

以下は持続可能なコーヒー栽培と苗木づくりの実際についてのセミナーについてのレポートである。苗場を造成した3か所とバギオ市においてセミナーが行われた。

インドネシアの「KlasikBeans Cooperative」のエコ・プロノモウィディEkoPurnomowidi氏とアビイAbytar氏によって持続可能なコーヒー栽培についての講習会は行われた。エコ氏は持続可能なコーヒー生産について実際に行動に移している素晴らしい講師だった。

エコ氏は木の大切さについてまず概要を述べた。コーヒーもアグロフォレストリー・システムの中では、ほかの森林樹種と同じく樹木の一つにすぎない。樹木は含有している炭素が人間が作り出した公害を吸収し、人間のために酸素を供給する。樹木はあらゆる生物が排出する毒を吸収する空気清浄機の役割を果たしている。樹木は多くを与えているにも関わらず、そのことは人間には無視されているといえる。

「あなたのことをサポートしているものについて忘れてしまったら、あなたに成功はないでしょう。いつも心を込めて小さな自分にできることをしましょう」。

b0128901_23470327.jpg

エコ氏はアグロフォレストリーについての考えも共有してくれた。

「アグロフォレストリーについては、計画をきちんと立てることが必要だ。注意深く計画を立てたら、私たち人間もそのシステムの一部となれる。しかし、そうしないとアグロフォレストリー・システムの中に入らない物たちが出てきてしまう。このシステムを実行するには、他者(人、植物、動物など)について考慮することが必要だ。そうしたら、環境のなかですばらしいシステムを実現できる。持続可能性を考えるときに避けられない10の要素が以下だ」

b0128901_23512787.jpg
b0128901_23483368.jpg

 

1.社会性と環境

他の農家と相互に学ぶ事は非常に大切である。それぞれの異なる考えや長所を活かすことができるからである。しかし、それは他人の助けとなりたいという気持ちがなければできないことである。

 

2.生態系の保護

植林や苗木供給のための苗場づくりなどの環境保全活動は、一農家の利益だけではなくまた、野生動物の生息地、食糧や酸素などの供給源の確保のためにも必要である。地球は、生き物すべての住処であり、何か一つが欠けると、ほかの生き物たちに影響が及ぶのだ。

b0128901_23481353.jpg

 3.野生生物

野生生物は大きな動物だけでなく、昆虫や微生物、小さな哺乳類の動物、鳥類も含まれる。小さな昆虫にも生態系において非常に重要で大切な役割がある。野生動物の保護は、こうした小さな生き物を守ることから始まるのである。

 

4.水保全

水源涵養は、人間のみならず全ての生き物が生きていくために必要なことである。水源を維持するためにはさらなる植林が効果的だ。農業における農薬の使用は水を汚染し、人間の健康と環境にとって)有害である。水を大切にしよう。

b0128901_23491533.jpg

 5.平等な扱い

全ての農家と人間は平等な扱いを受ける必要がある。共に学ぶためには、尊敬の心と相手の意見に耳を傾けることが必要だ。平等な扱いは、すべての子どもたちに、物事がどのように機能しているかを学ぶ場を与える事も含まれる。子どもたちはこういった場で、目で見て学ぶ事ができるのだ。

 

6.健康と安全

すべての人の食は農家によって作られている。農家がコーヒー、米、野菜などを生産しているのだ。農家はすべての消費者のために安全な食を作らなくてはならない。

食の安全は農家から始まるべきである。食の安全は、人間と環境のために、オーガニック、もしくは環境にやさしい肥料を使用した農園から始まるべきである。

 

7.コミュニティ関係

あなたの見聞を共有することは、他の農家の助けとなる。

教えることで、教えられた側もまた学んだことを共有したくなる、その結果、きょう数された側もまたより良い「先生」になるのだ。

 

教えることで、教えられた側もまた学んだことを共有したくなる。その結果、共有された側も、より良い「先生」となる事ができる。つまり、知識は共有を受け入れたすべての人に行き渡り、知識の継承につながるのだ。

 

8.総合的作物管理技術(ICM

これは、同じ地域で農業と林業を組み合わせて栽培するアグロフォレストリーと似ている。作物の統合的作付け(注:多品種を混栽すること)はコーディリエラ地方の習慣であるが、商業農業の推進により、この習慣は消滅してしまった。コーヒーをほかの作物と一緒に統合的に栽培することは追加収入となる。どういう作物を統合して植えるか、

病気や害虫予防など目的による。様々な作物を統合的に栽培することは、よい農法)といえるだろう。

b0128901_23494982.jpg

 9.土壌管理

栄養分が作物に吸収され、水は灌漑施設によって川に流され、土壌もやせ続けている。土壌の質を保たなければ、コーヒー及びその他の植物に影響を及ぼす。土壌に使用するものは同時に、私たちが口にするものでもある。そのため、土壌を生き物として扱わなければならない。

 

10.廃棄物の管理

農家はゼロ・ウェイストを実践し、生分解性の廃棄物は土壌に戻す必要がある。可能であれば、廃棄物を再利用する。土壌の質はコーヒーのカッピング(※香味評価)にも影響を及ぼす。

 

以上の10の原則は、環境とコーヒー生産に関わる全ての人々の幸福の維持につながる。苗場造り、堆肥作り、土壌と水保全、人間の幸福などの保全はまた、コーヒーの品質に集約されると言えるのだ。

b0128901_01194276.jpg
b0128901_23503326.jpg

 



by cordillera-green | 2019-10-07 23:52 | 植林/アグロフォレストリー


<< コーヒー育苗による森林保全事業...      コーヒー育苗による森林保全事業... >>