Cordillera Green Network ブログ

cordillera.exblog.jp
ブログトップ

スタッフの事故 その後

 タブックで事故にあったローデスは、おととい、タブックからバギオのバギオ・ジェネラル・ホスピタルに救急車で移動しました。顔の傷もだいぶ癒え、両手のギプスを自分で引き剥がし(付き添っているカルラが信じられない頑固な患者だ。とあきれていました。でも、元気を取り戻している証拠)、携帯電話でショートメール(TEX)を使えるようになり、友人や知り合いにも自分で連絡をとれるようになりました。精神的にも一時の混乱状態から抜け出し、普通に戻っています。

 問題は左足。昨日、初めて医者からちゃんとレントゲンを見せてもらったそうですが、太もも三ケ所、ひざから下が三ケ所骨折しているようで、手術をしてステンレスのそえ木を入れて固定するしかないそうです。そうしなければ、一生歩けないといわれたそうです。
 不幸中の幸いは、腰の骨に骨折がなかったこと。リハビリはつらく時間がかかるかもしれませんが、歩けるようになるといわれて、気持ちは前向きに動いています。
 「座れるようになったら(まだ身体を起こすことができません)、オフィスに行ってデスクワークだけでもやるから」
アイリーン(未来予想図プロジェクトのパートナーHCRCIの代表)が自分でできるテラピーの仕方を教えてくれるといっているから、習うのだ」
と、回復に向かっての意欲が見え、本当にほっとしています。

 お見舞いに、有機野菜農家の組合「La Top」のオーガニック朝市で買ったトマトとヨーグルト、環境セミナーをやったこともあるカラハン環境センターの無添加グアバ・ジャムと、Cafe By the Ruinのさつまいもパンを持っていきました。

「ああ、今日はオーガニック朝市の日ね」とローデス。
「たんまり野菜を買ってきたのよ。だからお土産のトマト。そのまま食べられるからね。もしかして、レタスとかホウレンソウも食べたい?」と私。
「もちろん!」
 食欲が出てきたのが、何しろ回復の証拠です。おいしいおいしいオーガニック・サラダをたっぷり作って、特性ゴマ・ドレッシングを添えて届けました。
 がんばれ!ローデス。

 また、一緒だった奨学生のレアは、タブックの病院にいますが、意識は戻っています。まだ熱がありますが、先週金曜にお見舞いにいったときには、私の呼びかけにもわずかに反応してくれました。頭を手術していて、顔もまだはれていて、もう気の毒で気の毒で涙が止まりませんでしたが、とりあえず、一命は取り留めたものと解釈しています。

 さて、問題は治療費の支払いです。保険がいきわたっていないこの国では、とりあえずは実費負担。もちろん、酔っ払いのトライシクルの運転手が支払うべきなのですが、もって来たのは2000ペソのみです(トライシクル運転手は貧しいものですが)。今までにかかった費用の5%にもなりません(公立の最も安い施設を使っているにも関わらずです)。費用を払わないとタブックの病院から出られずバギオの病院に移せなかったので、とりあえず、CGNが立て替えました。
 バギオでの手術はかなり大掛かりなものになりそうで、8万ペソ(18万円)くらいはかかるといわれています。とても、一般のフィリピン人が負担できる額ではありません。

 山岳少数民族に属するレアの家族は伝統の風習にのっとって「ブドン」という儀式を行い、賠償請求をするといっています。ローデスは、山岳少数民族ではないので、被害者が治療費を払わない場合は、訴訟を起こさなければなりません。時間がかかりすぎます。

 ローデスが働きながら大学を卒業させてもらったキリスト教施設「Good Sheppard」の寮の同窓生が集って、多少でも治療のためお金を集めようとしてくれているようです。バギオに住むローデスの日本人の友人からも、援助の申し出を受けました。このブログをお読みのローデスの友人の方で、少しでもご協力いただける方がいらっしゃいましたら、CGN反町宛てまでご連絡ください。よろしくお願いいたします。cgn@skyinet.net
[PR]
by cordillera-green | 2008-10-16 10:44 | CGNスタッフ&オフィス